友人を訪ねて横浜へ向かいます。
ランチタイムのお楽しみ、今日はどこにしようかと、行きの電車でググります。
友人の家の近くには、ワシントンホテルがあって、そこではブッフェランチがいただけるよう。
でも、友人と妹さんがのってくださったのは、スペイン料理の方でした。
関内駅南口からは徒歩5分。
横浜球場の公園が途切れたところで左に曲がり到着しました。【カサ・デ・フジモリ】

看板にあったランチは5種類。
そこから3人ともが選んだのは、スパニッシュオムレツがのった、日替りランチでした。今日のメインはミルフィーユカツレツ。
とびきりの美味しさというわけではないけれど、異国情緒あふれる店内と、リーズナブルなランチ価格。内気なイケメンのウェイター、気に入りました。

ランチにしてはボリュームのあるサラダと、

ソパデアホのようなパンの入ったスープ付。
200円コーヒーは、ちょっぴり残念でした。

次回はこのスパニッシュランチ
「壺入り マグロとポテトのシチュー"マルミタコ" 1450円」
「壺入り ポークとチョリソ、白いんげん豆の煮込み 1450円」
が気になったので、食べてみたいと思います。

カサ・デ・フジモリ ランチ


関内にお引っ越ししたお友だちを訪ねます。
関内付近を知らない私でしたが、彼女はこのふた月で、住民さん達からの情報も得て、辺りを探索している様子でした。

お家の近くでランチをしましょう!とヒットしたのが、
ギリシャ料理の【スパルタ】さんでした。
彼女もノーチェックだったので提案に乗ってくださりました。

スパルタさんは、伊勢佐木町の駅よりも関内の駅に近い、伊勢佐木モールのおいしんぼ横丁にあります。
関内駅北口からもすぐの伊勢佐木モールなるストリートはとっても魅力的で、懐かしい空気が漂っていて、なんだかワタクシ、
ひととき旅人になりました。

ホームページを見て、ムサカを注文するつもりでしたが、ひき肉だけでなくパスタも入った重ね焼きは、sold out(ToT)
ならばとチョイスしたのが、
写真のトマト ピーマンの米 ひき肉詰めの《イェミスタ》です。

トマトのひき肉はもしかしましたらマトンです。

ピーマンの方がくせが少ないように感じましたが、こんな様子でごはんとひき肉が詰められています。

スパイスとレモンが使われているからでしょうか?ギリシャ料理は日本人にも親しみやすい味ですね。
トルコ料理にも近いです。

サラダと

スープ。

ふかふかで焼きたてのパンには、今日はフムスに似たペースト付きでした。
タラモペーストの時もあるとかで、こちらは行った時次第で変わるようです。

コーヒーなどの飲み物も上記のパンやサラダ&スープもお好みでのセットが可能で、
全部お願いしても、なんと、850円!と嬉しいお値段です。
ランチメニューは、他にも幾つかあり、種類も豊富でした。

ギリシャのデザート《バラクバ》はくるみとアーモンドとハチミツの濃厚デザートなのでシェアして頂きましたけれど、600円也。

地中海気分を1000円ちょっとで味わえるリーズナブルさは、女性客に人気のはずでひき肉とパスタの重ね焼きの《パスティチョ》が売り切れなのもうなずけました。

店内は、明るくて、エーゲ海を感じる造り?

スパルタは、なんと!日本で1番古いギリシャ料理店なんだそうです。

スパルタ


横浜で詣でる場所、よくわかりません。
「横浜 初詣」と検索しましたら“伊勢山皇大神宮“と、磯子にある“岡村天満宮“がささりました。
ガールフレンドにプレゼンしたところ、こちらのリクエストが有りました。
在住30年の息子さんは外資にお勤めなのであまりご縁がないのかもしれませんが、一度行ったことはあるとのこと。
三が日を過ぎてもたくさんの参拝者でしたから、近隣の方々が来られる場所なのだと思います。

桜木町から徒歩10分、ランドマークタワーとは反対側。JRを降りたら紅葉坂を目指します。
道路標識にご案内があるほど、またJRの高架には、ギャラリー名にもなっていることからこのあたりでは名の知れた場所のようですが、それまで逆側にはまったくご縁がありませんでした。
やはり、知っているようで横浜、まだまだ知らない世界があります。

音楽通りを過ぎたところを左に。
坂をさらに進みます。紅葉坂という名の通り、急な坂です。

ご覧のように本殿へたどりつくまでも階段でした。
GFには少々きつい道のりだったかもしれませんが、磯子にあるシンガーのゆずの壁画があるという“岡村天満宮“の方が厳しい坂だったようなので良しとしましょう。

普通にみなとみらいあたりを歩いていてはわかりませんが、横浜、坂ばかりなのです。

伊勢山皇大神宮

行ってみると、お勤め人が大変多く、ご祈祷の列もずいぶんあったように思います。
お詣りの列、随分ありましたが、スムーズに詣でることができました。

巫女さんの姿、久し振りに見ました。
いにしえの風景を想うのは私だけでしょうか?

神道の参拝は、二礼二拍手一礼。
最後の感謝の礼の時は、誓いをお伝えすること人生の先輩である連れに教えて頂きました。
参道の端を歩くことや手水台で手や口を清めること。
正しい参拝の仕方はいくつかのお約束があります。
参拝の仕方

高台の神社からはこんな風景が望めました。

そして今年初のおみくじ、引かせていただきました。
ちょっと変わり種。
おお、これが進化しているおみくじか!と、神社の工夫なるものを体験。

六角形でデザインも可愛らしく、これは女子のハートを揺さぶります。

裏はこのようになっていて、ご案内通りに矢印方向に引きます。

その1 「関東のお伊勢さま」”伊勢山皇大神宮”の
簡単な説明が右側にあります。

その2 左側には、おみくじが差し込んであります。

その3 もう一つめくると、右側、厄年表です。

その4 左側のポケットには、こんなチャームが♪
12種類の縁起物のお守りのうちのひとつが入っているというお楽しみの工夫。
私の当り矢は、「幸福到来 一願成就」
開運招福、お財布に忍ばせておきましょう♪♪


横浜、ワールドワイドな街。
映画でギリシャの風景を見て、無性に週末あたりから、フムスのサンドウィッチが食べたくなった私。
連れにその胸の内をあかし、捜してみました。

ひよこ豆のコロッケ“ファラフェル“とフムスを入れてピタパンに挟んだサンドウィッチ
中近東料理なんですね。

各国の料理に興味があった頃は、なんでも作ってみたくて挑戦しましたが、
フムス、何が入っているか曖昧になりました。
調べてみた時に、最近、アン・ハサウェイがよく食べていると、何かで言ったとかで、
スーパーフードとして注目されている記事を見つけました。

確かに、ひよこ豆、ニンニク、ゴマペーストなどと、からだによさそうです。

フムスペーストは昔、広尾のナショナル麻布マーケットにできあいが売られていましたが、今はどこで購入可能なのでしょう?

前置きが長くなりましたが、とにかくこのサンドウィッチを供するレストランがあるかなと探したんですが、
探しあてることが出来ず、ノーアイデアのまま待ち合わせの横浜へ向かいました。

地下で買いたいお菓子があったので、場所をそごうにしてもらいましたので、
そのままランチもこの上でということになりました。
10階レストラン街。
なんでもあるのです。
連れは中近東料理に興味を示してくれていましたが、
滅多に食べないからとこのフロアでは、韓国料理店を選びました。

前回、ベトナム料理を食べた【ジャスミン・パレス】の前でした。
ランチのメニューは充実していて、
定番化しているビピンパをはじめ冷麺やらのセットが10種類ほどありました。

で、私達がチョイスしたのがサムゲタンでした。
ランチにサムゲタンをいただける。
今、そんな時代なんですね。
横浜だからでしょうか?

ほろほろとお肉は骨離れよく柔らかく、スープは旨味たっぷりで、
残さず美味しくいただきました。
ほぐしたお肉にサムギョプサルの時に、ゴマ油に入れるスパイス塩のようなものが出されお好みでと言われましたが、
塩味、丁度よかったです。

【にっこりマッコリ】さんは、新大久保出身のようなので、本場のお味に近いのかしら?
とにかく、からだもポカポカ、からだが喜んでいました。

副菜は、キムチとチャプチェ。

デザートは、カスピ海っぽいヨーグルトでした。

にっこりマッコリ


横浜でデイト。
今日は提案いただいて、そごう10階のヴェトナムレストランでランチをいただきました。
お得なセットがあって、

私はバインセオ メインのセット

連れお二人は、冷やしフォーのセットを注文しました。

どちらも日本人向けにもやしは茹でてあったり、たれもいただきやすい味つけでした。

ヴェトナムのお好み焼き【バインセオ】のセットは、鶏肉のフォーガーと、揚げ春巻、生春巻が一本ずつついています。1,380円
フォーのパクチーがレモンと別添えなのも有難い心遣いでした。

【冷やしフォー】には、同じく揚げ春巻、生春巻が一本ずつついていて、スープ、デザート付きでした。1,480円
冷やしフォー、お裾分けでお味見をさせていただきましたが、海老、鶏肉、野菜、揚げ豆腐と具だくさん。
つるつると喉ごし良く、夏にぴったりの麺メニューでした。

春巻2パターンの心遣いも嬉しく、
生春巻は、野菜が食べやすい千切りでたっぷり、揚げ春巻は、柔らか食感のソーセージのような仕上がりで、
たれはきちんと2つの春巻に用意されていました。

デザートは、タピオカココナッツミルク。
さつまいもとピーナッツ入り。

今時、1,000円以上のランチは、ちょっとお高く感じますが、
そごうデパートの上ですから致し方ない。
大人のお客様ばかりで、落ち着いた雰囲気でした。
美味しかった!
蒸し暑い夏はヴェトナム料理、ドンピシャですね。

ベトナムレストラン【ジャスミンパレス】


少し前、八ヶ岳のパン屋【ベルグ】さんにタイ料理のガパオが具材になっていた記事を投稿しましたが、
それ以来、私の頭の中で“ガパオライス“が食べたい。
が、ぐるぐるしていました。
それがわりと早い時期に叶いました。

とってもお得なランチを連れが教えてくれました。
お店の名前は【チャオタイ】
渋谷などにもあるようです。
【チャオタイ】

先日の記事でこういうお料理が今では特別でないのですか?と、問いかけをしましたが、やはりそのようですね。
なんたって、ほっともっとでいただけるメニューですものね。

なんだかそれは少しつまらない感じもしますが、気軽に食べられるのはありがたいです。

ワタクシ、ガパオにはもれなく目玉焼きです。
プラス料金ですが、2度美味しい♪
こちらでは、お肉を鶏肉か豚肉か?聞いてくださいました。
鶏肉でお願いしました。

お得なランチ、
副菜がバイキング式でいただけます。
4種ありました。
スープはトムヤムクンともう1種。
デザートも2種。

連れはこちらの麺を注文。
特製玉子麺、チャーシュー・豚団子入り(汁なし)
"バミー ヘーン ムーデーン"

この下からは横浜を遊覧できるシーバスが発着します。
海を感じることもできます。
複合施設 ベイクォーター
アクセスもそごうからの動く遊歩道がキモチいいです。

チャオタイ 横浜ベイクォーター店

ガパオライス


いつもの時間いつもの場所で、横浜での待ち合わせ。
連れの体調が優れなくて久しぶりの再会です。
待ち合わせ場所でお喋りに花が咲いて、その場所長居しちゃったものですから、
そろそろ場所を変えましょうかって、ことで腰はあげたものの、ノーアイデアの上に、雨まで降ってきました。
足元が危なくなるし、思い付きで
ホテルランチを提案したところ、のってくださったので、
それでは、と、いつもお世話になりアドヴァイス頂く観光案内所へ向かいました。

横浜駅、駅ちかのホテルは、今年初めに行った、ベイシェラトン以外はビジネスホテルでした。
それでは面白くないと、みなとみらいへ行ってみることにしました。

インターコンは距離もありますし、外は雨。
ロイヤルパークホテルも近いとは言えませんが、雨に濡れずに行けます。
これは好都合。桜木町方面に歩みを進めます。

様子見でまずは70階、シリウスを覗きに行きます。
外の景色は真っ白、ランチはブッフェのみとのことでしたので、階下へ。

エレベーターを降りた先のロビーが気持ちよさそうだったので、しばらくいることに…。

ちょうど窓からドッグが見えて、採光がたっぷりありますし、アジサイをメインにした生花も素敵で、雨を忘れる開放感がありました。

ちょうどお昼、移動しますと、ランドマークタワー棟からスーツの群れ。
こりゃあかん、会社のランチタイムにぶち当たりました。

みなとみらいエリアにはうなるほどのレストランがありますが、
ホテルで済ませたほうがよさそうでした。

フレンチも日本料理も重たすぎます。
目指すは地下へ。
本当はロビーからエレベーターで降りるのが正解でしたが、エスカレーターにつられて地下へ。
すると、迷宮のラビリンスに舞い込んでしまいました。

そこは、本日は予定なしの様子の宴会場でした。

やっと、行き着いた先、右はカフェ、左は鉄板焼でした。

カフェにはお得なランチメニューがありましたのでそちらへ。

パンが中心のランチブッフェ、レディスランチとありましたけれど、
【横浜開港155周年記念】開港膳をチョイスしました。

横浜、函館、新潟、神戸、長崎をテーマにしたお料理をお膳仕立てにしたランチメニューということでした。。

写真トップは一皿目。

神戸 ネギ焼きのポテトガレット仕立て
和風のつくねのようなお仕立てでした。

横浜 シーフドボンファン
ボンファンなんだろう?
昔、こういうの、コキールとか言ったかな?

長崎 ターフル料理 パスティ
これも意味不明ですが、しゃんたんスープのようで美味でした。

メインは
・横浜 太麺ナポリタン
・新潟 タレカツ丼 デミソース
・函館 ラーメンのサラダ仕立て ミニいかめし添え
の3種からチョイスすることになっておりましたが、。
ワタシ達はちょっと甘めが食欲をそそるカツ丼をいただきました。

開港アラモード
ちょっと、こういうのいただけるだけで、嬉しいですね。

コーヒー または 紅茶は、セルフサービスでしたが、コーヒー
お味、悪くなかったです。

B1F カフェフローラ
期間:5月12日(月)〜6月30日(月)
金額:お1人様 ¥2.000也(サービス料別)
時間:11:00〜14:00

お店の雰囲気、一階ロビーと比較しますと、品格に欠けますが、デザート、コーヒーまでいただけるランチで2,000円で、ゆっくりできるのは、合格ラインです。
地下ですが、こちらもドッグが見えて明るい店内です。


【前菜】
キッシュ、クリームコロッケ、サラダ

【パン】(ライスも選べます)

【スープ】
グリンピースの冷製。

【魚料理】
鮭のムニエル

【肉料理】
ローストビーフ。

【デザート】(コーヒー付き)
アイスクリーム、胡麻の蒸しケーキ?

しめて、1650円なり。

水曜日限定20食。レディスランチ@ローズホテル。

前回気になっていたホテル名をなぜか?【ローズホテル】と記憶していて【馬車道十番館】に戻るのも、お化粧室をお借りした【グランドホテル】でもないねってたどり着きました。
【ローズホテル】、昔は【ホルディ・イン】の名でした。2003年からですかぁ〜。まったく気づいておりませんでした。

行き着いた先が、ちょっと気になった通りがかりの店とは違ったような気がしましたが、
おなじ一階の【重慶飯店】は重たいということで、こちらに決めました。

写真で見ていただいての通り、カジュアルでお椅子も固い感じです。

いただいたランチ、お味は上質というランクではありませんが、
このコスパはスゴい!
元が取れるのでしょうか?と、思うほどのお得なコース。
水曜日、女友達と横浜に出掛けた時は、いいのではないでしょうか?

ランチメニューもお得感のある内容で、曜日によって、ドリンクバー、サラダバーがフリーという嬉しいサービスもあるようで、会社勤めの方、多く利用されていました。

30年ぶりにブームに乗ってホルディ・イン時代のパンケーキが復活!こちらも、山下町あたりの行列は無理!のお客さまに好評のようです。


今日の横浜散歩、
【馬車道十番館】で食事をしようと、みなとみらい線に乗って馬車道駅で降車。
けれどお昼には少し早く、お腹の空き具合がイマイチだったので、あたりを散策することにしました。

馬車道には重文指定の神奈川県立歴史博物館。

馬車道を左に曲がり、尾上通りをベイスターズ通りなんてあるんですねーとか言いながら、右手の市役所で花を愛でて、みなと大通りを歩きます。

たまたま歩いた道が、観光バスのコースになっているエリアでした。
神奈川県庁〈キングの塔〉

開港記念会館〈ジャックの塔〉

横浜税関〈クィーンの塔〉

どれも風格があり、横浜が交易の中心であったことが建築物から垣間見れます。
大切に保存され今も現役。
たまに視線を変えて観てみると、新しい発見があるものですね。

馬車道、関内エリア観光案内


前回に引き続き、横浜散歩のランチの行先はハワイアンレストランです。
お花見の後、元町公園の坂を下り、ウチキパンに出ます。
そこから右、山下公園を目指します。
昨年、横浜散歩をし始めた頃、グランドホテルの並びにこの店の列に遭遇しました。

あれから半年以上経過してしまいましたが、マグカップを見ると、最近一周年を迎えたようです。
前回、シナモンズを訪れた後、パンケーキの店として横浜のタウン紙に掲載されたそうです。
連れと、それでは「近いうちに行かねばならぬ」と契りを交わしましたが、随分早く現実化しました。
気持ちのあるうちが、愉しさ嬉しさも倍な感じで豊かになります。

本日、店到着は12時半。
このような店前、そして反対側にも長蛇の列でしたのでお店の方に「どのくらい待つことになりますか?」とお聞きすると「一時間ほどでのご案内lになります」とのご返答でした。
こちらも空前のパンケーキブームと春休みでこの列びでしたが、1時過ぎには着席ができましたし、
メニューを待っている時に渡してくださったので、あれにする、これにする?と決める時間があって、お席に着くとすぐに注文でき、あっという間にお品もテーブルに到着しました。

まずはパンケーキ。
このどでかいクリームが人気なのだといいますから外せないお品。
一番人気の"ストロベリーホイップクリーム マカダミアナッツ"を注文しました。
評判通り、どでかいけれど軽い口当たりと甘さ控えめのホイップクリームでした。
イチゴもコンポートのように程よく仕立てられていましたし、マカダミアナッツの柔らかく香りのよい木の実の相性、抜群でした。

そのままでも十分美味しくいただけましたが、
テーブルに置いてある奥からグァバ、ココナツ、メープルのシロップをお好みでかけていただけます。
個人的にココナツをかけていただくのが気に入りました。

朝食メニューの定番、ミート&エッグスや、私の大好物"エッグベネディクト"もありましたが、お店もオススメしているオムレツを二人でシェアしていただく二品目に選びました。
こちらは、卵3コを使ったお品だそうですが、具をたくさんのメニューの中から選ぶことができ迷いましたが、人気の"ほうれん草、ベーコンとチーズ"にしました。

チーズの入ったものをチョイスしたので三種から選ぶことになりモツァレラを。
パン、ライス、ポテトからはポテトを添えでお願いしました。

オムレツは生クリーム入りなのか?濾してあるからなのか写真の画像通りの滑らかさ。
具材の味付けが程よく、お好みでどうぞと言われたケチャップは不要でした。
ポテトはお味も仕上がりもとってもよかったです。

私はコナコーヒーブレンドを、連れはジンジャーエールをドリンクでお願いしましたがどちらもたっぷりサイズ。
コーヒーは濃い目で酸味が少なく、美味しかったです。

また、メニューにわからないことは"オハナ"に聞いてくださいとあったので、サービスの女性をそう言うのですか?と、聞いてみると、男子もオハナといい、あちらの言葉で「家族」のことなのだと教えていただきました。
そのオハナさん、皆さんとっても感じがいいですし、お店のお外で待たせたら中ではお待たせしないという姿勢を感じとっても好感が持てました。

そして、こちら、
他と比べるとお値段がお安いですね。
それも人気の理由なのでしょうか?

参考サイト


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • サントリー美術館 茶室【玄鳥庵】点茶
    エンドウ
  • 松陰神社前 松崎煎餅
    kisetsuomederu
  • 松陰神社前 松崎煎餅
    てつmom
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    kisetsuomederu
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM