チビたちのはあったので只今使用中なのですが、
今回、IKEAに行きましたら小型犬以外に中型、大型用がありました。

と、いうことで、この度みんなお揃いになりました。

伸縮リードは、3頭でお散歩の時は絡まったりしますが、自由に動けるのでみんなのために良いのだ!と、夫は言っています。

携帯うんち袋もゲットいたしました。


これらを購入し、

IKEAカフェでは、確か80円でいただけるホッドドックで朝食をいたしました。
ヤミーp(^-^)q

でかすぎるマスタードはどうしようですけど、プライドオニオンとピクルスを入れたホッドドック、イケますね。
ソーセージはアメリカンドックの中身のようで懐かしい味がしました。


空気が乾いて気温が低くなり、星空が美しくなると、煌めく灯りは来るクリスマスを盛り上げてくれて大好きな季節です。

このような習慣は欧米からのもの、飾り付けは独特の空気が漂って、マーサ・スチュアートが唱えるクリスマスまでの準備を真似てみたかったものです。

ハロウィンが間近に控えていますが、IKEAでは、もうクリスマスの準備が始まっていました。

商戦ディスプレイに心みだれて、まんまとトラップにハマって新しいツリーを買ってしまいました(*^^*)


八代亜紀さんコンサートに行きました。
おばから譲り受けたお客様感謝祭の催し物。一度、生で八代さんの歌うジャズを聞いてみたかったので、有り難く二つ返事させていただきました。

目的のジャズナンバーの他、数々のヒット曲、カバー曲の「黒い花びら」は沁みました。ラストは「舟唄」。
唯一無二の歌声に一日のバタバタがぶっ飛びました。

コンサートはかつらメーカーのお客様への感謝祭なので、何か押し付けがあるとイヤだなと思っていましたら、会社の新業態のヒアルロン酸のサプリメントと本社のある愛知県の名産、ういろうをいただきました。

一子相伝という老舗もある中、日本の良き文化を広く長く継承するためには、今も昔も変わりないのかもしれません。

今は、SMS映えするビジュアル重視するものがものづくりの基本なのでしょうね。
老若男女、かわいいもの、キライなわけがありません。

名古屋の銘菓「ういろう」漢字では「外郎」と書き、600年もの昔に中国の米粉と砂糖で作られたお菓子を日本に伝えた人が「礼部員外郎(れいぶいんがいろう)」という官職にあったことからこの名前がついたそうです。

今回いただいたのは「青柳」と人気を二分するおいしいと評判の「大須ういろ」というブランドのもので、美味しかったし、この可愛さは牽かれるものがありました。

就任して4年目だという若き社長、外してないと思いました。

おしゃれなクラフト紙のパッケージに入ったアイスキャンディーみたいなういろう「ウイロバー」和菓子の概念を変えますね。

ないろは、小豆を練り込んだもので、ういろと呼ぶのと同じく「大須ういろ」の商法登録だそうです。


先週所用ありお休みしてしまったからリセットしてしまった茶道脳。
しかも今日は風炉最終お稽古日にして、皆さんと修行でありゲームの花月。
貴人清次は、貴人さまが貴人畳に座られて、亭主や客は、いつもとは、違ったことになるのでとてもややこしい!

今回は1度目に貴人になり、2度目に初花をさせていただけたので、とても勉強になりました。楽しかった!

貴人畳には誰も入ることがないため、貴人は花を引いてお点前に行く時、替え札は持たずに畳に置いてよろしいと教わりました。

2回目は、貴人が1番に月を引きましたからお点前さんは貴人茶碗を貴人畳に仮置きすることなくお茶を点てました。
このように、貴人清次花月は、引いた札によって点前が変わるので、ややこしいというわけです。

茶花は、秋明菊、藤袴、蓼、水引、不如帰。
大きな花弁を持つシュウメイギクをメインにしたバランスはさすがです。

お軸は、『和気兆豊年(わきほうねんをきざす)秋の茶室によく掛けられる言葉だそうで、青天と雨天、気温の上下などの諸々の気象の条件がバランスが取れていれば豊年満作になるだろうということだそうです。
今年は日照時間が短く、五穀豊穣に支障があるようですが、のどかな秋の気候は有難いものです。


やっぱりここ代々木公園でも台風の影響があったようです。

倒木のためこのような形になったのかと想像します。

この方たちはいつものように

楽しそうです。

だっていい季節(*^.^*)
神が近い代々木公園、気持ちの良さは格別だもんね。

秋が深まり、黄葉が進んできました。


夏のような暑さになりました。
だけどこのところ週末お天気が悪くて楽しい気分でお散歩ができていません。
と、いうわけで、大好きな野川公園へゴウ!です。

ところが、予想しなかった惨状に遭遇してしまいました。
ウチのコ達の先、

この有り様です。
これは柳。隅田川の土手に柳が多いのは、根を張るから…、ということを聞いたような気がします。
先日の台風の影響です。

ここもです。
目視するだけでも桜、杉などたくさんの巨木が倒れていましたし、
片付けられた木は無惨にも幹を伐られていました。

紅葉の始まった花水木?
枯れてこの色?でないといいのですが…。

最後の給水場所のベンチの下にこんな大きな松ぼっくりが落ちていました。
自然災害は、生態系もおかしくしてしまいますね(ToT)


10月に入ってから秋めいた陽気になりました。着物は薄手の袷を着ていきましたが、冷や汗をかく釜の前でも暑さを感じることはありませんでした。

9月は茶箱のお点前をさせていただいたのと、8月は夏休みだったので、風炉のお点前をするのは2ヶ月ぶりということで、頭もからだもすっかりリセットしてしまっていました。
前回、茶箱のお点前で長緒扱いをしていたので、もう一度しっかりと頭に入れておきたいと思い、長緒のお点前をさせていただくことにしていました。

しかーし、10月は細長い水指を勝手付に置き、釜を真ん中に据え、お客様に火を近づけるお点前ができる月でした。
せっかくならとさせていただきましたが、のっけから茶入れと茶碗の置き場所をうろうろとやってしまいました。
水指がいつもある場所のつもりで茶入れも置くので、何も変わりはないのです。

また、釜の下には大板が置かれましたので、水指と同じように花押の付いた蓋置をお客様の方へ向けます。
柄杓は釜と並行に置きます。

最近茶花は、たくさん入っていいのよ、
と仰る先生の背後は、秋草がいっぱいでなんとも可憐なけしきでした。
高砂木槿、不如帰、桜蓼、蕎麦、水引、萱。

お軸は清風万里秋「せいふうばんりのあき」
清風が吹き渡りあたり一面が秋景色のこと。禅語の解釈はもっと心の奥に宿る心理的なことなようです。
私は先日の台風後に、早朝の散歩道、キンモクセイのじゅうたんになっていたことを思い出してしまいました。
初秋の秋のいい香りを一晩にしてそんな姿にする台風が恨めしいなぁ〜。


ウルトラマンクッキーをいただきました。
凮月堂謹製。
世田谷の祖師ヶ谷大蔵でしか買えないそうです。レアもの。
小田急線、祖師ヶ谷大蔵駅、発車のお知らせもウルトラマンメロディ。
そう、あちらは、円谷プロのあるウルトラマン発祥の地ですからね。
堅焼きで美味しいクッキーでした。


大好きなまことやにて。
遠慮していたにんにくラーメンに挑戦!
虜になりました。
揚げている時にカウンターまで届いていた目に滲みるくらいの焦がしにんにくと、オイリーなスープが癖になります。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM