またまた八ヶ岳ケロックさんのパンです。
私的には名だたるパン屋さんよりも高評価の位置にあります。滞在2日目にいただきその旨さの幸せに浸り、再度その幸せな朝をとの東京への持ち帰りです。

帰京する朝、立ち寄って購入したのですが、その人気、目の当たりにしました。オープン間もなくの9時、圏外と地元ナンバーの車で購入のお客様がみえていて、狭い店内は動きが取りづらい感じさえありました。人気のパン屋さんは、作るそばから売れて売り切れ御免のようなところがありますが、オフシーズンの八ヶ岳で、わざわざ買い求めにくる方の往来をみて、味の確かさを認識し、そして嬉しく感じました。

朝はご夫婦だけで店を切り盛りするようで、いつもはオーブンの前でパン作りをされていりご主人がレジのヘルプに立たれる姿にまた好印象を受けました。

さて今朝は、蓼科で食べてリピートの
"あんバター"
上の写真の中身がこの姿ですが、ハード系のパンにこの組み合わせ。噛みごたえと共にあんの美味しさも良き品です。

"アンチョビのクロックムッシュ"
だったかしら?

"ジャーマンポテト"

"信州豚のピリ辛チョリソー"

今年初めてシュトレンを発見!小さいのをいただきましたが、さすがです。本格的な仕上がりでした。(写真はケロックさんのFacebookから)


母の施設へ向かう途中、パン屋さんらしき店を見つけていました。名前を覚えて、調べてみると、食パン専門店でした。営業が月火とお休みのため、なかなか立ち寄ることができません。今日は東宝の奥にあるホームセンターにも用事があったので、行ってみました。レビューにもあったように食パンしかありません。成城店はカフェがあって、ドーナツとトーストがいただけるようです。
店名の【すわん】の頭に「銀座」とつくので「銀座はどこにあるんですか?」と、お店の方に聞いてみると、歌舞伎座の近くらしいのですが、今一つわかりません。そこでお店の方「ヤマトのビルの下ですよ」と。ここ、成城店もヤマトの建物の一階にあります。「もしかしたらヤマトさん経営のパン屋さんなんですか?」と尋ねると、うなづかれました。
どうやら【スワンベーカリー】、ヤマトの新業態のようです。
宅急便がパン屋さん経営。ピンときませんが、それほど今食パンはブームということでしょうか?。

パンは二種類しかありません。
こちらはプレーン。

こちらが生食パン。

「王道はどちらですか?」とお訊きし、角食パンのプレーン、2斤サイズ800円を購入しました。高級食パンですね。
今回はサンプルをいただきまして二種類を試食出来ましたが、どちらもとても美味しかったです。
一本買いしましたプレーンは、厚切りにしてトーストしましたが、中はしっとりふかふかしていました。

手提げ袋のアイコン、狙いでしょうか?昭和レトロな感じです。

スワンベーカリー、外国にも銀座以外にもフランチャイズで展開しているようです。成城店は食パンとカフェですが、他は種類豊富。

そして、スワンベーカリーの誕生は、こういうことでした。
1993年、ヤマト運輸の『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親、故・小倉昌男氏がヤマト福祉財団を設立し、障がい者の自立と社会参加の支援を目的としたことが始まり…。これは素晴らしい!

場所は、
東京都世田谷区成城1-4-13
ヤマト運輸株式会社 成城支店内1階

スワンベーカリー


先日行ったシモキタエキウエの【SCHMATZ】ベーカリーレストランなので、真ん中あたりにパンが数種類並んでいます。店内でもいただくことができるようです。

"レモンチーズデニッシュ"

クリームチーズかと思ったらどうやらサワークリームのフィリングのようです。

"あんこクロワッサン"

あんことクロワッサンもう定番ですがドイツパン生地もいい具合でした。

"ほうれんそうフェタ"

フェタってギリシャのチーズですけど、ほうれんそうとフェタのパイはドイツの定番なのでしょうか?半端ない量のほうれんそうな感じで、カラダに良さそうです。

"ダブルチーズツイスト"

サックリしていて、これはおつまみでもイケますね。

"メープルピーカン"

生地は同じでもフィリングが違うだけでずいぶん印象が変わります。ピーカンナッツのカリカリもいいけど、キャラメル味の餡はパイに合いますね。

レストランベーカリーなのに美味しいパンたちでした。
SCHMATZ(シュマッツ)


昨日、渋谷の新しいランドマーク『スクランブルスクエア』に初めて行ってまいりました。各店がインバウンドをかなり意識している印象でしたが、雨というのに大勢の日本人で賑やかでした。他にはないテナントばかりで楽しめましたが、もしかしたら名前を変えているだけかもしれません。エリア的に東急電鉄かと思いましたら、地下はJR系のエキュートでして、スイーツがとっても充実していました。前回上げた【イチ】も入っていましたが、まったく聞いたことがなかった【サンチノ】というパン屋さんが琴線にふれたので、購入してみました。

調べてみると、【サンチノ】は代々木八幡にある『365日』や『15度』のオーナーシェフがプロデュースしたパン屋さんだそうです。
お店の方に「どこにあるパン屋さんなんですか?」とお聞きしたら「碑文谷です」というお答えでしたが、こういうことでした。『サンチノ』はインストアベーカーがコンセプト。碑文谷というので、学芸大学のあたり?かと思いましたら、元ダイエー、今はイオンスタイル碑文谷になったあそこです。要するにスーパー内にあるパン屋さんです。

写真は、"林檎×ワッサン"

クロワッサンザマンド風です。

"タマゴ×コロッケ"

卵まるごと、しかもコロッケもというボリューム。

"くるみあんぱん"

くるみとあんこ、合いますね。定番なのにチョイスしてしまいました。

"特選松阪焼きカリー"

特選です。松阪牛です。

"枝豆明太"

こんなコラボあるんですね。美味しかったです。

このレジ袋のパンアンドコーヒー、イカしてますよね。狙いとしか思えない、ダさゆるです。ですから昭和をコンセプトにしたお店かしら?と想像していましたが、日本全国の生産者さんが丹精込めて作っている美味しい食材を活かしたパンを作ることをモットーにしているんだそうです。
で、店名の【サンチノ】は、○○さん家の"とか"産地の"という意味なんだそうです。


小田急新宿西口ハルクB2Fで買い物をしている時に偶然に見つけました。
ホームページを見ると10月22日にオープンしたばかりのようです。
出来たばかりの代官山の本店に行ったのはいつだったでしょう?さっぱり代官山とは縁がなくなりました。
写真は"生プルマン"列車の中で焼いていたことからその名が付いたそうです。大きさはパウンド形の一回り大きいサイズ位です。

五反田にこの食パン専門店があるそうですが、食パンブームはまだまだ衰えずのようですね。
生クリームたっぷりだそうですが、ブリオッシュのようなしっとりとした食感。食パンというにはリッチ過ぎます。

"彩豆パン"

見た目はハードな印象ですが、中はふっくらとして程よい甘さのお豆がいい具合です。

"カスタードクリーム"

黄色いビュジュアルが美味しい気持ちを盛り上げます。柔らかい生地のパンなのでもはやシューパフのようです。

"豚角煮カレーパン"

角煮の豚肉がゴロリ。揚げてないので罪悪感が軽くなりますが、ボリューミーでいいお味でした。

"フロマージュ"

風味たっぷりに仕立てたチーズパンでした。

"チョリソー"

見た目以上に辛いソーセージが入っています。
メゾンイチ


今年8月に存在を知ってリピートさせていただきました。

ウチのコたちも一緒に。

前回閉まっていたギャラリーが今日は開いていました。

中、気になるね。

今日は、ギャラリー横のセルフサービスのスタバのNespressoを利用させていただきました。お好きなところで召し上がってくださいとのことだったので、外でコーヒーをいただきました。

購入のパンはこちら。ほとんど売り切れで、今日も前回と同じくるみとレーズンのパンを購入させていただきました。
一回り大きいかな?800円なり。

クリームチーズが合いますね。

8月のBARN


パンの人気、奈良ではどうなんでしょう?京都はパンの消費率が全国1位とからしいですね。烏丸五条の高島屋の地下食でも沢山のパン屋さんが入っていることを確認しました。
街中にもやたらパン屋さんがありますし、東京進出の【ル・プチメック】などは東京でも人気があるように思います。
ならまち付近で、近鉄奈良駅に向かう途中、閉店間際でもう商品は少なくなっていたのですが、導かれて入店したパン屋さん、見た目に惹かれました。

"自家製アップルパイ"

りんごの赤い色がいいですね。

"ピリ辛麻婆ナス"

たっぷり具材はピリ辛で、フランスパン生地に包まれています。

"えだ豆とベーコン"

ごろっとしたベーコンがふわっとしたパン生地で馬蹄形に仕立てられています。

"明太子ポテトクロワッサン"
フランスパンに明太子が挟んであるのはありますが、これ、初めての出会いですね。これはイケます。

"キャラメルナッツ"
大好きなんです。このタイプ。パンというより焼き菓子。ナッツ、キャラメルのタルトです。
いつかまた出会えるかな〜?
もしかしたら旅先で買うパン、思い出深いものになるかもです。

ブーランジェリー リッシュ


八ヶ岳のパン屋さんは美味しいので助かります。大好きなのは『ケロック』さんと蓼科自由農園に併設されている『Kitchen&Table808』さんですが、今朝は808さんのパンをいただきました。

これがウチのお気に入り"カルツォーネ"

このゴロゴロベーコン、そしてカボチャの組み合わせの具がちょっとかりっと外を仕上げたパンに包まれているわけです。頬張ると口いっぱいに具材が広がって幸せになります。

"カレーパン"

クロワッサン生地に包まれたキーマカレーのカレーパン。チーズも張りついています。一見カレーがちょっぴりに見えますが絶妙な配分です。

"ベーコンチーズ"

こういうハード系も美味しいのです。ゴマ入りパンにベーコンが合います。

"グリエール"

レーズンも入って、噛み締めるへどに旨味が増すこのようなパンも美味しい!

今日は角食もいただきましたけど、240円のクオリティではないと思います。
やっぱり、水と空気の違いでしょうか?

808 Kitchen&Table


以前、青山骨董通りに旗艦店があった時、MUJIのパン、買った覚えがあります。
そこは、その時はもうなくなってしまっていたかもしれないCOMME des GARCONSのショップみたいなプレハブ作りでちょっとカッコよかったです。
今日は銀座に出来た旗艦店にて購入。
その時の記事

銀座無印良品の一階には、他にはないお野菜やお弁当の取り扱いもあります。

"カレーパン"

"ロールパン"
国産小麦、フランス産の塩を使っている人気商品。

"メープルピーカン"

"レモンチーズデニッシュ"
どれもお値段控えめで素朴で優しいお味です。
パンは30種類ほどあるそうです。
銀座店にはイートインがあって、買ってすぐに食べることもできます。
モーニングメニューもあるんだとか…。カウンターは電源付き!


美味しいパンをいただくと、朝の始まりが違います。本日は、夫、お気に入りのパン屋さん【ル パン ドゥ ジュエルロブション】新宿のニュウマンに行って買ってきてくれます。
"枝豆のフォカッチャ"
旬の野菜を使ってですね。ルックスgood!

"オレンジデニッシュ"
こちらも見た目から美味しそうです。
はしっこは粉糖でおめかし。お洒落さんです。それだけではなく、オレンジはフレッシュでみずみずしく、デニッシュ生地はサクサクです。

"地中海風ファーガス"
地中海を名乗るはオリーブとアンチョビ入りだから?

夫がロブションで一番好きな
"ポテトとチーズのフィユテ"
フィユテのフィユはミルフィーユのフィユ。フィユとは葉のフランス語で葉っぱのように薄く層が重なっているという意味ですが、これはポテトが層になっています。

"カレーパン"

ただのカレーパンでないのがロブション。季節を愛でています。キーマカレーにコーンが入っていました。食感が面白い。

"ヴィエノア"
カフェオレといただく定番のパンですね。
ブリオッシュにくらべて卵、バターがほとんど入ってないけど、細長い形状の中も外も柔らかい、そしてほんのわずか甘味のついているタイプのパンです。
フランス語でヴィエノアというのは、ウィーン風と言う意味だそうです。
19世紀半ば、パリにいたオーストリア大使館の人が、パリのパンのまずさに辟易して、自分の国のおいしいパンを作らせたのが始まりと言われているそうです。また、フランスパンタイプ以外のパン(ブリオッシュ、クロワッサン等、フランスの菓子パン?)を作っているお店をヴィエノワズリー。本格的フランスパンのお店はブーランジェリーと言うのだそうです。
日本では、ブーランジェリーを頭につけるパン屋さんが多いですが、フランスはそんな風にパン屋さんが分けられているのでしょうか?

4月のロブションのパン


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    小池夏美
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    平井佳織
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    梶川翔平
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    武田信玄
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    林試の森公園
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    栗山裕貴
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    田中日奈子
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    和田堀公園
  • 小梅6歳のお誕生日
    kisetsuomederu
  • 小梅6歳のお誕生日
    ヒーローママ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM