kisetsu-o-mederu 季節を愛でる

今朝のパン【ル ブーランジュ ドゥ モンジュ】

遅ればせながらGINZA SIXに行きました。
お初ですから店内をぐるり。
お洋服はラグジュアリーピープル向けですからお呼びでないのですが、雑貨とB2はやっぱりチェックです。

友人と待ち合わせした蔦屋書店も楽しいレイアウトでしたし、隣接した3軒あるうちのひとつのスタバは、奥にバーカウンターがあり、そちらのエリアはちょいと高めになるというお話でしたが、珈琲はサイフォンで入れるスタイルでした。
夜は勿論ですけど、なんだか空港ラウンジみたいでいい雰囲気でした。

以前友人がおもたせに選んだB1【くろぎ茶々】はどんな趣なのかと思いましたが、全体的にこの階は、昔の名残なのか天井が低く残念な印象でした。

その時の記事

さぁ、ニューショップですから大好きなパンをチェックします。2軒並んでいましたが、何となくふらりと角に収まったモンジュさんへ。

■プティ・フィユテ・プラリネ・ロゼ
ブリオッシュに発酵バターを巻き込み、プラリネ・ロゼをトッピングして焼いた菓子パン。
プラリネ・ロゼの可愛らしさに惹かれヴィジュアル重視で買い求めましたが、見た目のイメージほど甘くありませんでした。
ケーキのような大きさのものもあります。
デニッシュのような仕上がりです。

■ブルトン・ロワイヤル1/4
GINZA SIX限定の商品で、ブルターニュ地方の伝統菓子「ガレットブルトンヌ」を土台にしてクイニーアマンをのせ、ダクワーズをトッピングしたものだそうです。
これを読んだだけだと複雑ですが、さっくりした後に柔らかな食感。どれでもないオリジナルのようです。

■フロマージュ カレー

ハード系パンは、オーガニックにこだわっているとかで、好みでした。

■トマト&モッツァレラ

こちらも歯ごたえがあってパン生地の旨味も良かったです。

■ボストック
この名前を見ると、ここのはどんな味かと手が伸びてしまいます。

昔アルバイトをしていたパン屋ルノートルではブリオッシュ生地をスライスしてオレンジジュースに浸し、アーモンドクリームを塗って、スライスアーモンドを散らして焼いた商品でした。

こちらはオレンジジュースではなさそうです。パンはバゲット。

モンジュさんは、ドンクさん経営のParisにあるパン屋だそうですが、ビオ(オーガニック)と名札がついているものの使用小麦粉は最もグレードが高いフランスのビオ認定基準「ABマーク」のほか、日本の農水省が定めるJAS(日本農林規格)オーガニックの認定もクリアしているそうです。

店の看板商品はバゲット。今回、知らずに飛び込んだので、購入せずで残念でした。

モンジュ通りにオープンしたル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュは、パリのパン屋格付けガイドで最高得点、パリのパン屋ガイドでも3つ星を獲得と大変高い評価を受け、平日は1,600人、週末は2,000人が訪れ、1日1,300本ものバゲットが売れる超人気店に成長。
2012年にはFigaro紙の「タルト・オ・ポム」コンテストで20を超えるブーランジュリー、パティスリーの中からモンジュのタルトレット・オ・ポムがNo1に選ばれました。
(HPより)

次回は、アップルパイ?もチェックですね。バゲットモンジュと一緒に忘れずに購入したいと思います。

モンジュ
| kisetsuomederu | パン | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン 代々木【プルクル】

人生は楽しい!ならば食べるものだって美味しいものをいただきたいですよね。

したいことができない時は、日常の当たり前がいかに生きている上に大事なものでたしかなことかと思うものです。

美味しいものを食べられることも幸せのひとつ。
それを作る人達も、スゴいな、と感じる今日この頃。

代々木プルクルさんのパンは少し個性的。でも、美味しいことには間違いはありません。
度々登場しますが、この度に新しい商品が増えています。それまたスゴい!

写真は■フルーツデニッシュ

今日はベリーベリーな感じですね。カスタードもしっかり忍んでいます。

■ナッツのタルト

キャラメリゼしたアーモンド、くるみ、ピスタチオのナッツの下は、ピスタチオのクリームかもしれません。

■リコッタバナナ

以前にもいただいているようなんですが、印象が薄いのはみかけが普通だからでしょうか?
クリームパンかいな?と思ったら中身にはリコッタチーズとバナナが忍んでいるのですよ。

初登場!■揚げパン

これが、モチモチしてたまらない美味しさなわけですよ。

昨日の夕飯は、以前アップしたデュカをまぶした豚ロース肉のローストとシーフードのアヒージョでした。アヒージョに添えたパンは【プルクル】さんの"レトロバゲット"でしたが、モチっとしていて、美味しいのです。
バゲットもお薦めです。

前回のプルクル

プルクル
| kisetsuomederu | パン | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン 吉祥寺【ダンディゾン】

ここにもお一人、私のパン好きを応援してくれはる方がいらっしゃいました。

わざわざ午前便指定でパンを送ってくれはりましたぞ。

なんと嬉しいことか!姉さんちのある吉祥寺【ダンディゾン】

パンの他にもたっくさんのお菓子が入っていました。

 

姉さんを訪ねなければ、なかなか行けるパン屋さんではありません。

しかも「美味い!」ときた。

 

姉さんはカードに『Get Well Soon』と言う言葉とともに、わてのカラダをいたわって「ブログなんかに撮らずにね」と書いてくださった。

でもね。その有難いお気遣いは回復の力となり喜びなので、備忘録。

しかも、お見舞いに来てくれはるちゅーのに、お断りした。

面目ない。姉さんアリガトーm(__)m

■カノコノワール

大きさは5cmくらいのキュートな大きさ。

きめ細かいブリオッシュのような生地に甘さ控えめの黒豆入り。

■ココ

カノコノワールと同じくらいの大きさのパンで、白インゲン豆のつぶしアンパン。

白インゲンの餡の美味しさを知っている方が製作者にいらっしゃるんでしょうか?

亀十どら焼き白餡派の私のココロを揺さぶりましたわ。

■クルスティヨン

きび砂糖の角砂糖入りなんですって。

 

■グラッパ

オーストラリア産オーガニックサンマスカットレーズン入り。

パン生地は柔らかいけれど噛みごたえがあって旨みがあり、レーズンの自然の甘さがきわだちます。

■ピーナッツ

バゲット生地をグリッシーニのような太さで仕立てた香ばしいピーナッツ入りセミハードパン。

お酒のおつまみにもいけそうです。

 

美味しい朝をありがとう。

 

大好きな姉さん。怪我をしていなければ遊びに行かせてもらうはずでしたのに、ごめんなさい。

 

2017年5月21日のダンディゾン

| kisetsuomederu | パン | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン【DEAN&DELUCA】

怪我をして自由が奪われたのと同時に気力というものも失われました。
やる気とは健全な肉体に宿るようです。

食欲も同じ?しかし、胃に負担のかかると言われるロキソニンを飲み続けていますが、食欲がなかったのは災難の日から2.3日でした。残念。

美味しいパン行脚もお預けで、生きる喜びがなくなりました(これは大袈裟)帰りがけにパンの購入を主人に頼むと、買って来てくれたのが、【DEAN&DELUCA】のパンでした。
新宿にいたからと言いましたが、私の気分を上げてくれるために思いついたのでしょう。
ダンケ。

私達世代は、トートバッグで火が点く以前に、食のセレクトショップの走りだった【DEAN&DELUCA】は、広告業界にいディーンさんとデルーカさんが始めたというのも相まって憧れでした。
当時、ニューヨークではゼイバースのようなグロサリーみたいなものはあったけれど、お洒落で洗練された【DEAN&DELUCA】は特別でした。

今では当たり前ですが、ワールドワイドに全国から美味しいものを集めて提供するというのは、百貨店でもなかったように思います。

日本の【DEAN&DELUCA】さんは今、基本理念は変わらず、独自の品物を取り揃えているように思います。
パンがその一つでしょうか?
メニューやスタイルには、あこがれのアメリカがありますが、あれ、ニューヨークで同じものが買えるわけではないですよね。
ディスプレイを覗くのに、立ち寄るだけでも楽しいです。

以前は、外注だったケーキも最近は、三宿にある工房で焼かれているのでしょうか?
以前ケーキ代官山の松之助NYさんのものが置かれていましたけれど…。
日本のパンやケーキの質の高さは本当に素晴らしいです。
真似ることだけで終わらず、ニーズに応えること、そして独自性をも備えていること、さすが、侍ジャパンやなと誇りにさえ感じます。

と、随分と小賢しい出だしになりましたが、見た目も魅力的な【DEAN&DELUCA】さんのパンが、食卓に並びました。

■オレンジカスタード
丸型で焼いた、パンとケーキの中間の立ち位置のパン。
オレンジの鮮やかさが綺麗で楽しくなりました。
キュートな佇まい。
生地はブリオッシュのような食感です。

■ジューシーバナナマフィン

アメリカといえば、こんなアメリカンマフィン、ですよね。
カロリーなんて気にしない、だからジューシーに仕上がってるわけです。

■メープルチェダークロワッサン

ただのクロワッサンかと思ったら、そうではないの。
上掛けにはチェダーチーズ、中はメープル。甘さがほんのり塩味と合わさって新しいテイストです。

■ソルトソーセージロール"

さすがに食のセレクトショップですからね、ソーセージが美味しいです。

■イングリッシュマフィンメープル

斬新な形のイングリッシュマフィン中身は、トーストすると、とろーりとバターとメープルシロップが溶けてパンに染み込みいい塩梅になります。

■キーマカレーパン

カレーパンはもはや日本人のソウルフードでしょうか?
様々なカレーパンがありますが、やっぱり揚げたのが好きですね。
主人曰く揚げたてだったとか…。
店頭で作業されているのでしょうか?
デリの品物も美味しいので、このカレーパンのキーマ、レベル高いと思います。

そうそう、【DEAN&DELUCA】京都はSOHOにあるショップと同じ位、お薦めのスポットでした。
ブログで紹介しています。
| kisetsuomederu | パン | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン 三軒茶屋【オー ギャマン ド トキオ】

三軒茶屋にいました。
ここに来ているということはカラダの調子がいまいちで治療に来ているってことなんですが、情報通のてつmomさんから教えていただいたパン屋さんが三軒茶屋にありました。これは是非とも行かねばなりません。こんなに早くに願いが叶うと思いませんでしたが、ささやかなお楽しみのため、と向かいます。

Googleマップによると、茶沢通りを下北方向に歩き、ちゃんぽん屋"來來來"を目印に右側を右折したあたりでしたが、すぐを左折した裏道にありました。

三軒茶屋には劇場がある関係からか演劇人が多く集まる場所ですが、こういってはなんですが、面白い店がたまに出没して楽しいところではありますが…お洒落な街ではありません。
三軒茶屋にお洒落なパン屋さん?
どうやら私が住んでいた頃とずいぶん変わってきているようです。

今朝いただいたパン屋【オー ギャマン ド トキオ】さんは、予約の取れないフレンチレストランで、こちらは、6軒目の店舗なのだそうです。

レストランのお客様から、店で提供しているパンがおいしいという声が上がって“ベーカリー・パティスリー”というコンセプトでお店をオープンしたという経緯らしいのですが、何故に三軒茶屋だったのでしょうか?

洋菓子の要素をプラスしたというパンと見た目も素晴らしいケーキが店内に並び、お洒落なマダム達がイートインのカウンターでケーキを召し上がりながら歓談中で、新しい動きを感じました。

"抹茶の黒豆あんメロンパン"

ネーミング通り見た目はメロンパンですが、クッキー生地はシュトロイゼルのようにポロポロしていて抹茶ですし、中には餡が閉じ込められています。
すべては邪魔にならず良いお味に仕立ててありました。

"クリームチーズメロンパン"
こちらは上と同じタイプのメロンパンですが、中身の違いでしょうか?湿気を含んで、残念、持ち帰り開けてみるとしぼんでしまっていました。

クリームチーズが閉じ込められたヴィノワズリー。甘過ぎない丁寧なお味で、クリーミーでサクサクが楽しい食感です。

"レモンのクロワッサン"

フォトジェニクかつ、お味もいいの。
レモンの香りたっぷりで、もはやスイーツなパンでした。

"だし食パン"

他には山形パンがもう一種類。それと、ショーソンポム、クロワッサン、パンオーショコラなどと種類は限定されています。
今回は毎日限定5本、てつmomさまおすすめのフランス料理店なのにお出汁のパン?を、いただきました。
鰹?昆布?の香りがします。嫌ではないむしろ懐かしい感じがして、スープではなくお味噌汁が合いそうな材料の良さも感じる食パンでした。

次はケーキをいただきたいと思います。

三軒茶屋 ギャマン
| kisetsuomederu | パン | 09:11 | comments(3) | trackbacks(0) | -
今朝のパン 三軒茶屋【ムクヌク】

三宿にいたので「そうだ!」と、思い出し、訪ねてみたいと思っていたパン屋さんに行きました。
店名は【nukumuku】パン屋さん激戦区の三軒茶屋にオープンしたと、そしてコッペパンもので話題になってメディアにとりあげられていたのですが、どこにできたんだろう?と、思っていました。

三軒茶屋はかつて住んでいたところなので地理的には明るいはずなのですが、だいぶ景色も変わりました。
たまたま茶沢通りを今週の日曜日車で通った時に見つけちゃったんですね、【ヌクムク】さん。

なんと、住まいのあった場所の近くでした。たぶん最近まで、チビッ子のお洒落なお洋服屋さんでした。
すぐ近くにサミットはありますが、三軒茶屋の駅からは7〜8分。商店街からは離れている場所です。オーナーは練馬から移転してここをチョイスしたそうですが、賭けに出た感じでしょうか?

確かに三軒茶屋の駅周辺には濱田屋、ルサンクサンスなどの人気のパン屋さんはありますが、サミット周辺のパン専門店は昔ながらの木村屋さんだけ。
この辺りは国立小児病院跡がラグジュアリーなアパートになったこともあるので、お洒落な富裕層の方々がやってこられるかしら?と思いました。

2階はカフェになっていて店内はアメリカンカジュアルなインテリアでした。外観もポップな印象ですよね。

"奥久慈卵のクリームパン"
一番人気だそうです。

こちらのパンは生地に特徴があるようです。ふわふわ。

"帽子パン"

ビターなチョコレートが帽子のリボンになって味のアクセントにもなっています。
メロンパンの上掛けのクッキー生地のような食感です。

"クロワッサン"

自信作だそうです。

"魚介の自家製カレーパン"

3番人気だったかしら?お子さまもカフェでいただける配慮からか?まろやかなカレーでした。
クリームパンと同じふわふわ食感のパンに包まれています。

"明太子パン"

かみごたえのあるムチムチしたパン生地のお馴染み明太子フランス。

"フランスパンドーナツ"

もちもちフランスパンを揚げてあるドーナツ。人気商品だそうです。

金曜日限定、"全粒粉パン"
ふんわりしています。
こちらは後日の楽しみにいただきます。

nukumuku ヌクムク
| kisetsuomederu | パン | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン 吉祥寺【ダンディゾン】

昨日訪ねたねえさんは、パンももたせてくださいました。新居の目の前が今日いただいたパン屋さん【ダンディゾン】

昨日いただいたお料理と一緒にあったねえさんセレクト。ゲストにも好評でした。

『豆乳バゲット』

『ピスタチオ』

旨いよ(^-^)v

『オリーブ』

旨いよ(^-^)v

2016年のダンディゾン
| kisetsuomederu | パン | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン【一本堂】メープル

久しぶりに登場!一本堂です。
このところ角食や菓子パンに飽きてしまっていて、少々時間はかかってしまうのですが、朝パンはサンドイッチにして食べたりしています。
超熟のライ麦パンにたっぷりレタス、ハムやチーズに目玉焼きがお気に入りです。

昨日は週末の定番ランチ、インドカレーの【ハティ】さんに行ったので、その斜め前の一本堂さんに寄りまして、まだいただいたことのないメープルを購入してみました。
焼き立てを袋の中から出してみたら、プーンといい香り。
メープルジャムが巻きこまれていました。

形はこんな様子でなんら変わりはありません。
スライスは渦に添っていたします。
トーストすると香ばしく、メープルが溶けてパンに染み込みます。

最近、一本堂さん各所に出来ているようですね。
祐天寺に住む友人ができて並んだと、話していました。
| kisetsuomederu | パン | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今朝のパン【ル・サンク・サンス】ファーブルトン

夫が今、一番好きなもの、それは《アヒージョ》です。
食べたい時、バゲットを自ら買ってきます。

このところ、そんな調子で数々のアヒージョに合うバゲットをお試ししています。
食べ比べしたいね。と、言っていますが、願いは叶っていません。

経堂のオンカ。若林のナイーフ。中目黒のトラスパレンテがイチオシですが、
そー言えばと、思い出して買ってきてくれたのが、三軒茶屋のルサンクサンスのバゲットカンパーニュでした。
写真、昨夜撮ってあまりよろしくなかったので、ホームページを参考にしてください。
フランスパンは三種類あります。
ルサンクサンス 商品etc.

世田谷はパン屋さんがたくさんあって個性的でクオリティーが高いです。
よく訪れる八ヶ岳のパン屋さんが美味しいのはひとえに水と空気の美味しさだと思いますが、東京のパン屋さんはそれ以外の工夫で美味しいパンを作られているように思います。

ル・サンク・サンスさんのバゲットは、りんごの皮の自然酵母を使って作られているらしいのですが、外はカリっとして中はふんわり。生地は茶色く酸味もありますが、アヒージョにもよく合います。

写真は、ファーブルトン。
こういうのが夫好きなんですね。
何度か口にしていると思いますが、自身の琴線に触れなければば、興味の対象外です。

いつもは半分こしていただきますが、一個を一人じめしたかったらしく、二つこうてきました。
むちっとした食感は好みなのでしょう。

カヌレと材料は同じなのですが、こちらはボルドーの伝統菓子で、ファーブルトンは酪農が盛んなブルターニュの伝統菓子です。
カヌレは、蜜蝋を入れたの型に生地を流して焼いたものなので外がカリっとしていますが、ファーブルトンは柔らかいままの食感です。

フランスの伝統菓子

こちらはル・サンク・サンスさん人気のクロワッサン。
最近クロワッサンを温めたら、2〜3分置いてから食べるのが良いと聞きました。
確かに、サクサク感が絶妙になります。
さらに美味しくいただきました。
| kisetsuomederu | パン | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
プルアパートブレッド Pull Apart Bread

プルアパートブレッドをご存知でしょうか?
Pull (プル)=引っ張って
Apart (アパート)=ちぎるという意味で、海外発の最近流行りのちぎりパンなんだそうです。
スーパーに置いてあるお料理本で表紙に使われていて、惹かれたものですから、早速作ってみました。

食パンはカットしていないものを買い求め、1斤の半分を1人分として切り、さらに格子に下1cmを残して切れ目を入れます。

バターをたっぷりめに塗り、1/4にカットしたミニトマト、適宜に切ったベーコン、モッツァレラチーズ(この時はチェリータイプを使用)を切れ目にはさみ、オーブントースターで、こんがりするまで焼きます。

ブラックペッパー、パセリをかけて、出来上がり。
ちぎりながらいただきますが、トマトのジューシーさや、バターとベーコンのじゅわっとしみこんだパンがなんとも魅力的。

このところ、菓子パンやシリアルに飽きてきているので、朝パンのアレンジアイテム、当分ハマりそうです。

プルアパートブレッド
| kisetsuomederu | パン | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>