梅雨の晴れ間、自粛しながら楽しみたい。あれこれ考えて町田に行くことにしました。なぜに『町田』か?それは我が街「経堂」から小田急線で乗り換えなしで行けること。実は今、夢中になっている本があって、移動中の中で電車内で読書したいというのがありました。
2つ目、うーんと前ですが、私の頭をやってくれている美容師さんが、町田の甘味処のパフェを食べるべし、と教えてくれて気になっていたこと。
3つ目、写真の焼き小籠包の店に行ってみたかったこと。どちらの思いもかれこれ3〜4年思いを寝かせてしまっていました。
町田は横浜に行った時に乗り換えで利用した以外本当に未知の街。とにかくとても都心から離れたイメージがありますが、小田急デパートやLUMINE、109に東急ハンズだけでなく、商店街もかなり充実。いつも急ぎ足で通り過ぎるだけでしたが、古着屋さんもたくさんあるらしく、とっても楽しく街ぶらができるところでした。
私は歩いている最中の出逢いがこの上なく好きなのですが、茶道具を扱う『宝永堂』で開催中の蔵出し展に遭遇し、なかなかおめにかかれないお宝を拝見することができて、やっぱりお散歩はサイコーと思うのでした。
宝永堂

さて【小陽生煎饅頭屋】ですが、「しょうようせんちんまんじゅうや」と読みます。町田駅前通りのこの魅力的な昔懐かしい仲見世の入口にあります。この仲見世はとても素敵です。屋台店や行列のラーメン店、金物屋さんなど、とにかくその風情にひかれます。

開店は11時からで、少しふらふらしてしまったら軽くもう人が並んでいました。店の横のカウンターでいただくのが本当の美味しさがわかるのだと思いましたが、テイクアウトさせていただきました。
卵を入れる紙のパックのような入れ物にに入れてくださいました。きっとプラにしない秘密があるのでしょう。
一個100円は良心的ですね。残念ながら揚げ焼きの皮のカリカリ感は味わうことができませんでしたが、モチモチの皮の食感、ジューシーな具材、これはもうリピートしたい美味しさでした。
コンパクトながら楽しい町田、モディに入っていた着物の「やまと」の新ブランドは若い方ターゲットですが、新しい着物のかたちを勉強することができる場所なので、小籠包買いがてらまた覗いてみたいです。
なでしこ

参考にさせていただいたブログ、パフェのカフェ中野屋さんもご案内があります。


シフォンケーキの分量がまた頭に入ったので、気軽に作るようになりました。ステイホームのおかげです。
今日は冷蔵庫にあったクリームチーズを室温に戻して50g、水分は50cc牛乳にして作ってみました。

切り口はこんな感じ。チーズ感はほんのり。プレーンシフォンのちょいバリエーションバージョンなり。

材料の分量はこちらから


先日作った夏みかんの蜂蜜漬けでシフォンケーキを作ってみました。
漬け込んで出来たジュースと果肉を入れる以外、いつもと分量、作り方は変わりません。

果肉が入ったからか?大きな気泡ができました。食感が少しもちっとした爽やかな仕上がりです。

夏みかんの蜂蜜漬け

シフォンケーキ基本


夏みかんクッキング第2弾、今日は蜂蜜漬を作ることにしました。8個をひたすらムキムキ。煮沸消毒した瓶に入れ、蜂蜜も適宜入れ、出来上がりです。

こんなふうな仕上がりです。

最後の4個は、皮を少し厚めに切って、水は加えず果汁だけを煮詰めたマーマレードを作ってみました。20個の夏みかん、しっかり使いきりました!


茅ヶ崎の先輩から「夏みかんはいかが?」と、メールをいただきました。
柑橘、と、いうだけで、口が酸っぱくなっちゃう方ですが、マーマレードが大好き!
「是非お願いします」

と、翌日届いた20個の夏みかん。

早速、その日の夜、作業に取りかかりました。さてと何個をと、とりあえず7個の美人さんをストックの瓶に間に合うと予測して、マーマレード作りにとりかかりました。
先輩に腱鞘炎になったというお友達がいると知らされていました。
なるほどと思った瞬間は、皮の白いところをこそげおとし、5個目を千切りにしていた時でしょうか?
終わらない作業にため息が出たほどです。
しかーし、何事も下ごしらえが大事です。

果肉も使います。

房から出しておきます。

千切りにした皮を3度ゆでこぼし、一晩水にさらしておきます。

翌日、果肉、水気を絞った皮の量を計り、砂糖を用意します。鍋にひたひたの水を入れ、とろみを出すために取っておいた種を袋に入れて中火にかけます。20分。

果肉、皮は7個で3kgありました。量が多いので、長期保存ができるように8割の分量の砂糖を3回に分けて入れ、10分ずつ加熱、少しとろみがついてきたら出来上がり。煮沸した瓶にすぐに入れていきます。
大、中15の瓶のマーマレードが出来ました。


ここのところやたらと早く起こされています。早々にワンコのサービス長散歩、母の施設への訪問(今日は特別にガラス越しの対面ができました)などなど大方のことを終えてしまいました。買い物を済ませた後の時間がひるげに丁度良い時間になりました。
ステイホームになってから、テイクアウトの店になってしまった南インドカレー店【スリマンガラム】こちらの『チキンビリヤニ』が気になっていたので、今日いただくこととしました。他のものはないのにも関わらず軽く列ができていました。

しかし、このみかけがワイルドです。そしてチキンビリヤニは軽く2人分のボリュームでした。金魚すくいの金魚のようにビニールに入れられ結ばれたものは、カレーとライタというヨーグルトサラダです。
いゃあ〜、美味しゅうございました。以前お店でいただいた時も慣れ親しんだ味ではないDeepなものとの印象でしたが、このチキンビリヤニもやはりそうでした。
チキンは骨ごとゴロゴロ入っています。木片?葉っぱ?という形態のスパイスが、同じく長粒米の間から現れます。この長粒米もインドの高級米「バスマティ」を使用するというビリヤニの定義に忠実かもしれません。
これはUber を利用していただく価値ありです。近隣の皆さま‥。マトンもあります。

3月のスリ・マンガラム


シフォンケーキ、型外しリベンジです。先日抹茶が届きましたから今日は抹茶のシフォンケーキにしました。
卵4個は変わりません。オーブンは170℃に温め、卵黄、卵白に分け、卵白は冷凍庫で冷やしておきます。
卵黄に砂糖30gすりすり、サラダ油大さじ3まぜまぜ、豆乳70ccまぜまぜ、薄力粉75gに抹茶5gふるいながらまぜまぜ、(抹茶生地は重たくなるので、豆乳は少し多めにします)卵白を泡立てに砂糖40g入れてメレンゲを作り、さっくりと卵黄生地に合わせ型に流し、型をストンと落とします。竹串で生地に円を三回描きます。コレ、気泡をなくすちょっとしたポイントです。温めたオーブンで30分焼きます。

今日もしっかり膨らみました。ふわふわです。
でも型抜きはてっぺん、少し失敗しちゃいました。リベンジは続きます。
今回型抜きに新たな動画を見つけ参考にしました。シフォンケーキナイフが原因かと思いましたがそうではなさそうです。ナイフの方向も間違ってはいませんでした。要するに、テクニック不足ということです。これも繰り返しやってみましょ。やっぱり、慣れよということです。
今日は下の動画を参考にしました。
型を横にして回す村越シェフのやり方を初挑戦しました。てっぺんはクオカのやり方が好ましいかもしれません。




前回の豆乳シフォンケーキ


6日の日、スーパーでらっきょうを見つけました。旦那さま、甘酸っぱいのではなく、塩らっきょうがお好みなんですね。
時間はいくらでもあります。作ってみることにしました。
1/4の量で、賛否両論の料理人笠原将弘さんのレシピを参考にさせていただきました。

漬けてから3日目からいただけるとのことでしたが、7日目の今日はさらに味がまろやかになって美味しくなっていました。旬の味、季節の花は瞬く間に移ろいでいますが、こんな時だから楽しみましょ。


久しぶりにシフォンケーキ、作ってみました。バターミルク入りのパンケーキミックスを使って‥。シフォンケーキは朝ごパンみたいに食べていた時期があって4日に一度位に作っていて、分量は頭に入っていたはずでしたが、忘却の彼方でした。ダメですね。近ごろ覚えていたことはすっかり忘れています。

卵4個を使います。オーブンは170℃に温め、卵黄、卵白に分け、卵白は冷凍庫で冷やしておきます。
卵黄に砂糖30gすりすり、サラダ油大さじ3まぜまぜ、豆乳50ccまぜまぜ、薄力粉80gふるいながらまぜまぜ、卵白を泡立てに砂糖40g入れてメレンゲを作り、さっくりと卵黄生地に合わせ型に流し、温めたオーブンで30分焼きます。

オーブンから出したらこんな風にさかさにします。そして、すっかり冷めたら型から外すのですが、作りの作業はすぐに感覚が戻りましたが、型外しで大失敗してしまいました。
いくつか型から外すレクチャーがYouTubeに上がっていたので、次回は参考にしてリベンジしたいと思います。
実は今回、シフォンケーキナイフを使ったことが失敗の原因です。逆向きに使ってしまったかなぁ〜?トホホ。

イタリアンプリンを作る際にゼラチンパウダーはなくリーフを使いましたが、ホットケーキミックス、薄力粉、などのケーキ材料の売り場、空っぽですね。


?


ステイホーム中のおさんどんを軽減してあげようと夫が気を利かせ、パン購入先の代々木のDONQでお惣菜を買ってきてくれました。
今日のお夕飯です。
ちまたではデリバリーやテイクアウトの需要が高まっているようですが、感染リスクを減らすことは、世のお母さま方の家事労働を確実に増やしていて本当に大変だと思います。
しかしながら都心部の人手の減少は周知の通りですが、生活の場、住まいの周りは人が減ったようには思えません。逆に休業やリモートワークによって普段いない人が居る、という状態に陥っているように思えて仕方ありません。

"緑の健康30品目サラダ"

ドレッシングは2種類からチョイスできるそうです。

"ハンバーグデミグラスソースきのこ添え"
家庭では作れないお味でした。

"粗挽きジューシーミンチカツ"
肉にくらしい食感のメンチカツ。ソースを付けずにいただける仕上がりでした。

"シンプルなじゃがいもコロッケ"
コロッケは揚げたてが一番なのですが、170℃で10分220℃で5分、オーブントースターで焼くといい感じになります。なかなか美味しいコロッケでした。

代々木にあるDONQはイートインがあるという夫の話でしたが、調べてみるとこのお惣菜、RF1のもののようです。(^-^;
どうやらDONQとコラボした新しい様式のお店な感じです。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM