あっという間でしたが、昨夜のラグビーワールドカップの快進撃テレビ観戦を含め、お天気にも恵まれ、リフレッシュできた八ヶ岳滞在でした。

今朝の蓼科高原の気温は7℃。手袋が必要なほどの昨朝の寒さよりは暖かく感じましたが、霧であたりは真っ白。しとしととしていました。

山荘を後にする頃には晴れ間さえ見えてきましたが、お約束の農大芝生広場はぐちゃぐちゃでしょうと、蓼科湖にやって来ました。

前回はプレオープン中だったURBAN RESEARCH経営のtiny gardenが営業を開始していて、色づき始めた蓼科湖に彩りを加えていました。

テントエリアもさすがに洋服屋さんがする業態なので、実にいい雰囲気です。

こんなものもお洒落です。

近くのお散歩エリアが素敵に姿を変えて行くのは嬉しいな♪

次回はカフェ利用を絶対実現したいです。

『Tiny Garden』


権現山運動公園での散歩の後は、夕方のお散歩も兼ねていつも行く女神湖へ。
バックに見えるのは蓼科山です。少し禿げているのが、天空テラスのある御泉水。いつもと変わらぬ風景ですが、本当は四季折々違う表情をしています。逆光で写真撮影ができなかったりする山バック、今日は撮れました!

標高1,540m。

色づきを見せています。

ななかまど。

記念写真をパチリして見ましたがお陰様で私の顔が真っ黒でした。


美ヶ原高原美術館を後にした時、すでにお昼を過ぎていました。霧ヶ峰高原で私達は昼食をとりました。霧ヶ峰はグライダーが飛んでいたり富士山が見れたり、また違う山の景色が楽しめました。
景色に引き寄せられたくさんの車好きやバイカーがここを目指して来るようです。
私達は今回の短い滞在を今日という日に焦点をあて、行ったことのない権現山運動公園という場所に行くことにしました。
山荘のあるのは蓼科と呼ばれるところですが、いる場所は立科町と言い、公園はその町にあるというので向かったのですが、山は広大でちょいとそこまでという距離ではありませんでした。

でも犬たちは到着すると、新しい場所に大興奮です。

眺めの良さが何よりの魅力。甘夏さん、ぐいぐいと先頭を歩きます。

楽しそうな遊具のある児童公園。

甘夏は笑顔でアイコンタクトです。

小梅も嬉しそうでした。これが私達の元気の素。犬のためでもありますが、知らない場所に行き、知らない景色に出逢うのは私達に刺激を与えてもらえます。

こちらには権現の湯というのがあって、地元の方のいこいの場でもあるようです。

権現山運動公園


牛伏山での散歩は難しかったので車で5分ほどの美ヶ原高原美術館に向かいます。さすがに標高が高いので快晴ですがひんやりしていました。だいぶ前になりますが、亡くなった母と春に来てとても寒かった記憶があります。ここは雲の上なのです。

フジサンケイグループが経営する美術館は良くその映像が流れています。女子アナブームやお笑い番組、ドラマで一時期は民放のトップだったことがありました。

経年劣化が少し目につきましたが、彫刻が置かれているエリアはうちのワンコが楽しい初めてものがたりになりそうです。

果たして犬とお散歩が出来るのか?
良かった!園内にある屋内エリアはNGでしたが巨大な彫刻を見ながらお散歩が楽しめるようです。

ここがスタート地点。チケット売り場は2階にあって、人間1人1,000円わんこ1頭100円と館内には入らないとの誓約書を記入してエチケットバックをいただいて入場します。

日常と違う雰囲気に足取りも軽やかになります。

駐車場から見える景色はこんな様子でした。

さあ、ここから

快晴で良かったぁ〜。

この画、テレビで見たことありました。

水飲み場も洒落ていました。

この作品、"愛のモニュメント"というタイトルだそうです。青空にオレンジ色が冴えます。

この作品にも惹かれました。

建物には入館出来ませんが、おおきな彫刻たちとなぜかこの館の風景が面白い。

インパクトがあります。高原に彫刻、不思議な感じもしますが、写真にするとなかなかなもんです。

何か引き寄せられたようです甘夏さん。

高地からでなければ望めない雲海。

山々。肉眼で見る風景は壮大です。

歩きがいもありました。

ごきげんの小梅ちゃん。

天高いところにこういうシンボリックはものは映えますね。

良いお散歩コースになっています。

わんこにはどんな景色に見えるんでしょう?

でかい!

アップダウンもありましたが、高齢甘夏、そして私たちも頑張りました。

こんな現代的な作品もありました。

このシマウマなおしりも面白い画でした。
一番いい季節に行けたのかもしれません。
開館は11月10日まで。
紅葉が深まった後は、ビーナスラインが閉鎖されます。

美ヶ原高原美術館


1ヶ月半ぶりの八ヶ岳。ご高齢のためこのところボール遊びはおあずけなので、この通り山girlの甘夏さんご満悦なんですが、

おしりを追っかける我が家のわんぱく坊主が背中に乗っかって邪魔をします。

一方、小梅ちゃんはその様子が嫌なんですね。でもお山に来たら違います。ルンルンになりました。
私たちもこの空気久しぶりに感じてリフレッシュしたいと思います。


最終日、朝。芝生広場。私たちだけです。

みんなここが好き!

近くになると、車の中で騒ぎ始めるから不思議です。それくらい好き!

今日は食堂がopenしたようなので覗いてみました。

いいですね。easyな内容。

こちらでお願いするんですね。

食券を買ってからですね。

以前はクラフト市とかに使っていた場所がeatスペースのようです。
夏休みということもあるんでしょうが、かき氷やフローズンドリンク、プリンの新商品が外のテントで売られていました。お野菜の販売所も盛況でした。
今年は黒豆の枝豆が旨い!買って帰りました。

直売所便り


何度となくこの場所を訪れています。いつもなら正面に見えるこまくさ橋を渡ってお散歩を楽しむのですが、とにかく暑かった!と、いうわけで木陰を選んで歩みを進めました。

右方向に水辺があるんですが、子どもたちが遊んでるところに甘夏、迷いもなく仲間入りしてしまいました。

叱られるどころか、なでなでしてくれる子どもたち。

小梅、茶豆も入水です。よっぽど暑かったんですね。

甘夏はこういう時に問題行動がないコなので、皆さんに愛されます。

大変お邪魔さまでした。

大田切川付近ゆえ、散歩道には水辺が幾つかあって、そのたびに入水。

本当ならここで遊ばせたいところですが、こちらの命の危険を感じますゆえ川沿いを歩きます。

茶豆にもこの景色は魅力的なんでしょう。

川沿いは木陰で、水のある景色を楽しみながらお散歩できます。

土石流の小山の散歩道。

最後にまたお邪魔。

小梅が積極的に水に入っていったのにはビックリしました。今回は甘夏高齢のため川遊びは封印したので、いい機会に恵まれました。この浅瀬は最高の遊び場でした。
皆さま、お邪魔さまでございました。

2013年6月の記事
2018年5月の記事


主人がSNSで見つけた犬と一緒に食事ができるレストラン【明治亭】
以前、駒ヶ根IC店に入ったことがあるお店でした。お昼ご飯の時間にはずいぶん早かったはずですが、お盆休み中&振替休日ということもあってか?店先は長蛇の列でした。

ソースかつ丼が有名なこのあたりですが、瓶に入ったソースかつ丼のソースはこの店特製なようで、直営店という理由からなのか?超人気店です。

様子がわからないので、レジにいるお姉さんに犬がいる主旨を話し、どこで食べれるかを聞くとこういうことでした。
レジでメニューを見て注文し支払いを済ませ番号札をもらいます。お弁当はテラスにいれば届けていただけるとのことでした。

店頭から左手にあるテラスを降りていった席がこちら。店内からは地下になる場所。せせらぎの水の清涼と上のテラスのおかげで暑さを全く感じませんでした。

届けていただいたお弁当はこちら。

『味の真剣勝負 人生勝丼』

お弁当を侮るなかれ、美味しいソースかつ丼でした。この場所は私たちとワンコにとっては有難い存在で、回りを気遣いながらでなくゆったり食事できたことは何よりでした。飲み物は持参するのが正解です。

笑顔で、

大満足。

駒ヶ根IC店の記事
明治亭 中央アルプス登山口店 食べログ


信州長野にはたくさんの観光スポットがありますが、常に犬を同行している私たちは犬と一緒に行ける場所が優先してしまいます。その中でちょっと足を伸ばして行く駒ヶ根は数回訪れている場所です。一番最初に行ったのは忠犬早太郎伝説のあるここ光前寺を目指して来ました。

早太郎の他にも光苔や三重塔と見処が多く、いつだったか夫の母と庭園を見ながらお茶をいただいたこともありました。
この仁王門の前で撮った写真を飾っていますが、夫と甘夏が写っています。10年以上経過して尚来たい場所なのは、魅力があるからです。

この参道、山の神が仏様と共存しているように感じます。

茶豆もこちらが気に入ったようです。
夏の苔、美しいですね。

いいお寺です。

ワンちゃんと一緒にお邪魔できるのも嬉しいのです。本堂でのお詣りはひとりひとりさせていただきます。

その後は高齢甘夏にはぜったいに飲ませたい左手の延命の泉へ。

私たちもいただきました。美味しいお水です。

県宝 三重塔。

右奥に早太郎像。

光前寺自然探勝園として

境内を散策することもできます。

去年は5月にお邪魔していました。


甘夏には八ヶ岳での仲の良いお友達がいます。同じラブラドール、同い年のゴンちゃん。朝の散歩の時に会えないので、近くのハナちゃんのママに聞くと、足が悪くなって散歩は家の周りになってしまったと言います。一度目はお出かけでしたが、夕方の散歩の時に訪ねてみました。
パパさんがお家からゴンちゃんを連れて来てくれました。

ゴンちゃん、甘夏に気付いたようです。

甘夏も気付いて立ち上がりました。

再会。

(love)

甘夏も嬉しそうです。

私たちも嬉しい時間でした。

12歳。寂しいと思う時間も増えてきますが、まだまだ笑顔にしてくれる方が多いはずです。また会おうね、ゴンちゃん。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    小池夏美
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    平井佳織
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    梶川翔平
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    武田信玄
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    林試の森公園
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    栗山裕貴
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    田中日奈子
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    和田堀公園
  • 小梅6歳のお誕生日
    kisetsuomederu
  • 小梅6歳のお誕生日
    ヒーローママ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM