閉塞感漂う時は、何か目的があるといいですね。趣味はこういう時に心の拠り所になると、有り難さを実感します。
今日もお仲間にご一緒できるかを確認して伺います。今日は午前中に生徒さんがいらしたそうですが、炭を入れて釜をかけていただくこと、本当に感謝です。
先輩は今日、とっても難しいお点前をなさるので、その前にそのお点前に使う真の台子を使って台子のお点前をお稽古させていただきました。

お軸は「花は紅、目に青葉」これは何度も拝見しているはずなのに先生にお聞きしてしまいました。目に青葉は柳の絵でしるされています。
茶花は、貝母(ばいも)蕗の薹。先生は葉が萎れてきて嫌だとおっしゃったけれど、やはりこの葉が素敵!

以下、備忘録。
【炉/台子】

1.お菓子を客の前へ運び、礼をした後、水屋へ下がり襖を閉める。
2.茶巾・茶筅・茶杓を仕込んだ茶碗を置いて座り、襖を開け礼をする。
3.茶碗を持って入り、襖を閉め、台子の正面まで進んで座る。
4.茶碗を右横、左手前の二手で仮置きし、
5.足を重ね、棗を横から取り左掌にのせ、足の重ねを外し、右手半月で台子の右前へ置く。
6.茶碗を左手前、右横、左横の三手で棗と置き合わせる。
7.両手で建水を持ち、左手で手なりに置く
8.両手をついて火箸を杓立の向こう正面へ出し、杓立の右→杓立の前→建水があったところの左を通って膝の上へ持って来る。火箸を横にしながら左手で中ほどを持ち、時計回りに90度回す。右手を左手の手前まで進め、左手の掌を上にして下から持ち替え掌を下向きにした左手で、火箸を台子と勝手付の間に火箸の上端が3センチほど台子より手前に出るように進める
9.蓋置を取って左手に乗せ居前まで回り、定座に置く。
10.建水を進め居前を正す。
11.茶碗を左横、右横で膝前向こうに置く。
12.棗を半月で茶碗の前に置く。
13.帛紗を捌き棗を清め、台子の前中央左寄りに置く。
14.帛紗を捌き直し茶杓を清め、棗の上へ置く。
15.茶筅を棗の右に置き合わせる。
16.茶碗を前に引き、
17.帛紗を右膝前へ仮置く。
18.台子正面まで回り、両手を着いてから右手で柄杓を取り、杓立の向こう正面→茶筅の右を通って構え、居前へ戻る。
19.左手で柄杓を持ったまま、右手で帛紗を取って釜の蓋を開け蓋置に置く。
20.帛紗は柄杓の手前を通して左膝脇に置く。
21.茶巾を釜蓋の上へのせ、
22.柄杓を扱って湯を汲み、茶筅通しをし、
23.茶筅を戻し湯を捨て、茶巾をとり、茶碗を拭き、茶碗を元に戻し
24.右手で茶杓を取り、菓子をすすめ、左手で棗を取って、棗の蓋を取って右膝頭に置き、茶をすくって、棗の蓋を閉め、棗、茶杓と元に戻す。
25.水指の蓋を右、左、右の三手で開け、
26.湯を汲み茶碗に入れて茶を点て、定座に出す。
27.「頂戴します」の挨拶を受ける。
28.客の一口で帛紗を腰に付ける。
29.「替茶碗で失礼いたします」といい、半東が建水の後ろに置いた替茶碗を左手で手前を取り、右手で右横に持ち替えてから膝前に置き、茶碗に湯を入れて拭き清めてから茶を点てて、次客に出す。
30..茶碗が戻ると膝前に取り込み、茶碗に湯を入れすすぎ、建水に湯を捨てる。
31.この時、お仕舞いの挨拶が正客からあれば受ける。
32.茶碗を膝前に置き、改めて「お終いにいたします」と挨拶する。
33.水を汲み、茶筅通しをする。
34.茶巾と茶筅を茶碗に入れて膝前に置く。
35.茶筅を茶碗に入れ
36.茶杓を右手で取って建水を引く。
37.帛紗を捌き茶杓を清め、茶碗に伏せてのせ、
38.帛紗を建水の上で払い、腰に付ける。
39.棗を台子の中央右寄りに置き、茶碗を右横、左横の二手で棗の左に置き合わせる。
40.柄杓を取って釜に水を一杓差して湯返しをする。
41.柄杓を左手に持たせ、釜の蓋を閉める。
42.台子の正面に回って、杓立に柄杓を戻し、
43.居前に戻って水指の蓋を右、左、右の三手で閉める。
44.この時、棗、茶杓の拝見を請われると受け、
【道具を拝見に出す】
45.蓋置を取って左手にのせ、台子の正面に回り、杓立前に置き、
46.火箸を取り先ほどの逆の手順で杓立に戻す。
47.右一手で茶碗の右横を持ち、勝手付に割り付ける。
48.棗を取って左掌にのせ、客付に回って帛紗を捌いて清め、拝見に出し、
49.帛紗を腰につけて、台子正面に戻り、茶杓を取って左手に持ち、居前まで回って茶杓を棗の右横に出す。
50.台子正面に戻り、建水を持って水屋へ下がり、
51.続いて茶碗を持って水屋へ下がる。
52.水次を持って水指正面に座り、水指の蓋を右、左二手で開け水を注ぎ、水指の蓋を閉めて水次を水屋に引いて、茶道口を閉める。
53.拝見物が戻った頃、建水を膝前に置いて茶道口を開け、建水を持ち出し、台子の正面に座り、建水を膝前に置く。
54.半月で蓋置を取り、左手で扱って建水に入れ、
55.両手で建水を地板の最初の位置に置く。
56.拝見から戻った棗と茶杓の前まで回り、拝見の問いに答える。
57.棗と茶杓を持って台子正面に回り、茶杓を手繰り寄せ、水指の蓋にあずけて、棗を横から持ち替え、天板中央に荘る。
58.茶杓を右、左、右と三手で扱い(右手一番下辺り→左手節→右手節下)茶道口にさがり、建てつけに置いて総礼をして終える。


今日のコーデ。
『大島紬と名古屋帯』引き続き銀座結びを特訓中です。


コロナウイルス感染拡大の影響でしょうか?今日は2人でのお稽古となりました。やはりお茶の世界でも回し飲みする濃茶は自粛との要請があったようです。

私自身もそういったこともあるかしらと、先生のご負担やもったいない精神で、今日のお稽古は【後炭】をお願いしていました。

実は後炭、お稽古させていただくのは初めてです。YouTubeや教本を見て予習をしていったものの、組釜敷の扱い、灰の撒き方、炭の仕組み方、羽箒での掃き方、不明点があり、細かく丁寧にご指導いただきました。

火なしなので、本来なら炭はほとんどつがないことが多いそうですが、初炭と違う景色を作ることを念頭に教えていただきました。そういったことで、今日は有難いお稽古日となりました。

茶花のことをお聞きするのを忘れてしまいましたが、デンファレとレンギョウでしょうか?。

以下備忘録
【炉/後炭】
●準備
炭斗の中に炭を組み入れ、枝炭3本を炭斗の前縁に、枝先を下にして持たせかける。
火箸を入れ、羽箒をのせ、その間に組釜敷を仕組み、鐶は合わせ目を下にして、組んである炭の手前中央のところに立てかけておく。
灰器には湿し灰を入れ、灰さじの上に練り香をのせたさじ香を添える。
水次は内外を十分に清め、水を入れる。片口の場合は、蓋の上に絞った茶巾をたたんで乗せておく。薬罐の場合は、竹の蓋置を口にさし、蓋の上に絞った茶巾をたたんでおく。
●点前
1.茶道口の建付に炭斗を置いて座り、襖を開けて主客総礼をする。
炭斗を両手で持ち、右膝から断って席に座り、炉の右定座に炭斗を置く。
2.水屋に下がり、灰器を右手で持って入り、茶道口に座って、膝前に灰器を置き、襖を閉める。
3.灰器を右手で、灰さじの柄の向こう持ち、炉正面に進み、下座のほう斜めに向かって座り、灰器を左手であしらって右手で畳の敷合わせの隅に、灰さじの柄が上座へまっすぐになるように置きつける。
4.炉正面に回り、右手で羽箒を取り、炉と炭斗の中間に下ろす。
5.腰の帛紗をとって捌き乗せ、釜の蓋を閉める。帛紗をすぐ腰につける)
6.炭斗から右手で鐶を取りだし、両手で割って釜の鐶付に左右同時にかけ、そのまま釜に預ける。
7.右手で組釜敷を取り出し、左に打ち返し左手に持たせ、左膝頭の横に置き、一膝前に進む。
8.両手で釜を上げ組釜敷にのせ、鐶をいったんあずけ、左にまわって両手で鐶を持ち、釜を勝手付まで引き寄せる。
9.鐶を外し、合わせ目を手前にして重ね合わせ、左手で釜の左へ置きあわせる。
10.炉正面に戻り、右手で羽箒を取り、初掃きをする(掃き方は、初炭手前の時と同じ)
■この時、正客から順に次礼をして、順次炉辺に進みより、炉中を拝見する。
11.右手で羽箒を手なりに置き、その手で炭斗の中の火箸を取り、右膝頭で突いて持ち直す。
12.火箸で炉中の流れている火を直し、火箸を右膝頭で突いて持ち直し、炭斗の中に戻し、両手で炭斗を右斜め向こうに寄せる。
13.下座斜めに回り、灰器を右手でとり左手で扱い、右手で持って炉正面に回り、灰器に左手を添え、炉縁の右横に置く。
14.練り香を乗せたままの灰さじを取って、香をたく。
15.初炭同様に灰をすくい、向こうの山から左の山へと稜線に沿ってまき、次に左の山から手前の山へ、再び向こうの山から右のほうの山へ、さらに灰をすくい、そのまま灰さじを下から持ち替え、逆手にして右のほうの山から左手前の山へかけて稜線沿いにまき、最後に五徳の内側、灰の周りを1さじまたは2さじで整える。(ハと一の字)
16.灰をまき終えると、灰さじをそのまま灰器に伏せておき、灰器を持ち下座斜めに回り、左手であしらって、右手で元の位置に戻す。
17.炉の正面に戻り、右手で羽箒をとり中掃きをする。(右縁を1、下縁を一、右中縁を1、下中縁を一)
18.羽箒を元の位置に戻し、両手で炭斗を元の位置まで引き寄せる。
19.右手で火箸を取り左手に持たせ、右手で炭斗の中の輪胴を取り炉中につぎ、その指を懐中している懐紙で清める。
20.左手の火箸を右手で持ち、右膝頭で突いて持ち直し、丸毬打から順に炭をつぐ。(枝炭は、初炭手前とは反対に、枝の元が上になる)後炭は初炭と違い、火の流れ具合でなるもので、定まった形は無い。
21.点炭をつぐと、末客から順に次礼をして座に戻る。(初炭同様)
22.火箸を右膝頭について持ち直し、炭斗に戻し、右手で羽箒を取り後掃きをする(初炭同様、8手で掃き清める)
23.羽箒を炭斗の左肩に乗せ、左手で鐶を取り、左正面に回り、両手で割り釜にかけ、はじめに釜をあげた位置まで引き寄せる。
24.一旦鐶を預けて釜正面に回り、両手で鐶を外して合わせ、左手で釜の左の方へ置き、
25.下座斜めに回り、灰器を右手でとり左手であしらい、右手で持ちそのまま左膝から立ち、茶道口に下がって座り、膝前に灰器を置いて襖を開け、灰器を持って水屋に下がる。
26.水次が薬罐の場合、水屋から薬罐を持ち出して席に入り、釜の前に座り、薬罐を左のほうに置き、茶巾を右手でとり釜の蓋に乗せ、薬罐の口の蓋を右手でとり、左手で扱い、右手で釜と膝の間に置き、茶巾で釜の蓋を取り、蓋置にのせる。
27.続いて茶巾で薬罐の口の蓋を開け、茶巾をその口下に当て、釜に水をさす。
28.薬罐を元の位置に置き、茶巾で薬罐の口の蓋を閉め、さらに茶巾で釜の蓋を取ってしめ、茶巾を釜の蓋の上にあずけ、右手で蓋置をとり、左手であしらい、右手で薬罐の口にかける。
29.右手で釜の蓋の上にあずけた茶巾を取り、左手で釜の蓋のつまみをおさえ、蓋の向こう、手前とふき、左手を膝の上に置いて、釜の向こう側、肩のあたりと、胴を左から右へ「二」と書くように拭き、手前を「つ」と書くようにふき、茶巾を薬罐の蓋の上に置き、薬罐を両手でもって水屋に下がる。
(水次が片口の場合、左手で片口の手を持ち、右手を片口の底にかけて持ち出し、釜の前に座り片口を釜の左のほうに置き、茶巾を右手でとり、釜の蓋の上にのせる。
両手で片口の蓋を取り、仰向けて釜と膝の間に置き、茶巾で釜の蓋を取り、片口の蓋の上に置き、
茶巾を右手でとり、左手で片口の手を持ち、片口の口の下に茶巾を当て、釜に水をさす。
その後、片口を下のところに置き、茶巾で釜の蓋を取って閉め、
そのまま茶巾を持ち、左手で釜の蓋のつまみを押さえ、薬罐同様に、茶巾で釜の蓋、続いて釜の肩、胴、手前をふき、茶巾を仰向けになったままの片口の蓋の上にのせ、そのまま蓋を片口にのせ、片口を持ち水屋に下がる)
30..再び席に入り炉正面に座り左手で鐶を取り、両手で割って左右同時に釜の鐶付にかけ、一膝前に進み、両手で鐶を持ち、炉に釜をかけ、
31.鐶を釜にあずけたまま、左手で組釜敷をとり、右のほうへ打ち返し、右手に持たせ、右手で炭斗に戻す。
32.釜の歪みをただし、鐶を外して重ね合わ
せ、右手で鐶の合わせ目を上にして炭斗の中に戻す。
33.一膝下がって、釜の蓋の向こうを手なりに切る。(この時帛紗は使わない)
34.体を炉縁の右のほうに寄せ、炭斗を両手で持ち、茶道口に下がって座り、炭斗を建付に置き、主客総礼をし、襖を閉める。

本日お稽古に締めて行った帯、
『ペイペイフリマ』で入手しました。難しい色味ですが、今日は緑の紬に合わせました。伸び代のある個性的な帯なので、これからコーディネートを色々考えたいと思います。


今日は何のお稽古をさせていただくか?このところ悩んでしまいます。前回盆点をさせていただいたので、関連性のある唐物を予習して、先生に連絡をさせていただきました。
ところがいつもと違う返信がありました。「今日は火を入れないで炭をします。予定が変わりますがよろしくお願いいたします」と。こんなご時世ですから先生のご配慮か?

予習をしないで2回目の炉、初炭手前。本を読んで挑みますが、不安な気持ちでお教室へ。私自身は仕事のキャンセル、生徒さんのお一人はお孫さんのお世話と、皆さんもいつにない変化があり、2人欠け3人でのお稽古となりました。
私以外は上級者なので真の炭手前をすると云います。私がトップバッターで初炭手前をさせていただきます。人数が少ないので、今日は先生が特別丁寧にご指導してくださいます。まず足の運びから何度もやり直しです。続いて灰の撒き方。10年やっても難しいのだから上手く出来ないのは当たり前と云われましたが、練習が必須です

さて、真の台子で行われる真の炭手前。本当は私なぞが見てはいけない秘伝のお点前です。そんな機会を与えてくださる先生!有難や。
台子には皆具が設えてあります。ゆえに火箸などはこちらから。炭斗もまるで違います。炭の組み方も少し違います。羽箒ではなく、帛紗で炉縁を清めるシーンもあります。最後はジャンボサイズの羽箒で点前座を掃き清めます。未知の世界、拝見できて幸せでした。

茶花、なんて素敵なんでしょう。こんな風に表情のある枝葉を活けた姿を想像してビックアップしたいです。
白玉椿と雪柳。

以下、備忘録
【炉/初炭手前】
1.茶道口より炭斗を運びだし炉の右下座に向かって坐り、釜の釻付の並びに置く。
2.続いて灰器を持ち出し、炉正面に進み、下座のほう斜めに向かって坐り、畳の敷き合わせ隅に置く。
3.炉正面に回り、羽箒、釻、火箸、香合の順序で取りだし所定の場所に置く。
4.帛紗を捌いてたたみ、釜の蓋を閉め、すぐに腰につける。
5.右手で釻をとり、両手で割って、左右いっしょに釜にかける。
6.懐より紙釜敷を取り出し、左手で持ち替え、手なりに左膝頭の横に置く。
7.一歩進み、釜を上げ、釜敷に乗せる。
8.釜を畳中心右寄りに引き寄せ、釻を置き合す。
9.体を少し左のほう斜め、釜正面に向き、釜を畳中心の右寄りまで引き寄せ、釻をはずして、合わせ目を手前にし、重ね合わせ、左手で釜の左に置く。
10.炉正面に向き直り、羽箒を取り、初掃きをし、羽箒を香合の右のほうに手なりに置く。
11.火箸を取って右膝頭で突いて持ち直し、下火を直し(手前の一つを、二つの向こう側へ置き換える)、火箸を炭斗の中へ戻す。
12.炭斗を右斜め向こうに寄せ、下座斜めに回り、灰器を取って炉正面に持ち回り、左手を添え、炉縁の右、少し炉縁にかけて置く。
13.左手を添えたまま、灰匙を取り、湿灰を右側からすくって撒く。(灰は向こうの山から左の山へかけて撒き、次に、左の山から手前の山、向こうの山から右の山、灰匙を持ち替え、右の山から手前の山へと撒き、最後に手前の五徳と五徳の間を左から右へかけて撒く)。
14.撒き終わると、灰を左のほう半分に寄せ、灰匙をそのまま伏せて置く。
15.右手で灰器を取り、ふたたび下座斜めに回り、元の位置に置き、炉正面に戻る。
16.羽箒を取り、中掃きをして、羽箒を元に戻す。
17.炭斗を元の位置に引き寄せ、火箸を取り、左手に持たせ、右手で胴炭を取り、五徳の左右の間に置き、指先を清め、左手の火箸を右膝頭で突いて持ち替え、炭斗の中の「丸ぎっちょ」「割ぎっちょ」「丸ぎっちょ」の順につぎ、つぎに「管炭・割管炭」と二本同時に、「枝炭」「点炭」をつぐ。つぎに、枝炭をそれと平行に管炭に持たせかけるようにつぎ、最後に点炭をつぐ。
18.火箸を炭斗に戻し、後掃きをして羽箒は炭斗の左肩に乗せる。
19.右手で香合を取り、左手掌にのせ、蓋は初めに釻を置いた位置に置き、火箸を取り、右膝頭で突いて持ち直し、香を焚く。
20.火箸を炭斗へ戻し、香合の蓋を閉め、正客より「香合拝見」の所望があればそれを受け、香合の向きを正して、炉縁の右向こう角の脇へ出す。
21.次に体を左のほう斜めに回り、左手で釻を取り釜にかけて、初めに上げた位置まで引き寄せ、炉正面に向き直り釜をかける。
22.紙釜敷を左手で取り、炭斗の上で右手の指でポンと打ち、右手で懐中する。
23.次に、釜の傾きを正し釻を外して、炭斗の中手前に持たせかけて置き、
24.一膝下がって羽箒を取り、釜蓋を「ア」の字に拭き、羽箒を元に戻し、帛紗を捌いてたたみ、釜の蓋を手なりに切る。
25.下座斜めに回り、灰器を持って水屋に下げ、懐中の紙釜敷を出す。
26.戻り、炭斗を持って帰り、茶道口の襖を閉める。
27.拝見が終わって香合が戻ると取りに出て、拝見物の正面に坐り「お香合は?お香銘は?お香元は?」の挨拶に答え、香合を取り左掌にのせ、右手を添えて下がり、茶道口建付けに香合を置き、総礼をして終わる。


今日は、知り合いにいただいた渋い大島にヤフオクで落札した手描椿の塩瀬の名古屋帯を締めて行きました。
近頃またヤフオクがマイブームです。


いつもしたいお点前をさせてくださるので迷っていましたが、まだ怪しい真と行の帛紗捌きを今一度、頑張ってみましょう、と、今回は【盆点】をさせていただくことにしました。
盆点は唐物茶入・伝来物の茶入などの格式の高い茶入を盆の上に載せて扱うお点前です。ですから問答の時「徳川家伝来の文琳でございます」などと言います。ゆえに仕覆や帛紗から離さない、揉手をして扱うなど丁寧に扱います。
近頃、YouTubeで様々な動画を見ていますが、有難いことにこの帛紗捌きをあげている方がいらして本当に助かりました。
真の帛紗捌き
行の帛紗捌き

茶花は蕗の薹と雪柳。春の訪れを感じさせてくれるふきのとうと冬の名詞がついたゆきやなぎ。とても素敵でした。

ちょうど1年前にはじめて盆点をさせていただいていました。


今年に入ってお稽古へ行けたのは1日だけ。ゆえに茶道脳はリセットされた状態でかなりヤバい状態でした。
今月は事情ありお休みのお願いをしていましたが、少し状況が変わり行けそうだったので、伺わせていただくことにいたしました。

いつでもwelcome(感謝!)の先生にメールをさせていただくと、『炭付花月』をするといいます。ただでさえ出来が悪いのにまだ数回しかお稽古でしたことがない炭手前。これはしっかり勉強していかないと思いました。

我が師匠は炭でも濃茶でもしたいお稽古をさせてくださいますが、炭のお代を別に差し上げているわけではないので、初級者の私がやらせていただくのも気がひけて、わからないお点前になってしまっていました。

ただ花月の場合、当たる確率は1/5なのですが、だからといってわからないままではお稽古に行く意味がありません。
先輩達にご迷惑をかけてもいけませんし…。

さて、本日水屋で引いた数字は"三"。これは席入りの順ですが、「今日はこんな調子」と、当たらない気がしてぼんやりしていました。
ところがです。初花が準備を整えた後に引いた札は"月"でした。すなわち私が炭手前をすることになったのです。
結果、炭の仕組み方は教えていただきながらでしたし、灰の撒き方はヒドイものでしたが、とても有意義な時間を持つことができました。
その後2回目も"月"を同じパターンでひいてしまったのですが、辞退させていただき、"花"と変えてもらい、炭手前の後、薄茶を点てました。最後にまた"花"をひき、しまいつけをさせていただくこともできました。この日使ったのは杉棚で、水指の蓋を明け閉めする時に真ん中の板を引いたり戻したりすることを体験しました。

軸は「直心是道場(じきしんこれどうじょう」
「直心」という語には、真っすぐな心、素直な心、あるいは直接という意味で、真実にぴったりと合った心など、色々な意味が含まれているそうです。けれど、そんな「直心」を身につけることは、決して容易ではありません。直心を保つことは、自分を鍛える「道場」にほかならない。そういうお言葉のようです。

茶花は椿に木瓜。シックで素敵です。ちなみに先生の帯は梅でした。水屋に置かれた菓子器、茶碗、梅でした。お点前中に使った薄茶器は梅月棗でした。

以下備忘録です。

1.水屋で折据をひきます。
2.月をひいた正客の順に席入りします。
3.花をひいた亭主はまずご挨拶します。
4.すぐに席入りした4人は懐中した帛紗を腰につけ4畳半に全員移動します。亭主が折据えを持って正客の前に置きます。
5.亭主は茶道口より炭斗を運びだし、炉の右下座に向かって坐り、釜の釻付の並びに置きます。
6.灰器を置き、右手で釜敷きをその横に置きます。
7.亭主が折据えお回しくださいといいます。
8.月の札をひいた人が、灰器と釜敷きを持ち釜の前に行きます。

ここからはいつもどうりの炭手前です。

9.炉正面に回り、「羽箒」「釻」「火箸」「香合」の順序で取りだし所定の場所に置きます。

帛紗を捌いてたたみ、たたんだ帛紗で釜の蓋を閉め、すぐに腰につけます。

右手で釻をとり、両手で割って、左右いっしょに釜にかけます。

懐より紙釜敷を取り出し、左手で持ち替え、手なりに左膝頭の横に置きます。

一歩進み、釜を上げ、釜敷に乗せ、体を少し左のほう斜めに向き、上げた釜正面に向き直り、釜を左寄りまで引き寄せ、釻をはずして、合わせ目を手前にし、重ね合わせ、左手で釜の左に置きます。

炉正面に向き、羽箒を取り、初掃きをし、羽箒を香合の右のほうに手なりに置きます。

火箸を取って右膝頭で突いて持ち直し、下火を直し(手前の一つを、二つの向こう側へ置き換える)、火箸を炭斗の中へ戻します。

炭斗を右斜め向こうに寄せ、次に下座斜めに回り、灰器を取って炉正面に持ち回り、左手を添え、炉縁の右、少し炉縁にかけて置きます。

左手を添えたまま、灰匙を取り、灰を右側からすくって撒きます。
撒灰は向こうの山から左の山へかけて撒き、次に、左の山から手前の山、向こうの山から右の山、灰匙を持ち替え、右の山から手前の山へと撒き、最後に手前の五徳と五徳の間を左から右へかけて撒きます。
撒き終わると、灰を左のほう半分に寄せ、灰匙をそのまま伏せて置きます。

右手で灰器を取り、ふたたび下座斜めに回り、元の位置に置き、炉正面に戻ります。

羽箒を取り、中掃きをして、羽箒を元に戻します。

炭斗を元の位置に引き寄せ、火箸を取り、左手に持たせ、右手で胴炭を取り、五徳の左右の間に置き、指先を清め、左手の火箸を右膝頭で突いて持ち替え、炭斗の中の「丸ぎっちょ」「割ぎっちょ」「丸ぎっちょ」の順につぎ、つぎに「管炭・割管炭」と二本同時につぎます。
つぎに、枝炭をそれと平行に管炭に持たせかけるようにつぎ、最後に点炭をつぎます。

火箸を炭斗に戻し、後掃きをして羽箒は炭斗の左肩に乗せます。

右手で香合を取り、左手掌にのせ、蓋は初めに釻を置いた位置に置き、火箸を取り、右膝頭で突いて持ち直し、香を焚きます。
火箸を炭斗へ戻し、香合の蓋を閉め、「香合拝見」の拝見がないので香合台の上に置きます。

左の方斜めに回り、左手で釻を取り、釜にかけて、初めに上げた位置まで引き寄せ、炉正面に向き直り釜をかけます。

紙釜敷を左手で取り、炭斗の上で右手の指でポンと打ち、右手で懐中します。
釜の傾きを正し、釻を外して、炭斗の中手前に持たせかけて置きます。

一膝下がって、羽箒を取り、釜蓋を「ア」の字に拭き、羽箒を元に戻し、袱紗を捌いてたたみ、釜の蓋を手なりに切ります

灰器と釜敷きを敷居に置いて席に戻ります。

10.亭主は、釜敷、灰器を持って水屋に下がります。
11.ふたたび出て、炭斗を持っていきます。
12.茶筅、茶杓を仕組んだ茶碗を持って入ります。
13.置き合わせをします。(この時、棚に棗が乗っています)
14.建水を立て付けにおいて席に戻ります。
15.初花はお薄の準備をして一服点てます。茶杓を持った時、折据を回し、お茶が出たら見て月がいただきます。
16.2の花、3の花と続き、最後の仕舞い花はお茶を点てたら片付けていきます。茶碗を勝手付けに置き、棗、柄杓を棚に荘り、建水を立て付けに置き席に戻ります。
17.建水、茶碗と亭主が下げ、水次を持って棚前に置き、水を入れる前に総礼し、折据を懐中します。
18.亭主が水屋に下がり、ご挨拶があったら他は正客からお先にをして下がります。


新年、お稽古は3週間ぶりになりますか。そうなると、茶道脳は完全にリセットされ、すべてが怪しくなります。そして、何をお稽古させていただくか?
どうしようかと考えている時、【和巾】は、
玄々斎が江戸末期、孝明天皇に献茶した際、和巾を拝領した。その翌年、和巾を披露するために点前を復興したのが始まりとのこと。
また、献茶の際に御所から拝領した菓子が「花びら餅」で、その後、初釜に用いられるようになったといわれている。
と、いう文章に触れ、これは新年に相応しいのでは、と、【和巾】をお稽古させていただきました。

風炉を含め何回かお稽古させていただいているのですが、和巾の扱いが曖昧でした。

仕覆に入った中次と和巾を膝前に置く時、それを水指前一目から三目に置き換える時、道具拝見の時、その扱いがあります。
以下覚え書き
・和巾の左手前の角を右手の人差し指(布の表側)と親指(布の裏側)で摘まむ。
・左手の親指(布の表側)と人指し指(布の裏側)で摘まむ。
・右手の人差し指と親指を入れ替えて、布の辺縁を滑らせるようにして、布の右辺縁の中央まで動かし、小指は布の裏側から、残りの四本の指は中継ぎを持つ。
・左手は、布の左辺縁から中央に動かし布の裏側から支える。

お軸は「笑う門には福来たる」
私が大好きな言葉です。今年1年、たくさんの笑顔でいて、たくさん福が得られますように!

茶花は3月にいつも咲くという椿に柳。
花器は、瓢。唐金製。真になるそうで、塗りの花器敷きが使われていました。

2019 炉/和巾


今年の初釜は我が街経堂から2駅手前の梅ヶ丘羽根木公園内にある茶室でおこなわれました。いつもはとても厚着して出かけていましたが、今年は暖冬のようです。

茶室が3つある『星辰堂』

8畳茶室で、本席は催されました。
お軸は「萬歳千秋楽」
嘉辰令月歓無極 万歳千秋楽未央
(かしん れいげつ よろこび きはまりなし ばんせい せんしゅう たのしみ いまだなかばならず)
《和漢朗詠集》に「君が代」と並んで、祝いの歌として載っている有名なものだそうです。訳は、めでたい日にめでたい月 喜びは尽きることなく、万年も千年も楽しみは続く。
新年にぴったりの漢詩なのですね。
小林 太玄書。

笹耳花入に椿に梅が凛とした姿でした。

肩衝広口釜。
一般に一月から二月の厳寒の時季、立ち上る湯気で暖かさを感じさせるように用いられるそうですが、先生に、あとからうかがいましたところ、灰が一杯で高さを調整するためにこの釜に差し替えたとおっしゃっていました。
お道具もお借りできる羽根木公園茶室はとても有難いのですが、こういった事態もあるのですね。
しかしながら、こちらのお茶室。炭を使うことができるため、今回私は、初めて初釜で初炭手前を拝見することができました。

初炭で使われた福の香合からは、鳩居堂の若松が炉に配され、一段と雅やかな雰囲気に浸りました。
社中での初釜ですが、すべてを写真に収めることができませんでした。
すべてが終わった後の寿棚。
群鶴蒔絵の薄茶器。紫交趾末広青海波水指。
濃茶は、金、銀の楽の島台茶碗でいただきましたが、
薄茶は、この百人一首のお茶碗と、

郡鶴のお茶碗、正客の祥瑞のお茶碗と共に三客まで点てていただきました。
前回お点前をさせていただいたので、今回、薄茶の正客をさせていただきました。大先輩がお点前をしているお姿を近くで拝見できたのは幸せでした。特に濃茶を練るゆったりとした空気感は感動でした。

濃茶のお菓子は、鉢の木の花びら餅でしたが、薄茶はこちらの"うすべに""白雪粉" 末富御製。
お茶は、濃茶 青榮の昔、薄茶 涛声の白 、お詰めは青松園ということでした。

10畳のお部屋では点心をいただきました。

蝋梅、水仙。


黄交趾香合、釜敷のなんと素敵なこと!先生のお見立てでしょうか?

干支の盃、今年の子(ね)の席に偶然に着席。

お弁当は銀閣寺 三友居製。『福寿弁当』

瓢型のごはんは、小豆でした。15日は小豆がゆをいただく日ですが、悪鬼を避け、疫病を払うという中国の風習に習ったもの。それを意識した表れだったかもしれません。

今年は、点心席で薄茶をもう一服いただきました。

俵屋吉富 "ね"。干支の姿をかたどった白こし餡の入り桃山製。

退席するまで、友人と一緒であったこともあってか、とても楽しく参加させていただきました。今回お当番の生徒さんを思うと、茶席や点心の準備もお任せでない羽根木は大変だったと思いますが、充実の寿ぎの時間を過ごさせていただきました。感謝。


今年最後のお稽古は前回、ちょっぴり勉強していったのに役が当たらなかった【貴人清次】をさせていただくことにしました。花月とは異なり最初に貴人に濃茶をお出ししたあとに建水をもって水屋に戻り、きれいにした建水とお次の方に差し上げるお茶碗を持って入ります。
お点前はこちらを参考にさせていただきました

お軸は「壺中日月長」(こちゅう じつげつながし)
年毎に月日の経過を早く感じる今日この頃ですが、そんな1日だからこそ自分自身の行動に問いかけながら日々を過ごさなければと、一年を振り返るお言葉、心にしみました。
茶花は柏葉あじさいの照葉、玉椿。
来年も頑張ります。


今年も未熟な私は皆さんに助けられて、たくさんの花月に参加させていただきました。今日は役が決まる毎にお点前の内容が変わってくる【貴人清次濃茶付花月】をさせていただきました。何回かやらせていただいているのですが、さっぱり記憶にないのは、あまりにも未熟過ぎて、ただその場で云われた通りにしていたのだと推測します。

指南書を何回か読み込んでいきましたが、よくわかりません。残念ながら今日の役は薄茶になって2椀目、道具の入れ替えのお点前だけでした。

以前貴人清次花月をさせていただきましたが、
・貴人はいつも上座
・お次は初めから最後まで手をついてひかえている
・貴人茶碗に茶巾・茶筅・茶杓を仕組み貴人台にのせる
 次茶碗に千鳥茶巾と煤竹茶筅を仕組む(炉の時は千鳥板も用意)
・亭主は、折り据を貴人の前に置く時は、貴人畳に踏み込まない
・平花月では、お茶が出された時に折り据を見るが、貴人清次花月では、お茶が取り込まれた時に見る
・平花月では、今出されたお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』を決めるが、貴人清次花月では、次のお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』が決まる。
・貴人が『月』の時は貴人茶碗で、お次が『月』の時は次茶碗・千鳥茶巾・煤竹でお茶を点てる。
・貴人が『花』でお茶を点てて出されると、『月』はお茶碗を取りに行き、貴人に一礼をして茶碗を引く。
・仕舞花(最後のお茶)の時は、折り据を空回し(札を取らない)ですみかけで送る
・貴人が仕舞花の時は、貴人茶碗にすぐに水を入れて茶筅通しし、次茶碗はお湯を入れて濯いでから水を入れて茶筅通しする。
 お次が仕舞花の時は、貴人茶碗にお湯を入れて濯いでから、水を入れて茶筅通しし、次茶碗は、すぐに水を入れて茶筅通しする。

このようなことがポイントになります。
一番初めに折据の上に月の札を置いて貴人に持って行くのも異なる点でした。

お軸は『放下著(ほうげじゃく)』
すべての煩悩を捨てよという意です。
茶花は、ドウダンツツジの照葉と椿。
木枯らしが吹いて東京もいよいよ冬の景色になってきました。


前回"唐物"のお稽古をさせていただきましたので今日はその流れでと、"盆点"をさせていただきました。
真と行の帛紗捌き、まだ美しくできません。

盆点の道具の約束は
1、唐物茶入(中興名物以上で伝来がわかるもの)
ですから問答の際、「お茶入れのご由緒は」「徳川家ゆかりの文琳でございます」などとなるわけですね。
2、盆(和物でok)
3、象牙の茶杓
4、楽茶碗
5、曲水指、唐銅建水、竹蓋置
に対して
A、唐物茶入(伝来は問わない、唐物であればよい)
B、行の茶杓(止節)
C、楽茶碗(赤でも可)
D、曲水指、唐銅建水、竹蓋置
と、盆点の方が格が高いようです。

四ヶ伝は襖の明け閉めの際手をついたりしますし、唐物は茶入れを扱う時仕覆から離さない、普段の位置より下にするなど丁寧な所作になります。

またポイントですが、
1、点前の始めと終わりの茶杓の清め、茶筅通しは、省略なし。
2、茶入は仕覆に入っていない時は、揉手して扱う
3、茶杓の清拭きあり。
4、脱がせた仕覆は風炉と逆の左へ返す。
5、盆は右・左と持つ。
6、拝見で、鐶付に出されたものは縁内に取り込まない。
7、亭主が茶碗を下げると、正客は道具を引く。
などです。

さてさて、今日はお稽古にお邪魔してから初めてではないかと思うとても惹かれたお軸を拝見できました。
『日日是好日』禅語としてはとてもポピュラーになりましたが、書体、素敵じゃ、ないですか?
先生にお聞きしましたところ、臨済宗妙心寺派管長、多くの著作・法話を残した近代の名僧、"山田無文"のお作だそうです。

茶花は、玉椿がお目見えしました。あしらいはリョウブの照葉。土曜日は二十四節気の大雪ですが、初雪になるかもしれないという予報。寒さいよいよ本番です。床には椿のしつらえが冬の茶室の景色になります。

※利休以前のもの、殊に東山時代のものを大名物、利休時代のものを名物、小堀遠州が選んだそれ以降のものを中興名物という。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM