ジャムをいただきました。

マンゴーと

ラ フランス。
千疋屋の作るジャムですからね。素材が良いわけです。ジャムというよりは果物ですね。
欲を云えばもう少し小瓶であると扱いやすいと思ったら、小さなサイズもあるようです。

千疋屋 究極のジャム


珍しい果物をいただきました。トケイソウのような花をつけるので、まさに今、旬の時期なのですね。小笠原に住む方からいただきましたが、まだまだ東京では馴染みがなく高級品です。

スイーツ業界ではその爽やかな酸味と色の美しさでジュレやケーキなどに使われるようになりました。人からいただいて食べた時その酸っぱさが刺激的でした。栄養価が魅力的なのになじめずにおりましたが、今回は送り主は現地の方なので、詳しく食べ頃や食べ方をお聞きしました。
小笠原で育った娘さん曰く、そこかしこに木があってシーズンになると甘い香りが漂うそうです。それが食べ頃。確かに硬い外皮からトロピカルないい香りがします。
食べ方で一番手軽で美味しいのは半分に切って種もそのままスプーンですくって食べるのがいいとのこと。写真でわかるように見た目があまり良くないのと、過去に口に入れた瞬間あまりに酸っぱくてNGだったものですから、二の足を踏んでしまいました。
しかーし、小笠原のパッションフルーツは甘かった!美味しかった。
送り主のお母様は、沖縄や鹿児島あたりのは酸っぱいとおっしゃっていましたが、きっと私がいただいたのは、そうだったのかもしれません。ですが、酸味が強いものは、皮がしわしわになるまで追熟させると甘さが増すそうです。

パッションフルーツの果肉部分には
体内でビタミンAに変換され、活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守るとともに、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きや免疫力を高める働きのβカロテンがたっぷりと含まれているそうです。
さらにアミノ酸の代謝に大きな役割をもつビタミンB6や、抗酸化作用があり免疫力を高めるビタミンC、それに女性には欠かせない葉酸などをたっぷりと含んでいるというので、もっとポピュラーになったら進んで摂りたいですね。

パッションという言葉から「情熱」という意味をイメージしますが、時計草の花をみてその花の姿形がキリストの受難を象徴する形をしているためにその名がついたそうです。


母を古巣の三軒茶屋へ連れ出しました。
私達も昔住んでいたところなので土地勘があります。三茶はずいぶん変わってしまいましたが、母とも何度か行った銀座アスターでお昼を食べることにしました。
("前菜")

古いビルの2階。車椅子の昇降機が後付けでありました。エレベーターがありません。階段が厳しくなっている母には頑張ってもらうことになりました。
("やりいかとあさりと春野菜の蒸し煮")

店内は、何度がリニューアルしたのでしょう。クロスの白さで、古さを感じることはありませんでした。
("スープ、香の物")

それと、三茶にしては客層がいいのか?落ち着いた雰囲気で、ゆったりと昼食の時間を過ごすことが出来ました。
("緑竹筍と湯葉とずわい蟹の煮込み")

私はいつでも白いご飯が食べたい人なので、お得な"桂花"というランチコースを頼みました。前菜、副菜、メイン、ご飯、香の物、スープ、デザートと、充実の内容でした。メインは4種の中からのチョイスできます。しっかりとした味付けで美味しくいただきました。
("フルーツ入り杏仁豆腐")

母と夫はお店の名前のついた「アスター麺」を注文。人気の品ですね。焼きそばを召し上がっている方も多くいらっしゃいました。

そして店頭にもおすすめとしてあった粽をシェアしました。

バカうまでした。貝柱や干し海老などが入った贅沢なちまきでしたが、その名を『屈原ちまき』といいました。
屈原いうのは何かしら?と話題にすると、中国の武人だと母が言いました。若い頃読物がなかったからといいますが、物識りです。

Googleさんで調べてみると、『屈原』とは
中国の伝説では楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原が入水自殺した後、民衆が弔いのためのほか、魚が屈原の亡骸を食らって傷つけないよう、魚に米の飯を食べさせるため、端午の節句の日(端午節)にササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源とされる。このため、中国などで端午の節句に食べる習慣がある。(Wikipediaより)

悲劇の英雄の逸話が粽に結びついているなんて、今まで知りませんでした。中国ではこの屈原の命日が端午の節句だそうです。日本は平安時代に厄除けのために粽を用意するようになったそうですが、端午の節句と云えば柏餅。関東では馴染みのないちまきはいつしか甘い菓子として工夫されたようです。
中華ちまきも餡の入った日本のちまきも美味しいですね。

三軒茶屋 銀座アスター


ホワイトデーのお返し?に千葉君津産のたまごをいただきました。
アローカナというんだそうです。
南米チリ原産のニワトリの品種で、烏骨鶏以上に注目されているそうです。

普通の卵の約2倍のレシチンが含まれていて、他にも、ビタミンB、ビタミンEがとても豊富に含まれているそうです。

黄身も白身も弾力がありしっかりとしています。
殻の色は薄い水色をしています。
「卵かけご飯」で、食べてみてください。と、言われましたので、いただいてみました。(にんまり)ウマイ!

モカちゃんのパパ、ご馳走さまですm(_ _)m


今日はイベントが2つありました。
ご馳走もダブル。
夕方からのイベントは知り合いの息子さんの結婚披露宴でした。場所はホテルオークラ。

写真は、"帆立貝のムースリーヌ、トマトソース添え"に続く前菜
"フォアグラパテドカンパーニュ クリームチーズのガトー仕立て"のお皿。

実は披露宴ですから料理のお写真などはしたないと思ったのですが、
お皿の中のハートが可愛らしく、思わずパチリ。

フォアグラのガトー、大好物の味でした。最近は、こんな風にフォアグラをケーキのように仕立てるんですね。そして、あしらいはハート。

近ごろ、披露宴にお呼ばれすることなんてないんですが、20代の時、こちらオークラの披露宴に出席したことがありました。その時の記憶は遥か彼方。しかもいただいたご馳走は伊勢海老のテルミドールくらいしか覚えておりません。

今回、宴の全てが素敵だったんですが、お料理が素晴らしかったですね。
写真の前菜に続く"オークラ伝統のコンソメスープ"がお皿に注がれた時、ライティングの暗くなったテーブルで、ロゼ色にキラキラ光るスープにわたし、「きれいですね」と給仕してくださる方に発してしまいました。

さて、コンソメスープの後は、"真鯛のソテーにオマール海老とアスパラガス"のお魚のお皿を蛤の旨味たっぷりのクリームソースでいただき、
"レモンシャーベットとハイビスカスのグラニテ"で、お口直しをすると、

会場内にローストビーフが登場。カーヴィングサービスで切り分けられると、すぐに席に運ばれました。
"国産牛のローストビーフ 温野菜と西洋わさび 和風ソース".
これが凄かった!いやぁ〜、マジ超絶美味でした。

実はひと月前、こちらのホテルでパーティーがあった時、ローストビーフいただいているんですが、今日のような感動を抱いた覚えがないんですね。
他でも美味しいと言われるところでいくつかいただいているんですが、一度もローストビーフが美味しい!と、思うことはありませんでした。

今日は本当にホンモノに出会えたんですかね。ローストビーフが人気で美味しいという神話が、ようやく理解できた一瞬でした。
ピンク色をしたそのお肉は、質のいい、旨味のあるお肉の香りがしました。柔らかでジューシー。本当に美味しかったです。

宴のデザートは、やっぱりハートのあしらいでしたよ。
"苺とピスタチオムース ヨーグルトシャーベットとベリーを添えて"
最後はコーヒーと小菓子。正統派でありながら現代風にアレンジされたグレードの高いフランス料理いただきました。
さすがですね。ホテルオークラさん。

ローストビーフはレストランフォンタナでいただけるようです。


青森県産『こみつ』
生産者が極めて少なく「幻のりんご」と呼ばれています。

小ぶりながらも、 芳香な香りをあたりに漂わせ、断面積のおよそ7割〜8割が蜜を占めます。酸味と甘味のバランスが良いです。

5mm位の輪切りにして、皮ごといただきます。あまい‥。


唐津のみかん、
美味しいの(*^ー^)♪

小粒で剥かなくても食べられて、程よい酸味がありながら甘い!
佐賀県では有田が有名ですが、県内では美味しいと評判だそうです。


ある方から美味しさを聞いていました。
でも、とはいっても、わざわざ買いに出掛けるには、芝公園は遠すぎる、そう思っていました?

道に迷ってたどり着いた東京タワー。
これは何かに導かれたと思いましたね。
ですから、寄らないわけにはいかないと思いました。だって、このあたり、ほとんどご縁のない場所です。

以前こちらが出来た時に食事に来たことがあります。
あれから何年経ったかな?
この地にまだあるということ、それは支持があるということでしょうね。

ぶっとい青竹に入ったお豆腐。970円なり。
お豆腐にしては高いでしょうか?いえいえ、4丁分くらいある感じですよ。

これはわざわざでも購入したい旨さでした。
なめらかでほんのり甘くて…。
薬味やお醤油がなくてもいただけます。

お店は風情もありますしね。

ショップに寄った後はお庭を拝見させていただきました。

で、見上げると東京タワーです。
夜、美しいでしょうねー。


大量に作ったはずなのに、毎日食べるヨーグルトに入れるので、最後の一瓶になっていました。
ルバーブの旬は5月から6月らしいですけど、10月までは生産されているらしく、セーフでした。
一袋500g500円なり。4袋買い求め、ジャムを作りました。
きれいに洗って、2cmくらいに切り、1kgより少ないグラニュー糖をからめ一晩置きます。火にかけ、ルバーブが、崩れてくるくらいまで灰汁を丁寧に取りながら仕立てていきます。
あかーいきれいな色に仕上がりました。
涼しくなった秋にもう一度収穫されるルバーブは酸味が少ないものが多いということですが、どうでしょうか?


週末を八ヶ岳で過ごすつもりでしたが、大型の台風が東京に上陸するというので、予定を変更して泣く泣く東京に戻ることにしました。
朝から雨でしたが、わんこ達のお散歩はしっかりしたので、かんにんです。
そして、私達もそれでは高原野菜でも買って帰ろうと、ビーナスラインにある【たてしな自由農園】へ寄りました。

松茸に目がない夫。
見つけちゃいました!

贅沢に全部使って、秋御膳です。
今年、松茸、豊作だそうです。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM