8月は夏休み、1ヶ月ぶりのお稽古は恐怖さえ感じます。怠けていた分、記憶はぶっ飛んでいるのであります。

先生は夏休み明けの9月、茶箱の点前をさせてくださいます。それは、残暑が収まらない長月、茶箱で一服。という計らいではないかと思って、その趣向を楽しみにしています。

瓶かけに鉄瓶という設えになりますから、この9月の茶箱は一年に一度。貴重な時間になります。

お軸は利休七則。今一度、利休居士が唱えた哲学を身に感じて、お稽古をさせていただきます。

茶箱点前は大好きなのですが、今まで基本のきの卯の花点前しかしたことがありませんでした。
今年は秋のお点前、月点前をさせていただくことを心に決めていました。

木据があったり、ウグイスという茶筅を立てる金具があったり、棗、茶碗、茶杓は仕覆にくるんだりと、これらを扱いながらのお点前ですからややこしい。教本だけでは、習得はもはや無理です。
先生は仰います。茶箱のお点前は脳トレになると。はい、とても前頭葉が刺激されます。

以下備忘録。

月点前は卯の花点前(夏)、雪点前(冬)、花点前(春)とともに、十一代玄々斎によって創案された秋の点前です。
器据を用いウグイスを使うのが独特で、茶箱点前の中で最も美しい点前と言われているそうです。

箱の中に茶碗、棗、茶筅筒、茶巾筒、振出しを入れます。棗は小ぶりのものを選び、仕覆に入れ茶碗に仕組んで、更に茶碗を袋に入れ、緒は長緒結びにし箱の前寄りに入れます。茶筅は筒に入れ箱の右向こうに入れ、茶巾は絞って茶巾筒に入れ、ウグイスをさして茶筅筒の手前に入れます。振出しは箱の左向こうに入れて、掛合をかけ、古帛紗を掛合の中央に入れ、その上に香合、小羽根、袋に入れた茶杓を置きます。帛紗を捌きその上にのせて蓋をします。そしてたたんだ器据の上に箱を重ねて置きます。また、小ぶりの火箸を敷板の手前に置いておきます。

「月点前」(道具拝見なし)

1、器据の上に重ねた箱を茶道口建付けに置いて総礼の後、それを持って瓶掛正面に進んで置く。
2、水屋に下がって建水を持ち出し、居前に坐って箱を勝手付に置く。
3、器据を拡げ、勝手付きから二枚目の板が正面になるようにして、折り目の紐を押さえて整える。
4、箱の蓋を縦のまま瓶掛の右横に置いて、右手で掛合の帛紗を取って左手に握り込み、右手で掛合の小羽根を取って器据の上を掃き清め、小羽根は蓋の上に斜めに置きます。
(器据の掃き方は、小羽根を立てて先ず器据の左端から右端まで上、中、下段と3回に分けて掃き、4回目は右端板の右上から左下へ斜めに掃きます)
5、左手の帛紗を右手で器据の左端手前に置き、掛合を箱と建水の間に置く
6、掛合の中の香合を右手で取り、左掌にのせて蓋を取り、器据の勝手付きから二枚目の中央に置く。瓶掛前の火箸を右手で取り、左手で扱い持ち直して香を焚き、火箸を元の位置に置く。香合の蓋をして小羽根と置き合す。
7、箱中の振出しを右手で取り、左掌の上で正面正して客付に出し総礼。
8、両手で箱中より茶碗を出し、器据の勝手付きから二枚目の中央に置き、長緒扱いで袋より茶碗を出し、茶碗を器据の上に置く。袋は片トンボに結んで手前に二つに折って左手で箱中の手前に入れる。
9、茶碗中の棗の仕覆の緒を茶碗の中で一結びとき、左掌にのせてもう一結びとき、打留を向うへ引き、つかりをのばして右、左と仕覆の口を拡げて棗を取り出し、器据の右端中央に置く。
(つかりは右、左の順で伸ばしますが、人差し指と中指でつかりの中程を挟み、親指を人差し指に添えた状態から、親指は手前、人差し指と中指は挟んだまま向うへ前後に拡げて伸ばします)
11、脱がせた仕覆は打ち返しせずにそのまま左手で箱中の茶碗の袋に重ねておく。
12、掛合の中の茶杓を右手で取って左手に預け、右手で茶杓を袋から出して、器据の上の棗の左に置き、袋は結んで左手で箱中の棗の仕覆の上に置く。
(袋の結び方は、左手に持った袋の上から1/3あたりの所を、左手の親指で押さえて、人差し指で手前に折り曲げ、袋の下端を右手で上からそれに掛け、向こうから下にくぐらせて一結びする)
13、箱中より左手で茶筅筒を取り、右手に持ち替え器据の左端の向こう右寄りに置く。同様に左手で茶巾筒を取り出し一手で茶筅筒の左に置き合す。
14、古帛紗をのせたまま掛合を箱に掛け、両手で箱を少し向こうに進め、次に建水を進めて居ずまいを正します。
15、右手で帛紗を取り、捌き直して棗を拭き、元の所へ置く。
16、再び捌き直して茶杓を拭き、元の所へ置く。
17、帛紗を右手に持ち直して鉄瓶の蓋をし、帛紗を元の位置に置く。右手で茶筅筒を取り、左手の指で茶筅の軸の底を突き、筒を左手に持ち替え、右手で茶筅の穂先を持って出して茶碗に預け、茶筅筒を右手で元の所に置く。
18、左手で茶巾筒を取り、ウグイスを出して器据の客付より二枚目の向こう寄りに縦に置く。茶巾の出たところを横から取って、そのまま耳が左側になるようにしてウグイスの前に置き、茶巾筒を左手で元に置く。
19、右手で帛紗を取り鉄瓶の蓋を押さえて湯を入れ、帛紗を元に置く。
20、茶巾をたたみ直して元の所へ置き、次にウグイスを差し立てる。
21、茶筅通しをして茶筅はウグイスに差して、湯を建水に捨てる。
22、茶碗を拭いて右手で置き、茶巾を元の位置に置いて、右手で茶杓を取り、お菓子をすすめる。
23、左手で棗を取り、蓋は棗のあとに置き、茶を入れ蓋をして棗、茶杓を元の位置へ戻す。
24、帛紗を取り、鉄瓶の蓋を押さえて湯を入れ、帛紗を元の所へ置いて、茶筅を取って茶を点てる。
25、右手で掛合の中の古帛紗を取り、左掌で扱って客付に拡げて置き、茶碗の正面を正して古帛紗の上に出す。
26、茶碗が戻ると取り込み、左掌で扱い器据の上に置き、古帛紗は二つ折りにして右膝横に仮置きする。
27、茶碗の湯を捨て、お仕舞の挨拶
右手で帛紗を取り鉄瓶を持って湯を入れ、帛紗を元に置き、湯を建水に捨てる。お仕舞の挨拶を受け、「お仕舞いたします」と挨拶をする。 (正客は振出しを出された位置に返す)
28、右膝横の古帛紗を右手で取って掛合に置き、次に客付の振出しを取って、右膝横の古帛紗のあとに仮置きする。帛紗を取り再び湯を入れ、帛紗を元へ戻して茶筅通しをする。
29、茶筅通しをしたら、茶筅を右手に持ったまま左手で茶筅筒を取り茶筅を入れ、右手で元の所へ戻す。
30、ウグイスを抜いてその場に縦にして置いて湯を建水に捨て、茶巾を取って茶碗を拭く。
31、拭いた茶碗を器据の上に置き、右手で茶巾を取り、左手で茶巾筒を取って茶巾を入れ、ウグイスを元通り差して左手で元の所へ置く。
32、帛紗
を捌き直して茶杓を拭き、茶杓を元の所に置いて帛紗を建水の上で払い、元の所に置く。
33、建水を後に引き、両手で箱を引き、古帛紗を置いたままの掛合を箱と建水の間に下ろす。
34、左手で箱中の茶杓の袋を取り、茶杓を袋に入れて右手で掛合の古帛紗の上に置く。次に左手で箱中の棗の仕覆を取り出し、左掌の上で口を拡げて棗を入れ、、そのままで茶碗に入れて緒を結ぶ。
35、左手で茶碗の袋を取り、茶碗を入れて長緒扱いで結んで元の所に置く。次いで右手で茶筅筒を取って左手で箱中に入れ、続けて左手で茶巾筒を取り、一手でそのまま箱中に入れる。
36、茶碗を両手で取り、左手を添えて箱中に入れる。
37、仮置きした振出しを右手で取り、左掌で扱い右手で箱中に入れる。
38、香合を掛合に置き、掛合を箱にかける39、右手で帛紗を取り左手に握り込み、蓋の上の小羽根を取って初めの要領で器据を四度掃き、小羽根を掛合に入れる。
40、帛紗を右手に持ち替えてそのままで鉄瓶の蓋を切り、帛紗を捌き直して掛合に入れ、両手で蓋を取って箱に蓋をする。
41、器据の両端を持って元のようにたたみ、瓶掛正面に置いてその上に箱をのせる。
42、建水を持って水屋に下がる。
43、次に器据ごと箱を持って下がり、茶道口建付けに置いて総礼して終る。


お庭を愛でながら、ちょいとtea break。
松聲閣の椿の間でいただくことができます。

『加勢似多(かせいた)』というお菓子が付きます。
こちらお茶のお稽古で、九州に帰省された生徒さんから教えていただいていたので、再会にびっくりして、彼女に即ラインいたしました。

熊本城主・細川家の御用菓子として、江戸時代より続いて来た銘菓で、菓子の表面には、あの細川家の九曜紋があしらわれています。

後ほど利用させていただいた永青文庫のサロンでも同じお菓子をいただきました。

菓銘の『加勢以多』はポルトガル語の
「caixa da marmelada」(カイシャ・ダ・マルメラーダ)の最初の部分の「カセイタ」となったようで、これは“マルメロの砂糖漬けの箱”という意味なのだそうです。
南蛮より伝来したマルメロを材料にして作られたこの菓子を好んだ2代目・細川忠興は、茶席菓子として幕府や朝廷に献上していたそうですが、それを再現したのが、いただいたお菓子です。
マルメロのジャムが挟んであります。

椿の間の床の間には、熊本の名品が荘られています。

静かな時が流れます。

お茶も熱中症対策グッズの中の冊子の割引券を使わせていただきましたのに、
お茶を喫みましたら、美術館の割引券もいただいちゃいました。


上級者の先輩達が参加されている会で、先月、立礼のお点前が披露されたことを聞き、お稽古でもさせていただけますか?と、お願いしていました。
それが、今日、夏休み前に叶いました。

お軸は、夏雲多奇峰(かうんきほうあおし)

夏雲は高くそびえたち、まるで奇峰が立ち並んでいる様子だと、いうことですが、夏の雄大な入道雲を想像しました。

また、筆の勢いがあって清々しく、滝のような画のようだと感じました。

茶花は最初、木槿と山ごぼうに

貝(ほたて)の香合だったと思います。

床に壮られたのは生徒さんが持ってこられた夾竹桃(キョウチクトウ)が壮られていました。
暑い時に咲く強い花のイメージですが、葉の形が竹に似ていて、花は桃に似ていることから名前が付けられたそうですね。

立礼、濃茶点前


以前お茶を教えていただいていた先生の恒例の山百合茶会、今年は海の日に伺いました。
去年は肋骨骨折で参加できませんでしたが、東京代沢から富士山の麓へ隠居なさっての翌年から呼んでいただいています。
もう、8年くらいになるでしょうか?

お庭で咲くこの山百合を愛でながら、野点でお茶をいただきますが、今年は百合の咲きが悪かったようです。
鹿が美味しいユリ根を食べてしまうことも理由のひとつですが、主曰く、百合の世代交代が行われているのかもと…。

盆地の山梨でも、この辺りは避暑地のはずですが、東京と同様、暑さは半端ではありませんでした。

お菓子のソーダ色の葛饅頭や氷の入った冷たいお抹茶は目だけでなく涼を感じ、とても豊かな時間なのでした。

自由さとセンスが良いのが先生の真骨頂ですが、今年のお点前はガラスのお盆、すいかのお茶碗を取り合わせ。
お点前は盆点のアレンジだったそうです。

ここ何年か水点用の小山園の"泡楽"を使っていらっしゃいましたが、今日は一保堂の"幾代の昔"を使われたそうです。氷が入っても存在感があり、とても美味しくいただきました。

行きはバスタから高速バスで、帰りは富士山から電車に乗ります。
以外にも三連休の最終日の中央高速下りは渋滞の心配はまったくありませんでしたが、
帰りはやはり電車が良いだろうという判断でした。

富士山までの列車、週末だけ運行の新宿から乗り換えなしの富士山号は本数も増えましたし、この富士急もなかなか洒落たカラーリングです。
この駅はレトロな雰囲気ですが、毎年来る度に工夫があるように思います。
それだけ、乗降数も増えているのでしょうね。

百合の茶会 2013


またまた先生におねだりをいたしました。
夏限定、今日は初めての釣瓶水指の扱い、そして、洗い茶巾のお稽古をお願いしました。

茶花は、この季節、元気に育った雑草に混じって凛と白い花をつけて、暑さをひととき忘れさせてくれる花茗荷、金水引、ねこじゃらし。
葉の大きなものは、こんなふうに生けるといいのですね。

これが釣瓶(つるべ)水指。
(楽天 川上商店)

井戸の水を汲み上げる釣瓶の形をした水指です。
釣瓶水指は、武野紹鴎が井戸から汲み上げた水をそのまま水屋に置くために木地で好んだのが起こりとされ、それを利休が座敷へと持ち出したといいます。

木地釣瓶水指は、夏季に井戸から汲み上げた姿として、水に濡らした木地のまま使う習いとなっており、古くは一会限りで使うたびに新調したといいます。

<釣瓶水指の使い方>
蓋を開ける時、まず釜付きの方の蓋の向こうを、右手で少し前に押し出し、 両手で少し出た前方を取り、前に引き出すようにして開け、両手で右方客付のほう の蓋の上に重ねて置きます。
蓋を閉めるときは、開ける時と逆になり、水指を引かずに、柄杓を荘る場合は、 湯がえしせずに、柄杓の合をふせて手の向こうにかけ、蓋置とともに入りの字に 荘ります。

<洗い茶巾>
浅い平茶碗に、水を七分目ほど入れて、茶巾の端と端との対角線を取って、 二つに折り、その端を茶碗の右方に少し出し、その上に茶せんを仕組み、茶杓 を普通にのせて置きます。
茶碗に水が入れてあるので、運び点前でも棗、茶碗と同時に運び出すことはし ません。
茶碗だけを始めに運び、両手扱いで、仮置きします。
棗は右手の掌にのせて、建水と一緒に運びます。
水が入っている間は、茶碗を両手扱いです。
棗、茶杓を清めてから、柄杓をかまえ、帛紗で釜の蓋を取り、帛紗を建水の下座に置き、柄杓を釜にあずけます。
両手で茶碗を膝前に置き、茶巾を上にゆっくりと引き上げます。
茶巾を半分に折り、ひとしぼりして建水の上でしっかりとしぼります。
広げて茶巾をたたみ、釜の蓋の上に置きます。
茶碗を両手で持って、左手で持ち直して、建水に捨てます。 この時、水音が涼しさを感じるように、少し高い位置から2回に分けて捨てます。
水を捨ててからは、普通の平点前の要領です。


花月は5人で行うのがベストだということで、皆さんが揃う月の頭が今回の花月になりました。
先生に「貴人清次付花月はややこしいから勉強してきてね」と、言われ、あれこれと読み漁りましたが、いまひとつわからない。
そこで、始まります前に、
「読んできましたが、よくのみ込めないのでよろしくお願いいたします」
と、おねだりしました。

ある方のサイトを参考にさせていただきますと、このように書かれていました。

貴人清次花月は平花月の薄茶に貴人が入った場合のお点前と考えられると分かり易いと思います。
お稽古でする貴人清次の薄茶ができないと難しいかもしれません。
かといってお稽古の貴人清次とも違いがありますから、このお点前は注意が必要です。

他の花月との違いは
・貴人はいつも上座
・お次は初めから最後まで手をついてひかえている
・貴人茶碗に茶巾・茶筅・茶杓を仕組み貴人台にのせる
 次茶碗に千鳥茶巾と煤竹茶筅を仕組む(炉の時は千鳥板も用意)
・亭主は、折り据を貴人の前に置く時は、貴人畳に踏み込まない
・平花月では、お茶が出された時に折り据を見るが、貴人清次花月では、お茶が取り込まれた時に見る
・平花月では、今出されたお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』を決めるが、貴人清次花月では、次のお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』が決まる。
・貴人が『月』の時は貴人茶碗で、お次が『月』の時は次茶碗・千鳥茶巾・煤竹でお茶を点てる。
・貴人が『花』でお茶を点てて出されると、『月』はお茶碗を取りに行き、貴人に一礼をして茶碗を引く。
・仕舞花(最後のお茶)の時は、折り据を空回し(札を取らない)ですみかけで送る
・貴人が仕舞花の時は、貴人茶碗にすぐに水を入れて茶筅通しし、次茶碗はお湯を入れて濯いでから水を入れて茶筅通しする。
 お次が仕舞花の時は、貴人茶碗にお湯を入れて濯いでから、水を入れて茶筅通しし、次茶碗は、すぐに水を入れて茶筅通しする。

こういうことでございました。

茶花、ジリジリとした夏を感じる木槿が荘られていました。金水引、白の下野。
お軸は、「清流無間断(せいりゅうかんだんなし)です。


今日も4人で花月でした。
お一人いらっしゃらないと花月はお茶を飲んだり、点前をしたりと忙しいので、前回と同じ【濃茶付花月】をすることになりました。

まだまだよくわからないことばかり。
私の覚え書きはあてにならないので、こちら↓を参考にさせていただきます。
【濃茶付花月/風炉】

木槿が荘られていました。ぱっと茶室が明るくなります。
力強さは、これからが本番の夏を感じますが、今日、外は本降りの雨でした。
雨でも着物。
慣れてきました…。

ピンクの桔梗とピンクの升麻
生徒さんがお持ちくださいました。
ピンクのキキョウは初めてみました。

写真は、最後の設え。

花月は足運びが一番の練習だそうです。
足運び


梅雨の中休み。着物を着てお稽古へ行く私にとっては有難いことです。
からりと晴れたわけではなく、梅雨寒を思わせる気温の低い陽気の一日でした。

お稽古は長緒をお願いしていました。
まだ習得したとはいえない状態ですが、今日は手応えがありました。
わからなかった緒の扱いの際、 今日やっと「そうか!」という瞬間がありました。HAHA、でもすぐ忘れちゃうんですけどね。

大海という大きめで平べったい茶入れを使いますから清め方や扱いも異なり、ちょっと戸惑います。

また今日は、引き柄杓をする手を引き過ぎと注意を受けました。親指が切止めに触るくらいの感じを想定して引く。
風炉での見せ所なので、美しくキメたいものです。

風炉 長緒 点前

茶花は、紫陽花、半夏生、金水引が入れられていました。
ハンゲショウが大好きです。姿を見かけると嬉しくなります。

「半夏生には、タコを食べるんですよね」そう言ったら、皆さんにそんなの知らん!と云われてしまったので、その場でググりました。

半夏生は、この茶花のハンゲショウと、
夏至から十一日目の七月二日頃の雑節のことを指しますが、
この半夏生の日にタコを食べるのは、関西地方と言われていて、食べる理由は、稲の根がタコの足のようにしっかりと張って豊作になりますようにという願いが込められているのだそうです。

今年は、7月2日、みんなでタコを食べましょう。


朝からしとしとと雨。どうやら今日、梅雨入り宣言しそうな気配です。

今日は午前中仕事がありバタバタとせわしなく着物を着たので、衿元が決まりません。そんな日はお稽古に行っても落ち着きませんが、自分に言い聞かせてゆったりしたお点前をこころがけました。

今日は、前回の濃茶付花月が、おや?続き薄茶に似てやしませんか??と、思ったりしたので、ちょっと時間が長くなって申し訳ないんですけど、お稽古させていただきました。

先生に「どちらが言うか決めてきたの?」と云われ、「続き薄茶でお願いいたします」はお客様でなく亭主である私が言うことになりました。
外が雨模様なので、「雨脚がひどくならないうちに、続いて、薄茶を差し上げたいと思います。」
と言いました。
先生から「外が雨でよかったわねー」と云われましたが、ほい、ほんまに助かりました。
こう言ったことはなかなかうまいことが言えない質なので、きちんと考えて用意せねばいけません。

茶花は、撫子と擬宝珠(ぎぼうし)
橋の欄干の上にある、玉ねぎをさかさまにしたような 装飾物が「擬宝珠」。  この花のつぼみが 「擬宝珠」に似ていることから この名になったそうです。
花茎の造作の面白さを花材に選ぶのはさすがです。
蕾の膨らんだ様子、こんななんですね。大胆な形はなでしこの可憐さと対照的です。
またまた、お勉強になりました。


お稽古最終週、花月をしましょうということになっていました。
とても久しぶり。残念だったのは、お一人が来られなくなったこと。

折据(おりすえ)に入る木札は全部で5枚。有難いことにこの枚数の5名がお稽古でご一緒させていただいているので、花月をいたしましょうということになりました。
お茶名を持っていない私だけがおみそなのですが、貴重な経験をさせていただいております。

更好棚、地板に水指、前に茶入、真ん中に棗を設えます。
濃茶付平花月。最初は全員で濃茶をいただきます。その後は札を当てた方が三服薄茶をそれぞれいただきます。

水屋でお菓子をいただいて、お先にをしながら折据を回します。
お一人来られないので、三の数字札を抜いて行います。

私は月をひきました。
慣れない正客役、畳への足の運び出しでダメ出しをいただきました。
先輩たちに申し訳ありませんといいながら、何度もやり直しさせていただきます。
どの方向を目掛けて足を進めるかがポイント。最初の角は右足、真ん中狙い左足、定位置は右で入ります。

詳しく説明したブログがありました。

花を引いた人は、最初のお点前の準備をいたします。花の挨拶で帛紗を懐中から取り捌いて腰につけます。
お先にをして座に入ります。

月を引いた私が正客で、最初に濃茶をいただきますがその前に札を引き、花が当たった方が濃茶を練ります。
この時月を引いた方が薄茶をいただきます。

茶花は、しもつけです。

生徒さんから可愛らしい紫陽花が届き、先生が竹の花器に活けてくださいました。撫子とアオイの見事な組み合わせにお稽古中、見とれてしまいました。

いよいよ梅雨入りとなりますが、この時期の晴れ間は大事に過ごしたいものです。

今日は早々に水無月、いただきました。
季節を愛でる♪


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM