新年、お稽古は3週間ぶりになりますか。そうなると、茶道脳は完全にリセットされ、すべてが怪しくなります。そして、何をお稽古させていただくか?
どうしようかと考えている時、【和巾】は、
玄々斎が江戸末期、孝明天皇に献茶した際、和巾を拝領した。その翌年、和巾を披露するために点前を復興したのが始まりとのこと。
また、献茶の際に御所から拝領した菓子が「花びら餅」で、その後、初釜に用いられるようになったといわれている。
と、いう文章に触れ、これは新年に相応しいのでは、と、【和巾】をお稽古させていただきました。

風炉を含め何回かお稽古させていただいているのですが、和巾の扱いが曖昧でした。

仕覆に入った中次と和巾を膝前に置く時、それを水指前一目から三目に置き換える時、道具拝見の時、その扱いがあります。
以下覚え書き
・和巾の左手前の角を右手の人差し指(布の表側)と親指(布の裏側)で摘まむ。
・左手の親指(布の表側)と人指し指(布の裏側)で摘まむ。
・右手の人差し指と親指を入れ替えて、布の辺縁を滑らせるようにして、布の右辺縁の中央まで動かし、小指は布の裏側から、残りの四本の指は中継ぎを持つ。
・左手は、布の左辺縁から中央に動かし布の裏側から支える。

お軸は「笑う門には福来たる」
私が大好きな言葉です。今年1年、たくさんの笑顔でいて、たくさん福が得られますように!

茶花は3月にいつも咲くという椿に柳。
花器は、瓢。唐金製。真になるそうで、塗りの花器敷きが使われていました。

2019 炉/和巾


今年の初釜は我が街経堂から2駅手前の梅ヶ丘羽根木公園内にある茶室でおこなわれました。いつもはとても厚着して出かけていましたが、今年は暖冬のようです。

茶室が3つある『星辰堂』

8畳茶室で、本席は催されました。
お軸は「萬歳千秋楽」
嘉辰令月歓無極 万歳千秋楽未央
(かしん れいげつ よろこび きはまりなし ばんせい せんしゅう たのしみ いまだなかばならず)
《和漢朗詠集》に「君が代」と並んで、祝いの歌として載っている有名なものだそうです。訳は、めでたい日にめでたい月 喜びは尽きることなく、万年も千年も楽しみは続く。
新年にぴったりの漢詩なのですね。
小林 太玄書。

笹耳花入に椿に梅が凛とした姿でした。

肩衝広口釜。
一般に一月から二月の厳寒の時季、立ち上る湯気で暖かさを感じさせるように用いられるそうですが、先生に、あとからうかがいましたところ、灰が一杯で高さを調整するためにこの釜に差し替えたとおっしゃっていました。
お道具もお借りできる羽根木公園茶室はとても有難いのですが、こういった事態もあるのですね。
しかしながら、こちらのお茶室。炭を使うことができるため、今回私は、初めて初釜で初炭手前を拝見することができました。

初炭で使われた福の香合からは、鳩居堂の若松が炉に配され、一段と雅やかな雰囲気に浸りました。
社中での初釜ですが、すべてを写真に収めることができませんでした。
すべてが終わった後の寿棚。
群鶴蒔絵の薄茶器。紫交趾末広青海波水指。
濃茶は、金、銀の楽の島台茶碗でいただきましたが、
薄茶は、この百人一首のお茶碗と、

郡鶴のお茶碗、正客の祥瑞のお茶碗と共に三客まで点てていただきました。
前回お点前をさせていただいたので、今回、薄茶の正客をさせていただきました。大先輩がお点前をしているお姿を近くで拝見できたのは幸せでした。特に濃茶を練るゆったりとした空気感は感動でした。

濃茶のお菓子は、鉢の木の花びら餅でしたが、薄茶はこちらの"うすべに""白雪粉" 末富御製。
お茶は、濃茶 青榮の昔、薄茶 涛声の白 、お詰めは青松園ということでした。

10畳のお部屋では点心をいただきました。

蝋梅、水仙。


黄交趾香合、釜敷のなんと素敵なこと!先生のお見立てでしょうか?

干支の盃、今年の子(ね)の席に偶然に着席。

お弁当は銀閣寺 三友居製。『福寿弁当』

瓢型のごはんは、小豆でした。15日は小豆がゆをいただく日ですが、悪鬼を避け、疫病を払うという中国の風習に習ったもの。それを意識した表れだったかもしれません。

今年は、点心席で薄茶をもう一服いただきました。

俵屋吉富 "ね"。干支の姿をかたどった白こし餡の入り桃山製。

退席するまで、友人と一緒であったこともあってか、とても楽しく参加させていただきました。今回お当番の生徒さんを思うと、茶席や点心の準備もお任せでない羽根木は大変だったと思いますが、充実の寿ぎの時間を過ごさせていただきました。感謝。


今年最後のお稽古は前回、ちょっぴり勉強していったのに役が当たらなかった【貴人清次】をさせていただくことにしました。花月とは異なり最初に貴人に濃茶をお出ししたあとに建水をもって水屋に戻り、きれいにした建水とお次の方に差し上げるお茶碗を持って入ります。
お点前はこちらを参考にさせていただきました

お軸は「壺中日月長」(こちゅう じつげつながし)
年毎に月日の経過を早く感じる今日この頃ですが、そんな1日だからこそ自分自身の行動に問いかけながら日々を過ごさなければと、一年を振り返るお言葉、心にしみました。
茶花は柏葉あじさいの照葉、玉椿。
来年も頑張ります。


今年も未熟な私は皆さんに助けられて、たくさんの花月に参加させていただきました。今日は役が決まる毎にお点前の内容が変わってくる【貴人清次濃茶付花月】をさせていただきました。何回かやらせていただいているのですが、さっぱり記憶にないのは、あまりにも未熟過ぎて、ただその場で云われた通りにしていたのだと推測します。

指南書を何回か読み込んでいきましたが、よくわかりません。残念ながら今日の役は薄茶になって2椀目、道具の入れ替えのお点前だけでした。

以前貴人清次花月をさせていただきましたが、
・貴人はいつも上座
・お次は初めから最後まで手をついてひかえている
・貴人茶碗に茶巾・茶筅・茶杓を仕組み貴人台にのせる
 次茶碗に千鳥茶巾と煤竹茶筅を仕組む(炉の時は千鳥板も用意)
・亭主は、折り据を貴人の前に置く時は、貴人畳に踏み込まない
・平花月では、お茶が出された時に折り据を見るが、貴人清次花月では、お茶が取り込まれた時に見る
・平花月では、今出されたお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』を決めるが、貴人清次花月では、次のお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』が決まる。
・貴人が『月』の時は貴人茶碗で、お次が『月』の時は次茶碗・千鳥茶巾・煤竹でお茶を点てる。
・貴人が『花』でお茶を点てて出されると、『月』はお茶碗を取りに行き、貴人に一礼をして茶碗を引く。
・仕舞花(最後のお茶)の時は、折り据を空回し(札を取らない)ですみかけで送る
・貴人が仕舞花の時は、貴人茶碗にすぐに水を入れて茶筅通しし、次茶碗はお湯を入れて濯いでから水を入れて茶筅通しする。
 お次が仕舞花の時は、貴人茶碗にお湯を入れて濯いでから、水を入れて茶筅通しし、次茶碗は、すぐに水を入れて茶筅通しする。

このようなことがポイントになります。
一番初めに折据の上に月の札を置いて貴人に持って行くのも異なる点でした。

お軸は『放下著(ほうげじゃく)』
すべての煩悩を捨てよという意です。
茶花は、ドウダンツツジの照葉と椿。
木枯らしが吹いて東京もいよいよ冬の景色になってきました。


前回"唐物"のお稽古をさせていただきましたので今日はその流れでと、"盆点"をさせていただきました。
真と行の帛紗捌き、まだ美しくできません。

盆点の道具の約束は
1、唐物茶入(中興名物以上で伝来がわかるもの)
ですから問答の際、「お茶入れのご由緒は」「徳川家ゆかりの文琳でございます」などとなるわけですね。
2、盆(和物でok)
3、象牙の茶杓
4、楽茶碗
5、曲水指、唐銅建水、竹蓋置
に対して
A、唐物茶入(伝来は問わない、唐物であればよい)
B、行の茶杓(止節)
C、楽茶碗(赤でも可)
D、曲水指、唐銅建水、竹蓋置
と、盆点の方が格が高いようです。

四ヶ伝は襖の明け閉めの際手をついたりしますし、唐物は茶入れを扱う時仕覆から離さない、普段の位置より下にするなど丁寧な所作になります。

またポイントですが、
1、点前の始めと終わりの茶杓の清め、茶筅通しは、省略なし。
2、茶入は仕覆に入っていない時は、揉手して扱う
3、茶杓の清拭きあり。
4、脱がせた仕覆は風炉と逆の左へ返す。
5、盆は右・左と持つ。
6、拝見で、鐶付に出されたものは縁内に取り込まない。
7、亭主が茶碗を下げると、正客は道具を引く。
などです。

さてさて、今日はお稽古にお邪魔してから初めてではないかと思うとても惹かれたお軸を拝見できました。
『日日是好日』禅語としてはとてもポピュラーになりましたが、書体、素敵じゃ、ないですか?
先生にお聞きしましたところ、臨済宗妙心寺派管長、多くの著作・法話を残した近代の名僧、"山田無文"のお作だそうです。

茶花は、玉椿がお目見えしました。あしらいはリョウブの照葉。土曜日は二十四節気の大雪ですが、初雪になるかもしれないという予報。寒さいよいよ本番です。床には椿のしつらえが冬の茶室の景色になります。

※利休以前のもの、殊に東山時代のものを大名物、利休時代のものを名物、小堀遠州が選んだそれ以降のものを中興名物という。


上のお点前を習ってよろしいという許状をいただきましたが、四ヶ伝のお点前を出来るようになってからでないと、先へ進めないようなので、しっかりと身につけようと今日は唐物のお点前をお願いしていました。真と行の帛紗捌き、これが一番怪しいです。
先生から指導受けながら正しく腰に戻すことができましたが、茶入れを拭く際の畳みは器用に扱えません。まだ数えるほどしかこのお点前はお稽古していませんが、道具を片付ける時に茶筅を綺麗にするのと茶杓を拭くのは省略なしであることを再確認いたしました。
唐物は、回す、割る、拭くなども逆方向ですが、さて、唐物の定義とはなんぞや?と、思ってGoogleさんに聞いてみました。

『唐物』とは、
中世から近世にかけて尊ばれた中国製品の雅称である。狭義には宋、元、明、清時代の美術作品を指す場合もある。なおこの場合の「唐」は広く中国のことを指し、唐時代に作られたという意味ではない。  (Wikipediaより)
もっと詳しく

茶花は、どうだんつつじの照葉、野菊。「枯れた感じがいいですね」と、先生にいうと、外壁塗装の工事で踏まれなかったコ達だといいます。先生の花に対する慈しみをとても感じました。

お菓子は椿餅でした。柚子の香りのする白餡、道明寺製。
師走まであと僅か。茶花は椿となり茶室の空気感もぐっと寒気を含み侘びた雰囲気になります。


今日のお軸は『時雨洗紅葉』
(しぐれ もみじをあらう)
「紅葉が時雨にうたれ、より一層美しく、光輝いている」という意味だそうですが、もみじやさくらは日本では一番待ち遠しくて美しい季節を想像させてくれることばですね。
時雨とは、秋から冬に掛けて一時的に降ったり止んだりする雨や雪のことをいいますが、
先日の祝賀御礼の儀のパレードは小春日和で、絶好のコンディションで国民が祝福いたしました。
『小春日和』も晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天を言う12月上旬まで使う季語です。日本語は本当に難しいですが、情緒がありますねー。
今朝の新聞にH・ヘッセの小説の「少年の思い出」に登場する少年は蝶や蛾を収集するのが趣味なのですが、ドイツ語はこれを区別する言葉がないのだそうです。まったく異なる感覚で捉えるものをひとつのwordでイメージするのはとても難しいことですが、日本語はなんと豊かなことかと再認識します。

茶花は、ツワブキの花と葉、紅く染まったハナミズキ。なんと、姿の良いことでしょう。これも日本の美、ですね。

9月末、上のお点前の許状をいただきました。これからは教本のない奥伝をお稽古させていただけるのですが、まっさらな状態で何をしてよいのかわからず先生に質問しました。
先輩がされているのを見てまねるのよ。そんなお答えでした。
と、いうことで今日はまだまだ覚えきれていない『茶通箱』のお点前をお稽古させていただきました。
箱の手指の動き、大津袋の扱い、まだまだでした。


今月は皆さんお忙しく、炉開きの日、花月のお稽古をやりましょうということになっていました。先生は恒例のぜんざいを振る舞ってくださり、それをいただきました後に折据を回しました。
今日はいつもの善哉椀に短い杉のお箸が添えられていました。本来はこちらがセットなのだそうです。少し太めに作られているので箸を運び易いとのことでした。勉強になります。いつもの箸休めも山椒の実と小豆の相性を再認識します。ありがたや。

さて、本日は炉開きの時「何故、ぜんざいをいただくのか?」について。

1.亥の月、亥の日が陰であるのに対して、陽のもの(小豆)を頂き、陰陽の和合を図ることから。
2.鬼も赤、赤ちゃんも赤、還暦も赤、神社も赤、小豆も赤で赤いものは古来より邪気を祓う色とみなされていたことから。
(夏越の祓え、水無月の菓子も同じ)
3.善哉の餅にかぶった小豆の姿が亥の子供(ウリ坊)の背中に似ているから。
4.亥の子餅のお流れをぜんざいにしたから。
5.一休宗純禅師がぜんざいを最初に食べて、「よきかな(善哉)、よきかな(善哉)」と絶賛され『善哉(ぜんざい)』と呼ばれるようになったから。
6.神無月(10月)に神の集まる出雲で振る舞われる「神在(じんざい)餅」が訛って伝わったから。
などの諸説からだそうです。

そしてお軸の禅語。
「年々是好年、日々是好日」を約めたもので、「ねんねんこう、ひびこう」と読みます。
禅語の中の「好日」は「良い日」では
なくて「苦しくても悲しくてもかけがえのない素晴らしい日」というのが本来の意味であるそうですが、お茶のお正月と云われるこの日にふさわしく、また善哉(よきかな)にもかけた先生の思いのようにも感じました。
以前新年だけでなく、通年で使える言葉だとお聞きしました。

茶花は椿と雪柳。山茶花かと思いましたがサザンカは『ちゃばな』と書くのにあまり使わないそうです。椿の季節になりました。日毎にやっと季節らしい冷たさになっています。

さて、修行の足りない私は濃茶付花月でお詰めの席で留まり、いつもとはまた違う折据の扱いをお稽古できました。

■濃茶付花月 覚書
好更棚には天板に水指、手前に茶入れ、二段目に棗を荘ります。

『花』をひいた方は亭主になります。『月』は正客です。皆さんが入られたら、出ていって迎え付けのご挨拶をします。お客様は同時に帛紗を付け、四畳半に入ります。

亭主は茶道口で折据を回し、持って入り正客の前に置きます。
茶碗を持って入り置き合わせ、建水敷居に置いて、仮座に座り「どうぞ、折据のお回しを」と言います。

花月之式では一同が札を見て『花』だけが名乗りますが、濃茶付花月では『花』と『月』が名乗ります。そして、『月』が最初に濃茶を点て、『花』がその次に薄茶を点てます。

『月』は立ち、敷居で建水を持ち立ち上がると同時に亭主も立ち上がり座変わりします。
『月』は濃茶を点てますが、 普通なら2〜3人分点てるのところ花月の時は5人分点てなければならないのでお茶の量やお湯の加減が難しいです。 濃茶付花月では、自分の点てた濃茶を最後に仮座で頂きます。5人目はお湯を含んで硬くなりますので、 点てた具合がわかるので勉強になります。

その後、お茶碗の拝見があり、茶碗を取り込み総礼をします。茶碗を濯ぎ、お茶碗を棗を置く位置を開け置きます。
次に『花』が点前座に座り、替札を棚に置いたら、その手で棗をとって茶碗と膝の間に置き棗を清め、火窓の前に置きます。
それから茶碗を手前に引いて湯を汲み、建水にあけ、茶碗を拭きます。
茶杓を手に取ったら、正客は折据を回します。

茶碗が定座に出されたら、一斉に札を見て『月』と『花』は名乗り、お茶を点てた人は『松』と言います。月は薄茶をいただきます。

次の花の人(二の花)は、点前座に座ったらまず置きかえをします。
まず、右手で茶杓を取って水指に預け、次に右手で茶入を棚に乗せます。左手で棗をとり、茶入の後に置きます。右手で、水指の上の茶杓を取り、棗の上に置きます。置きかえが終わったら、茶碗を取り込み、清めてお茶を点てます。

先とおなじように折り据えを回し、茶碗が定座に出されたら、一斉に札を見て『月』と『花』は名乗り、お茶を点てた人は『松』と言います。月は薄茶をいただきます。

次の花の『三の花』が『仕舞花』になります。お茶を点てお茶碗を出したら、客付きに回って札を折据に戻します。それから居前に戻って釜に水一杓さして、茶碗の戻るのを待ちます。

仕舞花がお茶碗を取り込むと総礼し、最初の座に座変わりをします。
仕舞花が濃茶点前の仕舞をし水指の蓋を閉めると、正客から、茶入れ・茶杓・仕覆の拝見の所望があります。
仕舞花はこれを受けて、柄杓を建水にたたみ、蓋置を建水の後ろに置きます。
それから右手で棚の上の茶入を取り、左掌に乗せて客付きに回り、茶入れを拭いて定座に出します。茶杓と仕覆も拝見に出します。
次に、柄杓と蓋置を棚に荘り、そのあと茶碗を割付けて、棗を棚に荘り、
建水を持ってさがり、自分の座(一番最初の席)に戻ります。
亭主は仕舞い花が後ろを通ったら、建水の所に進み、建水を水屋に下げます。茶碗を引き、水指に水をつぎます。

拝見が終わると、四客から返します。それから正客は、折据を茶入の下座に返します。

亭主は拝見物を取りに出て、総礼します。(問答なしです)折据を懐中し、仕覆、茶杓、茶入れを持って水屋に下がります。

亭主が送り礼に出ると、客は正客から順に次礼して、退席します。

2015 炉開き


9月10月は濃密な茶箱のお点前を学べました。けれど全部が出来た訳ではありません。
今日は10月のお稽古最終日。来月からは炉になりますゆえ、風炉の柄杓の扱いを今一度したいとお願いしました。
すると先生からご提案がありました。何をお稽古するかを決めてやろうということになりました。私が参加させていただいている曜日は皆さん熱心なので、話はまとまりました。炭手前から始まって、濃茶、薄茶、後炭手前と、茶会のように楽しくできました。また今日は中置だったのですが、5人目の生徒さんは茶筅荘をされたのでとても勉強になりました。
薄茶器は金輪寺という形のもので、二びき前置きだということを教えていただきました。鳴子蒔絵なので茶杓は「豊年」なんていうのが好ましいわね〜、なんてことも先生は仰いました。なるほどです。

白萩、せいたかあわだちそう、野牡丹など秋の野をイメージさせる茶花が荘られていました。

薄茶器 金輪寺
2017年 中置のお稽古


10月に入りましたが、大好きな茶箱のお点前を今日は皆さんと花月でお稽古させていただきます。
最初花をひいた私の帛紗を茶箱に仕組み、建水を置き、定座に座り「どうぞ折り据えのお回しを」と、言って次の札をひいてからは、お点前することなく座りっぱなしでした。
でも、2回目は月をひいてお茶をいただきました。

お軸は、「清風万里秋(せいふうばんりのあき)」
10月秋の気配を感じます。茶花は、蕎麦、不如帰、蓼、など秋草が素敵に生けられ設えていました。

卯の花点


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    小池夏美
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    平井佳織
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    梶川翔平
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    武田信玄
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    林試の森公園
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    栗山裕貴
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    田中日奈子
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    和田堀公園
  • 小梅6歳のお誕生日
    kisetsuomederu
  • 小梅6歳のお誕生日
    ヒーローママ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM