我が家から徒歩2分のスズラン通り。小田急コルティに抜ける細い道の角に何が入っても閉店してしまう呪われた場所に、週末は行列するお店が出来ました。
気になって調べてみると、カレー界のカリスマのマハリンガムさんが満を持してopenしたお店だそうです。
でもどうしてその場所が経堂なんだろう?
2月くらいにマツコの番組のしゃばしゃばカレーで紹介されたこともあっての人気らしいのですが、インドカレーでもこちらのはポピュラーなナンでいただくカレーではないのです。
南インド、チェティナード料理専門店。ちょっと聞き慣れないコトバですよね。

チェティナード地方には、その昔、チェティアールと呼ばれる商人たちがたくさんいたそうです。彼らの特徴は外貨を稼ぐために海を渡って外国へ出たこと。主に18世紀の終わりから19世紀の半ばにかけてマレーシア、スリランカ、ミャンマーなどへ渡ったといいます。
そしてそれぞれの土地で親しまれている食文化を持ち帰り、自分たちの南インド料理をハイブリッドさせ、新たな料理をつくりあげた。
裕福な身分だったからか、スパイスをケチらず使ったカレーは、必然的に従来のインド料理の概念を超えたリッチな味わいに仕上がったとさ。魅力的なストーリーを持つカレーは、汁気がなく濃厚一様に濃厚でスパイスがビシッと効いた主張の強いカレーなのだそうです。

そんな解説のあるメニューを拝見しても良くわからない。
スタイリストのアシスタントをしていた大学生の頃、師匠に六本木モティに連れて行ってもらって、バターチキンカレーに出会った時は、とにかく衝撃的でした。エスニック料理がそれほどなかった時代、カレーと云えば母が作るママカレーしか知らなかったわけですから、その違いに驚いたわけです。
そんな記憶をたどって行くと、西麻布に南インドカレーを供するお店があり数回行ったことを思い出しました。確かしゃばしゃばカレーで、いただくのはナンではなく揚げたプーリーというパンとライスでした。
お店の名前は失念してしまいましたが、チキンバターマサラ=インド料理と思った私はそのしゃばしゃばカレーの深みにははまらずに過ごしました。

夫が注文した"ノンベジミールズ"
サンバル(少し酸味のある豆と野菜カレー)ラッサム(黒胡椒の効いたスープ)クートゥ(豆と野菜のポタージュ)チキンドライ(汁気のない鶏料理)アッパラム(豆せんべい)ピックル、ラッサム、ライス、パヤサム(デザート)
シェアしなければ、サンバル、ライスは一回おかわりができるそうです。

単品で、小麦粉全粒粉生地を油で揚げた"プーリー"。

小麦粉を層状に織り込んで鉄板で焼いた南インドでポピュラーなパン""

私は南インドで良く食べられる軽食、ティファンの"マサラドーサ"を注文しました。

少し時間がかかったのは鉄板でクレープのように焼き上げるためだそうです。45cmくらいあったでしょうか?ベトナム料理に似たものがありますが、大きさにびっくりでした。

ポテトマサラを包んだ"マサラドーサ"
サンバルとチャトニ付き。チャトニとはチャツネのことで、すべてを好みの量混ぜていただくそうです。
初めて食べるインドのクレープ。おもしろかったです。

この人気が続き、わざわざ目当てに県外の方までが来てくださるようなお店にになってくださるといいなと、思います。

メニュー。

とっても充実した内容で解説しているサイト


連チャンで渋谷。本日目指すは東急ハンズ。渋谷は100年に一度の大開発最中で昨日は、宮下公園が高架にできるらしい様子を見て、変わる様子にびっくりしていました。
東急ハンズは以前の仕事で本当にお世話になって駐車場によく車を停めました。辺りずいぶん変わったなぁ~。PARCOの駐車場も良く利用しましたが、建て替えられてどんなことになってるんでしょ。

先日、PARCOから渋谷を目指したスペイン坂で、高校生の時に足しげく通った『五右衛門』で、明太子スパゲティを初めて知って、和風スパゲティというジャンルに出会った衝撃を甘酸っぱい思い出として懐かしく感じていました。

今日は、ハンズを出たところにあった良く行ったうどん屋さんやカジュアル用品店が姿を変えていたことを寂しく思いました。昔クワトロがあった場所、今ではメガドンキーですものね。

時間の経過、近頃本当に早いのですが、若い頃はたくさんのものが刺激的で、楽しかったなぁ~。
そんな中、渋谷でも変わらない景観?を残しているのが、今日ランチをいただいた麗郷のあたりです。ちょっと裏の世界をイメージさせて怖い感じさえします。

【麗郷】老舗の台湾料理店。そして、人気店。今でも存在している理由は、味、それにつきるのでしょうね。
写真の腸詰め、絶品ですものね。

夫の好きな"春雨の煮込み"

""五目チャーハン"

"なすのうま煮"
味がしっかりしていて、結構スパイシー。
ざわざわした本場を彷彿する店内、高齢者がオーダーを取って給仕する様子。独特な空気感が漂う魅力的なお店。そんな雰囲気と味を支持するお客様が絶えることなく、長く続くことを願っておりまーす。


母とランチ。「何が食べたい?」そう聞くといつもと同じ「簡単なものでいいの、特にない」そう答えが帰って来るので、何を食べるかは私任せです。
今日は中華かな?そう思って調べてみると、駅ビルコルティの中に1つあることがわかりました。いつも【桂花】に行っているので気づいていませんでした。
写真のランチの黒酢の油淋鶏。見た目も綺麗ですし、一枚を揚げて切ってあるのではなく唐揚げ大になっているのでシェアもしやすく食べやすかったです。味も花丸でした。

こちらの炒めものも味は薄味でしたが美味しかったです。
化学調味料を使わず、野菜にもこだわりがあるそうです。
ごはん、スープ、

点心がつきます。

成城学園前【墨花居】


浅草に来たら、喫茶するならレトロなところと決めていました。下調べはしていたんですが、実際行ってみると、レトロ感よりも寂れ感があったりで結局うろうろしてしまいました。じゃあ、やっぱりデェンジェラスじゃなくてアンヂェラスへ行こうとオレンジ通りに行ったんですが、ないんです。調べてみると昨年閉店していました。建物老朽化によるということでしたが、浅草から昭和がどんどん消えています。
2018年に行ったアンヂェラス

と、いうわけで飛び込んだのが新しくなった芋羊羹でお馴染みの【舟和】
2階のカフェを利用しました。
以前【梅園】に入って、寂れた昭和感に残念な気持ちになりましたが、こうして新しくなるのもある意味寂しいですね。
甘味処イコール和風なイメージでは今、流行らないのですね。

私は"豆かん"

夫は"おしるこ(粒あん)"をいただきました。夫はお餅目当てだったのでほとんど私が食べました。
豆かん、ちょっぴり量が多かったです。

和スイーツには日本茶が嬉しいですね。

舟和webサイト


世の中コロナウィルスの脅威にさらされているというのに、インバウンドの浅草へランチをしに出かけました。

浅草で洋食なら【ヨシカミ】か
こちら【大宮】

小さなお店で一階はカウンター。
2階は12名入ればもう満席になります。
ランチ時は行列必須という店ですから、15分前に到着しました。並んでよろしいのは10分前からとご案内にありましたから、近くの手拭い屋さんを覗きます。

小さな入り口から入ってすぐの階段を上がると2階席です。

ランチセットはスープにライスかパンが付いています。
濃厚なクリームスープは蕪。カプチーノ仕立てなのか?ふわふわとしたのど越しでした。

欲張りじいさんがアラカルトで注文した"Omiya特製カキフライ(オーロラソース)"

本当に特製ですね。とんかつソースやタルタルソースでいただくカキフライとはまったく違います。キャロットラペと一緒にオーロラソースを絡めていただきます。トマトとバター、そしてベシャメルソースで作ったオーロラソースはオレンジがかったピンク色。曙色にちなんで、オーロラソースと呼ばれるんですとか…。

私は評判の鶏肉が実にふっくら柔らかに仕上げてあって、デミグラスに生クリームを入れてバターと粒マスタードで仕立てているようなソースが独創的な"シェフのスペシャリテ 鶏の蒸し焼き粒マスタード "

主人は"ポークジンジャー"を注文しました。しかーし彼、「僕の思う生姜焼き」ではなかったようです。だって、ポークジンジャーですからね。それは当たり前なんです。お醤油感ではなくバター感多しでしたね。
どちらも街の洋食屋さんではないお味。フレンチ仕込みのモダンな洋食。
美味しかったです。ご馳走様でした。

ランチメニュー

斜め前にはこんなお店があります。カレーパンを買い食いするママとお嬢ちゃんがいましたっけ。

レストラン大宮


今日は母を連れて一年ぶりに風月堂へ。
ランチをいただきます。
ここはコスパも雰囲気も良いのですが、カフェのある2階のアクセスが階段なのがいささか厳しい。
でも母、頑張ってくれました。

いつも人気で満席のことが多いのですが、今日は成城石井が目の前の人の行き交う様子が楽しい窓際のお席を確保できました。

迷いに迷って注文したたまごサンドイッチ。ふわふわ焼きたまごのサンドイッチでした。胡椒が効いていて、大人の味。気に入りました。でも次回はミックスサンドイッチにしたいと思います。一人でいただくには一種類、少しもて余してしまいました。

去年もこれ、いただいてました。

セットのケーキ、今日はチョコレートのケーキにしました。一階がショップですからね、いい状態のケーキがいただけるのは嬉しいですね。

風月堂のプチガトー

2019年 成城 風月堂


大晦日から今日まで義母が来ていました。息子である夫は仕事。出かけるのはちょっと大変ですが、我が街経堂からは渋谷までバスが出ているので利用することにしました。乗り換えなしでストレスフリーです。

100年に一度の、大改革の渋谷を見せてあげたい!そう思いました。
夫はやめた方がいいと言ったんですが、行って良かった!義母、大喜びでした。

バスは東急プラザ前が終点です。こちらでトイレをお借りして、新しくなった東急プラザをちょい見し、デジタルハチ公の対面もできました。
こちらは高速バスの発着場所になるそうですね。まだまだ渋谷変わります。

さて、ここからは義母にとってちょっと距離がありますが、頑張ってスクランブルスクエアへ。からだの調子は良さそうだったので、フードショーをぐるりとして、展望できる上の階に行きました。
混雑が予想されるので、義母を座らせ、私は11時オーブンの『つるとんたん』の列に並ぶことにしました。先客3組、オープン前は20組位の行列になりました。
作戦成功!窓際の席にご案内していただきました。
で、眺めが↑です。

私は、一番人気"明太子のあんかけ卵とじ"

母は二番人気"半熟の釜玉うどん"をいただきました。

素敵な眺望におうどんも美味。この通り、笑う門には福来たるでした。


先々週に中華を食べて中華熱が上がってしまいました。久しぶりにランチにお邪魔しました。

"麻婆豆腐"が人気のお店です。
麻婆豆腐はそれぞれのお味ですね。
豆腐の良し悪しもあるかと思います。経堂ではもうひとつ『蜀彩』という店がありますが、あちらはかなり辛いです。こちらは深みがあります。

"ホタテと野菜の甘辛炒め"
大好きなお味。ごはんが進みます。
ランチはごはん、スープ、搾菜付です。

彩雲瑞(さいうんすい)


証券取引所のある兜町にある
『ASAHINA Gastronome』
にクリスマスランチをいただきに行ってきました。

ロブション出身のシェフ出店のレストランで、ロブションランチした5名で訪れました。

本当は10月に予約を入れていましたが、台風の計画運休によりキャンセルを余儀なくされました。

メンバーの都合が合うのがクリスマス付近になってしまい、不本意にノエルメニューをいただく流れになってしまいましたが、気の合う仲間、さすがにミシュラン2つ星の料理長だった方が作られるお料理のマジック、素晴らしかったです。

アミューズブーシェ。
3人分がこんな風に供されました。

"サーモントラウトのタルタル"

"グルヌイユのクリスティアン"

"ゴーフルではさんだリエット"

ファーストインプレッションの演出も驚きと歓喜でしたが、見た目はアバンギャルド、お味や料理の構成はトラディショナルな印象を受けました。仕事の細やかさ、小さな前菜からそれは感じました。
この蝶も食べられる細工です。

バターには「ASAHINA」の文字が転写してありました。このへんのとことんやるところがロブション仕込みですね。

パンは数種ありました。前菜のボリュームさから控えましたが、パンの美味しさも手抜きがあるわけがありません。

"イチョウ蟹 ピュアなトマトのジュレでコーティング 白インゲン豆のピュレを絡めながら"

メニューにTOURTEAU(トゥルトー)とあったので、タルトかと思いましたら、 イチョウガニの仏名で、ヨーロッパのカニといえばこの蟹を指すそうです。
上から見るとイチョウの葉っぱのような形の甲羅をしていることからそう呼ばれるのだそうです。

ロブションのスペシャリテ「カリフラワーのムースに毛ガニのジュレとキャビアのハーモニー」のオマージュのように感じました。
見たこともない景色、そしてミラクルなお味です。
白インゲン豆のピュレと蟹、普段の食卓では想像も創作もあり得ない素敵な美味しさです。

"パテアンクルート お好みの量で"

私は鹿肉をチョイスしました。

メンバー2人はイベリコ豚を。
どちらも伝統的なスタイルですが、お味は濃密でありながら創作的でした。ここまでが前菜。なんとも豪華なランチ。

魚料理
"赤ムツ しっとり焼き上げ蕪のきキャラメリゼ、ブルターニュ産ムール貝の旨味、古代米のリゾット"

お皿のバックスタイル。お魚料理、お肉料理のボリュームが最後までお料理を楽しめる心遣いで助かりました。
丸い葉っぱはナスタチュウムをさらに丸く細工してあるようです。
リゾットとメニューにあったので、ボリュームのあるものを想像していましたが、お魚を美味しくいただける量、しかも古代米の工夫に旨味、至れり尽くせりです。

肉料理
"仔牛ロース 低温調理し、シャンピニオンのヴィエノワーズとそのフリカッセ"
このお皿の彩り、恐れ入りました。
ヴィエノワーズとは、ウィーン風という意味でパン粉の生地を貼り付け、香ばしく焼き上げたもののことだそうです。

"フランボワーズのジュレ シャンパーニュのグラニテと共に"

グラニテはテーブルでサーブされました。お腹の方はかなり窮屈になっていましたが、お口や胃袋がすっきりしました。

"ブッシュ・ド・ノエル 濃厚なチョコレートクリームとフレッシュ感のある紅まどんなを合わせて"
紅マドンナは果肉がゼリーのようになめらかで果汁たっぷりのセレブなみかん。オレンジのようなイメージでチョコレートと合わせたのでしょうか?

濃厚なチョコレートクリームはこんな様子です。しかし、こんな創作的なブッシュ・ド・ノエルとは!想像をはるかに超えました。
さすがに2012年 第63回 プロスペール・モンタニェ国際大会日本代表 スイーツ・デザート部門1位・総合世界3位獲得なはずです。

"ミニャルディーズ"の前にはお好みの飲み物がもちろんお願いできます。私はエスプレッソをダブルでお願いしました。

「ミニャルディーズ」とはフランス語で「可愛さ」とか「上品さ」という意味で可憐さ、上品さという意味もあり、食事のあとのお茶と一緒に出される、甘い小さなお菓子のことをそう呼びます。ちなみに、「可愛い」=「ミニョン」です。
なんと、可愛いお菓子達、最後までノエルでした。
お食事は3時間半に渡りましたが、フロアで給仕される方々のジェントルさもお料理も大変素晴らしかったです。

アサヒナガストロノーム

「ガストロノミー」は1800年代初頭に考え出された言葉で、フランスでもイングランドでも、「繊細な食の術と学」を指すのに使われるようになったということですが
「ガストロノーム」とは、自分の「食卓の喜びについての洗練された嗜好」を深めるだけでなく、それについて書くことによって、他人が嗜好を深めるのも助ける人、とされているそうです。
ガストロノームは、広い意味では美食家。


本当は池ノ上に台湾料理を食べに行きたかったのですが、予約が出来ませんでした。
そこで、近所でどこかないかと探してチョイスしたのがこちらの虞妃。
代々木上原駅東口から徒歩3分。

電話では混み具合でアラカルトもお願いできるとのことでしたが、本日のランチタイムは出されたメニューのみとのこと。
レビューを拝見して、色々いただきたい品はあったのですが仕方ありません。
そういうことでしたので、コースメニューをお願いしました。

『前菜 季節の前菜盛り合わせ』
右から、長芋山椒ソース、干したけのこの辛味煮込み、スパイシーカシューナッツ。
四川料理なのでしっかりしたお味です。スパイシーで創作的な小皿たち、それぞれの食感と香りが気に入りました。

こちらはコースメニューでないランチの単品メニュー。サラダ、搾菜、ごはんが付きます。
麻婆豆腐も担々麺もいただきたかったのですが、評価の高いこちらの『よだれ鶏』を別に注文しました。

取り分けたよだれ鶏。ふっくらと蒸しあげた鶏にたくさんのスパイス、香味野菜、辣油が絡んで本当によだれが出るほど美味しいお料理でした。冷たい料理ですが、ごはんがすすみます。

『スープ フカヒレのスープ 淡雪仕立て』
こんなスープは初めていただきました。
フカヒレ感はしっかりあってふわふわ。しかも味はしっかりしていました。

『魚料理 さわらのチリソース煮』
深い味わいのチリソースで、ずっと食べていたいと思いました。

『肉料理 大山地鶏の豆豉炒め』
味は濃いめですが、お肉のふっくら感がパンチのあるソースに絡んでいます。そしてこの彩り。

『汁なし担々麺』
食べたかった担々麺の汁なしバージョン?ストレート細麺はすでに味がついていますが、粗めのひき肉とザクザクのナッツのたっぷりソースで仕立てありました。

『デザート 杏仁豆腐と黒ごま団子』

カリカリ熱々、黒ごまの餡がとろり。
杏仁豆腐も濃厚で、丁寧なお仕事しているなぁと思いました。
土曜日毎週食べに来たいと思うくらい気に入りました。フォアグラの茶碗蒸しも点心も次回はいただきたいでーす。
またお邪魔いたしまーす。

虞妃(YuiFei)


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM