10月に入り、本来なら中置のお点前をさせていただくところなのですが、9月にやり残した【色紙点(しきしだて)】を今日はさせていただきました。

 

『吾が心 秋月に似たり』

禅では心を○(円相)で表わすことがあるということですが、この禅語は、本来の心、即ち仏性を月に当てて、自らの心境を表した語だということです。

今の私の心境を述べるとすれば、ちょうど秋月のように冴え冴えと澄み渡っている。

その月が池の水面を照らせば、清く澄み切り、一層輝き映える。

 

中秋の名月の日にぴったりのお軸が床に荘られていました。

茶花は、遠く平安の頃から観賞され、人々に愛されてきた芙蓉の花、秋名菊、水引。

しかも、朝咲き始める頃は白、昼間は淡い紅色、夕方紅色に変わる芙蓉、”酔芙蓉”を、先生はお月様に見立てて設えたようです。

 

「風の盆恋歌」という小説は、富山県八尾町の「おわら風の盆」の祭の特異な魅力を描き、毎年の祭の日々に限って数年間にわたって展開する酔芙蓉の花に例えられる恋の物語で、一日の花の色の変化が非常に心に残る作品で、この花を見ると思い出します。

写真は御所籠です。

この中にお道具が仕組まれております。

 

ご一緒させていただいている先輩からは「このお稽古は茶箱のお点前の中で非常にややこしく、上級者がするお点前」と言われておりましたので、私などがさせていただくのはまだまだ早いと思っておりました。

先生の寛大さに感謝でございます。

 

十三世圓能斎の好まれた御所籠を用いて創案されたこのお点前は、お道具の入るその御所籠も魅力的なのですが、中に仕組まれたお道具たちが女子好みのおままごとチックなもので構成されておりまして、本当に素敵なのでございます。

 

古帛紗と茶巾箱を置き合わせた配置が色紙を散らしたように見えるところから『色紙点』と名付けられたとのことです。

 

以下、備忘録。

 

■色紙点前■

●準備
・二碗を入れ子に(間に隔て)棗を仕覆に入れ茶碗に仕組み、大の大津袋に入れ籠の中へ
・金平糖や甘納豆などを入れた振出しは、組み緒の網に入れ籠の向こう左よりへ
・茶筅は茶筅筒に入れ籠の向こう右
・茶巾は茶巾箱に入れ、袋に入れ、茶筅筒の下方へ
・四枚の古帛紗は順に重ね、ワサが上になるように茶碗の左側へ
(棗・茶杓を置く金襴などの裂地、点茶用の紫塩瀬、お客様にお茶を出す時に使用の同じ緞子)
・茶杓は袋に入れ茶碗の上へ
・帛紗を捌いて茶杓の上へ

・籠の蓋をして打ち緒を結ぶ

●点前

 

1.茶道口建付けに籠を置き、主客総礼。
2.両手で籠を持ち出し、瓶掛正面に置き、水屋に戻り建水を持ち出す。
3.籠の緒を一つとき、ゆるめ、籠の前に降ろして蝶結びし、勝手付に置く。
4.蓋を両手で取り、籠と建水の間に置き、帛紗を右手で取り籠の上手前に置く。
5.茶杓を右手で取って扱い、蓋の上右側に置く。
6.茶巾箱は右・左・右と三手で扱い、帛紗の上の方へ置く。
7.四枚の古帛紗を右手で一度に籠の右側に置く。
8.古帛紗を右手で取り、瓶掛の右に置き広げる。
9.古帛紗を右手で取り、膝前に広げる。
10.振出を右手で取りだし、長緒結びなので左手の上で紐をとき、網袋から出し、その袋の上で回し正面を正し出す。
11.緒を片とんぼに結び、網袋を半分に折り左手で籠に入れ、主客総礼。

・正客は振出を取りに出て、縁外にあずかる。
12.茶碗を取出し、左手添え、膝前の古帛紗に置き、大津袋の結び目を一つといて左手にのせ
13.大津袋から右手で茶碗を出し古帛紗に置く
14.大津袋の両耳を中に折り込み、縦のまま二つに折り、左手で籠の中手前に入れる。
15.茶器の仕覆の緒を一つといて左手に乗せ、仕覆から茶器を出し、古帛紗の中央に置く。
16.左手で籠の中の大津袋の上に重ね入れる。
17.茶杓を右手で取り、袋から出して、古帛紗の上・茶器の左側に置く。
18.茶杓の袋は結んで左手で籠の中へ
19.茶巾箱を右手で取り、袋から出して、茶碗と茶器の中間に縦に置く。
20.袋は左手で籠の中へ
21.籠の脇の上の古帛紗をとり、古帛紗の右に置く
22.茶碗二碗重ねたまま両手で取り、古帛紗の上に仮置きし、上の茶碗を古帛紗の上に置く。
23.下の茶碗の中のへだてを左手で取り、扱って折り畳み、左手で籠の中へ
24.茶筅筒を左手で取出し 茶筅を出して茶碗にあずける。
25.茶筅筒を左手で籠の中へ入れ、籠の蓋をする。
26.籠を両手で進め、建水を左手で進め、居前を正す。
27.帛紗を左手で取りさばき、茶器・茶杓を清め、それぞれの位置に置く。
28.帛紗で鉄瓶の蓋を閉める。
29.膝前の茶碗に湯を入れ、鉄瓶を戻し、帛紗は左手で籠の上に戻す。
30.茶巾箱を右手で取り、左手に乗せ、蓋を取り、縦長に仰向けて古帛紗よりに置く。
31.茶巾箱は横長にし、蓋の左側に少し下げて右手で置く。
32.茶巾を畳み直して茶巾箱へ置く。
33.茶筅通しをして、茶巾箱の蓋に倒して置く。
34.茶碗の湯を建水に捨て、茶巾を右手で取り、茶碗を清め、茶碗・茶巾を元に戻す。
35.茶杓を取り、客にお菓子をすすめ、茶を点て、
36.古帛紗を右手で取り、左手で扱い、右手を逆手にして古帛紗を持ち客付に出し広げ、茶碗の正面を正し古帛紗の上に置く。

・客は古帛紗ごと茶碗を引き 古帛紗にのせたままでで頂く。
37.古帛紗の上の茶碗を左手で取り、右手に持ち替え、膝前、古帛紗にの上に置く。
38.茶碗清め、茶を点て、古帛紗をとり、客付に広げ、茶碗を出す。
39.下の茶碗がひかれ、

40.上の茶碗がかえされると 古帛紗に取り込み 古帛紗は右ひざ横に仮置きする
41.建水に湯を捨てた時、客よりお仕舞の挨拶があると受けて、茶碗を古帛紗に置いてお仕舞の挨拶をする。
・この間に正客は振り出しを返しておく

▼拝見のない場合のお仕舞
42.お仕舞の挨拶をし、仮置きの古帛紗を右手で籠の右横(元の場所)に取り込む。
43.振出を右手で取り、右膝横に置く。
44.茶碗に湯を入れ茶筅通しし、茶筅・元の位置に置き、湯を捨て茶巾で茶碗を拭き、古帛紗の上に仮置する。
45.下の茶碗が戻れば、古帛紗の上に置き、客付の古帛紗は二つに折り、古帛紗の左側に戻す。
46.茶碗に湯を入れすすぎ、湯を捨て、茶巾を取り拭き、茶碗・茶巾と元に戻す。
47.帛紗を左手で取り、捌き、茶杓を清め、元に戻し、帛紗は建水の上ではらって元に戻す。
48.建水・茶籠と引いて籠の蓋を両手で取り、建水との間に置く。
49.茶筅を右手で取り、籠より茶筅筒を左手で取り、茶筅筒に入れ、左手で籠の中へ入れる。
50.茶巾箱を右手で取り、茶巾を入れ、蓋を閉め、元の位置に戻す。
51.茶碗のへだてを左手で取り、膝前の茶碗入れ、上の茶碗を左手で取り、両手扱いで入子に重ねる。
52.古帛紗を古帛紗の上に重ねて置く。
53.茶巾箱を右手で取り、持ち直し、茶巾箱の袋を左手で取って入れ、籠の蓋の上に右手で仮置き
54.茶杓の袋を左手で取出し、結びをとき 、茶杓を右手で取って袋に入れ、籠の蓋の上に右手で仮置き
55.茶器の仕覆を籠の中から左手で取り、右手で扱い、左手に乗せ、茶器を入れ、茶碗の中に入れて緒を結ぶ。
56.大津袋を左手で取出し、右手で扱い左手に乗せ茶碗を入れ、膝前の古帛紗に置き、結び籠に入れる。
57.振出の網袋を左手で取り出し、結びをとき、左手に乗せ、振出を右手で取り、網袋に入れ
58.膝前の古帛紗の上で長緒結びし、右手で籠の中に入れる。
59,古帛紗をたたみ、客付の古帛紗もたたみ、古帛紗の上に右手で重ねる。
60.古帛紗を上から順に重ね、最初のように四枚重ねてたままワサが上になるようにして籠の左側に右手で入れる。
61.茶巾箱を右手で入れる。
62.茶杓を右手で籠の中、大津袋の上に伏せて置く。
63.帛紗を左手で取り、右手に持ちかえ、鉄瓶の蓋を切る。
64.帛紗をさばき直し、籠の中の茶杓の上に置き、籠の蓋をし、膝前に置き直し、籠の緒を蓋の上に結び直す。
65.一膝、勝手付に向き、建水を持って水屋に下がる。
66.続いて席に入り、籠を両手で持って茶道口に下がり座り、建付けに籠を置き、主客総礼、襖を閉める。

 

ふらりと散策した松陰神社前商店街。

世田谷通りからすぐのところにあるカフェ”ALOHA BABY"は、とっても流行っているようですし「おや?」っという感じはしましたが、ここ、松崎煎餅が出店していたこと、店の前を通り過ぎて思い出しました。

近くまで犬の散歩に来た折立ち寄ろうとしましたが、残念、開店は11時で、時間が合わずで時が経過していました。

かれこれ2〜3年前のことかもしれません・

 

しかし、なぜに銀座の老舗が松陰神社前に出店なんでしょうか?

 

明治維新の精神的指導者、吉田松陰が祀られている場所として、

高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋らを輩出した「松下村塾」は模したものが敷地内で見学できる松陰神社ですが、

学問の神として崇められており、合格祈願や学問成就にご利益がある神社とされているようなので、その恩恵にあやかるということなのでしょうか?

 

まぁ、それは勝手な想像ですが、銀座松崎煎餅とは赴きもターゲットも異なるようですし、カフェ併設も楽しい空間になっていました。

銀座松崎煎餅といったら、私はこれなんですね。

松崎煎餅の代表的な瓦煎餅で、 小麦粉に砂糖や卵を加えた優しいお煎餅です。

三味線の胴に似ていることから名付けられたという”三味胴” 8枚入り、秋の絵柄です。

これがまた魅力的!


 

松崎煎餅の前にはこんなお洒落な本屋さんもありました。

 

松陰神社 松崎煎餅


松陰神社前には【ブーランジュリー スドウ】という超人気のパン屋さんがありますが、散策をしていた日はちょうど定休日で、どこかへ行ったらパンを買うをどこでしようか考えて商店街を歩いていました。

そこで思い付いたのが、明治45年におみやげ屋として始まったというパン屋さん【ニコラス精養堂】
三軒茶屋に住んでいる時から存在は知っていましたが、かなり昭和な佇まいなので、なかなか入店する勇気が出ませんでした。

戦時中にはおみやげものを売る傍ら配給のパンも作るようになったという経緯の、地元で愛されているパン屋さんだそうです。

“シベリア”の発祥の地ではないかとも言われているらしいのですが、購入した食パンの袋に印刷された意匠、ノスタルジックで惹かれます。

以前浅草のペリカンを掲載しましたが、何となくダブりました。

その時の記事
そのペリカンさん、映画になったそうですね。
映画 ペリカン

1斤160円の角食パン。
超熟でさえ、200円越えの時代に、信じられないお値段です。

そして、これがなかなかいいお味なのでした。
少し小さめなところも昔懐かしい!
また機会があったら寄ってみたいと思います。

世田谷のパンマップ

ニコラス精養堂


いよいよ秋めいてきました。秋晴れはきもちがいいい!
こういう休日は有意義に過ごしたいものです。
このところの公園行き、いささかワンパターン化しているので、夫がめずらしく提案してれました。

どこかと思えば、いつもの野川公園に隣接した武蔵野の森公園行き。
お隣が調布飛行場なので、空がとっても広くて気持ちがいいところです。

甘夏は先代と何回か来ていますが、このおふたりはお初で、ゴキゲンとみえてお目々ぱっちり嬉しそうです。

甘夏さんのいる奥の方角が調布飛行場です。
3年ほど前、この近くに飛行機が落ちた事故がありましたが、助けようとして逃げ遅れて亡くなった御嬢さんとわんこ達の保障は今も何もさせていないそうです。火事と同じで原因を作った側に罪がないというのはおかしな話だと感じます。
お隣の野川公園、今日は遠征して手前のエリアだけお散歩しました。
桂の葉が色づき始めていました。

並びのアメリカンスクール。
いつみてもこの正面玄関はアーティスティックです。

武蔵野の森公園から野川公園へ、そしてまた武蔵野の森公園へ。
はしります、はしります・・・・・。

左は調布飛行場、奥は味の素スタジアム。
小型ジェットも頻繁に上空を離着陸します。

駐車場に向かう道の両脇は球戯場でいくつもの少年たちの野球試合が行われていました。
応援の家族たちの姿に、さわやかであたたかい風が吹いていました。

武蔵野の森公園


食い意地が悪いので、鼻が利くみたいなところがあるんですが、自由が丘は本当にたまに行くところなのでこちら「パリスセヴェイユ」さんはノーチェックでした。
「モンサンクレール」と人気を二分するパティスリーで自由が丘の有名店だそうです。

買い求めた日は、自由が丘からまた移動し、美術鑑賞しに向かうところだったのでケーキは買い求めなかったのですが、惜しいことしました。

店内のサロンドテはスイーツ女子で満席。
ケーキを購入される方も続々と入店される人気店ぶりでしたし、ケーキのビジュアル、相当ハイレベルでした。

『トマト エ オリーブ』

入口正面は、ケーキのショーケースで、パンのエリアは右手にちょっぴりある程度で、種類はたくさんではありません。

このプチパンは、お料理と一緒にというより、ワインのおつまみな印象でした。

『リュスティック フロマージュ』

この手のパンが美味しいのは、パンにも本気ということだと思います。
チーズの羽根も生地のモチモチ感も晴らしい!

『クイニーアマン』

絶品です。
こちらは左手にあるサロンドテの隔てのある焼き菓子のコーナーにありまして、駆け込みで買い求めました。

さすがはパティスリー。
こちらのクオリティー、このクイニーアマンの美味しさで推測できました。
やはり、パン屋さんの焼き菓子とは違います。

次回は必ずケーキに挑戦します。

こちらを参考にしてください


宮本三郎記念美術館をあとにして、自由が丘から渋谷行きのバスに乗ります。
田園調布駅を出発するこのバスは、自由が丘在住の友人が三軒茶屋に住んでいた私を見送るのに教えてくれた線ですが、屋根付きのバス停がとってもレトロです。
並び方にもルールがあるようです。

そのバスに乗って駒沢大学で下車。
徒歩7〜8分。目的地の【向井潤吉アトリエ館】に向かいます。
こちらも世田谷美術館の分館で、3つあるうちのもうひとつは成城学園前にある清川泰次記念ギャラリーです。

宮本三郎記念美術館と違っている点は、向井潤吉氏が当時のまま暮らしたアトリエで、作品展示がされていることです。

向井潤吉氏(1901年〜1995年)は、40年以上に渡り北海道から鹿児島までを旅し、生涯古い民家の絵を描き続けた洋画家。

趣のある石段のアプローチを上がって、昭和37年建築の住まいと、44年に移築したという蔵のアトリエに到着です。

今では珍しい縁側。
その奥には、民芸調の応接セットが置かれていました。

館内は撮影禁止なので、お伝えできませんが、移築したアトリエだったという蔵は、母屋と一体化した和風の梁などが、印象的です。
また、母屋の小上がりの和室は囲炉裏が似合いそうな佇まいでした。

よく手入れされた庭は、彼岸花が咲き終わったところでした。

絵画は各地を歩いて描いたというノスタルジックな民家の作品群。
緑色を描くのが苦手だったという向井氏の絵は、夏の背景はほとんどなく、どこか寂しい印象ですが、郷愁漂う日本の原風景を感じました。
また、絵画とともに展示のあったエッセイはとても魅力的でした。

写真は、玄関先にあった蚊取り線香入れです。
オレンジ色の灯りが点され癒される空間に、姿をなくしていく民家に日本人の心が失われて行くと嘆いた向井潤吉さんの思いがわかるような気がしました。

向井潤吉アトリエ館


今日は具合が良かったんですね。
で、ざわざわと心の中がしていたので、美しいものに触れてリフレッシュしたかったんです。
三軒茶屋にいましたのでそこから行けるところ、宮本三郎記念美術館がひらめきました。

世田谷区内には小さな美術館がいくつもあると思いますが、こちらは世田谷美術館の分館になっています。
世田谷区民になって20数年経つというのになかなか訪れる機会がありませんでした。

場所は自由が丘駅からほど近い場所ですが、我が街経堂からはアクセスが良くありません。
三軒茶屋からバスで乗り換え無しで利用でき、たまに知らない場所をバスで車窓から眺めるのは楽しいので、秋の爽やかさもあって心の栄養になるような東京散歩ができました。
宮本三郎記念美術館

期間中の展覧会である『顔』に出展されていて 色使いや力強さに惹かれた《踊り子》。

宮本三郎氏の絵のモデルさんは女性が多いという印象ですが、今展は女優高峰秀子、鰐淵晴子、歌手の雪村いづみさんなどの作品が展示されていました。
また婦人公論の表紙の作品にも触れることができました。

展示数は少ないのですが、従軍画家であった時の作品にも出逢えました。
WAR IS OVER!


三軒茶屋に向かう世田谷線の最寄り駅山下。
カンカンと踏み切りの音が鳴り始めていました。
駆け足でギリギリ乗り込むことができました。そんなお客様を待ってくれるんですね、世田谷線は。

乗り込んでみると、にゃんと、つり革がこんな形になっていて思わずニヤリ。

隣にいらした乗客さんが、開通何年かのお祝いだとかって、ひそひそ。

降りてみてわかりました、にゃん。

招き猫と言えば豪徳寺ですが、山下駅はイコール豪徳寺であります。記念のラッピング電車はコラボによるものだそうです。

昨日からの運行だそうですが、通勤で使っているわけでもないのに出会えるなんてとてもラッキーです。\(^-^)/

普段でも十分、可愛い世田谷線です。

松陰神社前から乗車した電車は懐かしい玉電のカラーリングでした。

詳しくはこちら


このところ行き先がワンパターンになっています。
最初の頃は色々調べて行っていましたが、ウチのこ達は山育ちですから、緑の多いところが好きなんですね。
ですから近くなら代々木公園、ちょっと足を延ばして野川公園になってしまいます。この2つの公園はキモチ良さではベストです。
今日は、東京のど真ん中なのに緑の多い北の丸公園へ向いました。

出発はいつも止める駐車場ですが、今日は反対回りに歩みを進めました。
背景の建物は、明治43(1910)年3月、陸軍技師田村鎮(やすし)の設計により、近衛師団司令部庁舎として建築された近代美術館工芸館で日本人技術者が設計した現存する数少ない遺構として外壁、玄関が重要文化財です。

今日も出発が早かったんですが、休日、皇居の回りを走ってらっしゃる方多いですね。
私たちもわんこがいなければ行かないような道をお散歩するのですが、皇居周辺は、緑や土があって、とっても気分がいいのです。

桜の名所、今朝はひっそりとしていました。

いつも楽しそうで嬉しいです。

はい、茶豆もね。

靖国通りの高燈篭。今日はとってもクリアに撮れました。
靖国神社正面の常夜灯として明治4年に建設されたそうですが、この辺りはそういう史跡を見れるのも魅力的です。

はい、北の丸公園田安門です。
武道館から公園を抜けて行きます。

北の丸公園の魅力


大好きカレーパン。
創作性のあるプルクルさんのカレーパンは、『ダッチカレーパン』という名前です。

生地は薄いのですが、揚げていないのにカリカリ感があり、具材はスパイシーでアダルトなカレーが仕込まれています。

たびたび登場する『グリーンカレーのフォカッチャ』
上に乗る具材は季節ごとに変わるのでしょうか?かぼちゃは甘みが加わって、一味違うように感じます。

『クロックムッシュ』
サンド型ですが、しっかりとしたお味に仕上がっています。
パンの表面にも一工夫?

『リコッタバナナ』

リコッタチーズとバナナのハーモニー。

『クロワッサン・アンルーレ』
五本の指に入るプルクルさんで好きなパンの一つ。クイニーアマンのようなリッチな焼き菓子のようです。

お初の『フルートレザン』

たっぷりのレーズンとグラニュー糖を散りばめて。
カフェラテと相性が良さそうでした。


代々木 プルクル


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 松陰神社前 松崎煎餅
    kisetsuomederu
  • 松陰神社前 松崎煎餅
    てつmom
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    kisetsuomederu
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM