松陰神社前には【ブーランジュリー スドウ】という超人気のパン屋さんがありますが、散策をしていた日はちょうど定休日で、どこかへ行ったらパンを買うをどこでしようか考えて商店街を歩いていました。

そこで思い付いたのが、明治45年におみやげ屋として始まったというパン屋さん【ニコラス精養堂】
三軒茶屋に住んでいる時から存在は知っていましたが、かなり昭和な佇まいなので、なかなか入店する勇気が出ませんでした。

戦時中にはおみやげものを売る傍ら配給のパンも作るようになったという経緯の、地元で愛されているパン屋さんだそうです。

“シベリア”の発祥の地ではないかとも言われているらしいのですが、購入した食パンの袋に印刷された意匠、ノスタルジックで惹かれます。

以前浅草のペリカを掲載しましたが、何となくダブりました。
そのペリカンさん、映画になったそうですね。
映画 ペリカン

1斤160円の角食パン。
超熟
でさえ、200円越えの時代に、信じられないお値段です。

そして、これがなかなかいいお味なのでした。
少し小さめなところも昔懐かしい!
また機会があったら寄ってみたいと思います。

世田谷のパンマップ

ニコラス精養堂


食い意地が悪いので、鼻が利くみたいなところがあるんですが、自由が丘は本当にたまに行くところなのでこちら「パリスセヴェイユ」さんはノーチェックでした。
「モンサンクレール」と人気を二分するパティスリーで自由が丘の有名店だそうです。

買い求めた日は、自由が丘からまた移動し、美術鑑賞しに向かうところだったのでケーキは買い求めなかったのですが、惜しいことしました。

店内のサロンドテはスイーツ女子で満席。
ケーキを購入される方も続々と入店される人気店ぶりでしたし、ケーキのビジュアル、相当ハイレベルでした。

『トマト エ オリーブ』

入口正面は、ケーキのショーケースで、パンのエリアは右手にちょっぴりある程度で、種類はたくさんではありません。

このプチパンは、お料理と一緒にというより、ワインのおつまみな印象でした。

『リュスティック フロマージュ』

この手のパンが美味しいのは、パンにも本気ということだと思います。
チーズの羽根も生地のモチモチ感も晴らしい!

『クイニーアマン』

絶品です。
こちらは左手にあるサロンドテの隔てのある焼き菓子のコーナーにありまして、駆け込みで買い求めました。

さすがはパティスリー。
こちらのクオリティー、このクイニーアマンの美味しさで推測できました。
やはり、パン屋さんの焼き菓子とは違います。

次回は必ずケーキに挑戦します。

こちらを参考にしてください


大好きカレーパン。
創作性のあるプルクルさんのカレーパンは、『ダッチカレーパン』という名前です。

生地は薄いのですが、揚げていないのにカリカリ感があり、具材はスパイシーでアダルトなカレーが仕込まれています。

たびたび登場する『グリーンカレーのフォカッチャ』
上に乗る具材は季節ごとに変わるのでしょうか?かぼちゃは甘みが加わって、一味違うように感じます。

『クロックムッシュ』
サンド型ですが、しっかりとしたお味に仕上がっています。
パンの表面にも一工夫?

『リコッタバナナ』

リコッタチーズとバナナのハーモニー。

『クロワッサン・アンルーレ』
五本の指に入るプルクルさんで好きなパンの一つ。クイニーアマンのようなリッチな焼き菓子のようです。

お初の『フルートレザン』

たっぷりのレーズンとグラニュー糖を散りばめて。
カフェラテと相性が良さそうでした。


代々木 プルクル


久しぶりに経堂【一本堂】です。
夏限定の塩パンをお試ししたかったのですが、焼きたてでカットできないというので、今日はこちらをいただきました。
小豆とうぐいす豆でしょうか?
甘い食パン、メープルより、餡好きの私はこちらに軍配をあげます。

ちなみに『大納言』は、小豆の品種群の名前で、
極大粒で、煮たときに皮が破れにくい(「腹切れ」が生じにくい)ことから、切腹の習慣がない公卿の官位である「大納言」と呼ばれるようになったということです。

小豆の最大産地の北海道では、大納言系の品種で粒径が5.5mm以上のものだけが「大納言」として出荷され、規格に満たないものは大納言を名乗れないとのことです。

『鹿の子(かのこ)』は、
鹿の子供の背にできる斑点模様になぞらえたポピュラーな和菓子ですね。


八ヶ岳で一番!だと思っている大好きなパン屋【けろっく】さん。
夏期はだいたいオープンまもなくに狭い店内にあふれんばかりのお客さまですし、午後になったら売り切れ御免、2時位には営業が終わってしまうほどの人気店です。

そんなですからこのところ遠慮していましたが、昨朝は蓼科湖をあとにしたのが10時位でしたから寄ってみることにしました。

しかーし、雨模様なのにもかかわらず店内ぎゅうぎゅうでしたー。
ヴィノワズリーはまだ豊富にありましたが、惣菜系はもう幾つも残っていませんでした。

どれも美味しいの。
朝パンが美味しいのは、ぷちはっぴー♪

八ヶ岳のパン屋さんはどこも質がいいのはやっぱり水でしょうか?
その中でもやっぱり【けろっく】さんはダントツです。

『シナモンロール』
大きさも手頃で、アイシングが丁寧でしょ。

『メロンパン』
クッキー生地のカリカリ感。
これはもはや東京レベルです。

『和栗のデニッシュ』
季節限定、いがいがの意匠、細やかです。

『黒オリーブのパン』

オリーブ、チョリソー、フライドオニオン入り。素材の組み合わせが絶妙です。
『チーズのパン』
ドライトマトが入っているようで、ほどよい酸味が美味しさのスパイスになっているように感じました。

季節限定『マロンシュークリーム』

美味い♪

以前のけろっくさん


先週見つけたパン屋さん。
今朝はそちらのパンをいただきました。

お店の斜め前にあるお洒落な雰囲気のごはん処「ヨーロッパ食堂」が営むパン屋さんだそうです。

9月はお月さまが綺麗で、月を愛でる月間ですから、なにやら呼ばれた感じがしました。

【クロワッサンザマンド】

クロワッサンをアレンジしたというよりしっとりした生地は焼き菓子のようでした。

【クロックムッシュー】

食パンのとありましたが、ハムは挟んであって、リッチな仕上がりでした。

【カレーパン】

ヨーロッパ食堂人気メニューの「薬膳カレー」をアレンジした、秋田桃豚のひき肉がたっぷり入ったカレーだそうです。

【フォカッチャ】
パリパリして薄ピザのよう。
お酒のお供に良さそうです。

【ブリオッシュ】

お店の名前を形にしたブリオッシュは、オレンジピールが入っているようです。
従来のブリオッシュよりしっとり感があります。

【プチパン】

コーンパン、ブリオッシュ、バターロール、レーズンパン入り。
これ、気に入りました。

ミカヅキ堂

三茶deパン


三軒茶屋には8年住んでいましたからとても馴染みのある街ですが、本当に様変わりしてしまいました。
少し前、友人と三軒茶屋で会った時にキャロットタワーの展望カフェでお茶しましたが、11月、レストランとカフェは委託業者経営でリニューアルされるらしいと聞きました。
あか抜けなさが三茶の魅力でもありますが、ここは抜群の眺めが望めるところなので、期待したいと思います。

そんな三茶、人気のパン屋さんは続々と増えています。
今朝いただいた【ボヌール】さんは以前リトルマーメードでした。

茶沢通りにあるお店はなかなかお洒落な佇まいです。
少し先には、系列店で、お洒落なお惣菜屋さんがあります。

パンは、みんなが食べやすくて美味しい!と感じる立ち位置で、評判もいいようです。
笹塚店で購入した時よりも回転率がいいからでしょうか?美味しく感じました。

『プレミアムクリームパン』

『ほくほく明太子ポテト』

明太子パンは人気ですから、色々工夫がありますね。
ポテトはなかなか存在感あります。

『しあわせなカレーパン』

袋に入った販売ですが、デザイン、イラストが、なんだかほっこりします。

外のサクサク感がいい具合でした。

『あずきクリーム』

あんこはマストアイテム。

コッペパンの餡バターのイメージです。
人気商品。

『シナモンロール』

色々いただきたい私にはちょうどいいサイズでした。

800円以上お買い上げでサービスの食パン。
リッチな味わいで美味しかったです!

久しぶりに懐かしくて裏道を通ったらまた新しいパン屋さんを見つけました。
次回はそちらに寄ってみたいと思います。

ボヌール

三茶deパン


昨日は、茶の湯仲間との女子会。
おしゃべり三昧、楽しかったぁー♪
会場は、吉祥寺に住むMねえさまのお宅。
時間や店員さんの目をを気にすることなく、たっぷりのおもてなしをしていただけること、なんと有り難いことか。

Thank You、ねえさま。
お支度が大変なのにごめんなさいm(_ _)m

さて、今朝のパン、ねえさまの家の目の前にあるダンディゾンです。

世の中の方は、わざわざ来られてるんですよねー。
昨日は無理言って、パン屋さん行き、ねえさまに付き合ってもらっちゃっちやいましたが、日曜日の10時、早くもたくさんのお客様がいらっしゃり、お若いカップルは、前の公園で、召し上がっていました。

ねえさまは常連客。
マイバッグ持参で、ポイントがいただけることを教えていただきました。
そして、今回ははじめてクロワッサンを買ってみました。

ジューっと、バターの凍みてるタイプでないですけど、サクサクして、美味しい生地感、感じました。

パウンド型は色々いただきましたが、今日は豆乳madeに初トライしました!
これは気に入りました。

少し茶色いのは、粉のせいでしょうか?
むちっとして、うま味があります。

ねえさまは、ピスタチオ入りとか、豆乳バゲットがお気に入り。
私も、これらが大好き!
宴のご馳走、ビーツやトマトサラダ、チーズやジャーマンポテト、ソーセージにばっちりでした。

前回のダンディゾン


遅ればせながらGINZA SIXに行きました。
お初ですから店内をぐるり。
お洋服はラグジュアリーピープル向けですからお呼びでないのですが、雑貨とB2はやっぱりチェックです。

友人と待ち合わせした蔦屋書店も楽しいレイアウトでしたし、隣接した3軒あるうちのひとつのスタバは、奥にバーカウンターがあり、そちらのエリアはちょいと高めになるというお話でしたが、珈琲はサイフォンで入れるスタイルでした。
夜は勿論ですけど、なんだか空港ラウンジみたいでいい雰囲気でした。

以前友人がおもたせに選んだB1【くろぎ茶々】はどんな趣なのかと思いましたが、全体的にこの階は、昔の名残なのか天井が低く残念な印象でした。

その時の記事

さぁ、ニューショップですから大好きなパンをチェックします。2軒並んでいましたが、何となくふらりと角に収まったモンジュさんへ。

■プティ・フィユテ・プラリネ・ロゼ
ブリオッシュに発酵バターを巻き込み、プラリネ・ロゼをトッピングして焼いた菓子パン。
プラリネ・ロゼの可愛らしさに惹かれヴィジュアル重視で買い求めましたが、見た目のイメージほど甘くありませんでした。
ケーキのような大きさのものもあります。
デニッシュのような仕上がりです。

■ブルトン・ロワイヤル1/4
GINZA SIX限定の商品で、ブルターニュ地方の伝統菓子「ガレットブルトンヌ」を土台にしてクイニーアマンをのせ、ダクワーズをトッピングしたものだそうです。
これを読んだだけだと複雑ですが、さっくりした後に柔らかな食感。どれでもないオリジナルのようです。

■フロマージュ カレー

ハード系パンは、オーガニックにこだわっているとかで、好みでした。

■トマト&モッツァレラ

こちらも歯ごたえがあってパン生地の旨味も良かったです。

■ボストック
この名前を見ると、ここのはどんな味かと手が伸びてしまいます。

昔アルバイトをしていたパン屋ルノートルではブリオッシュ生地をスライスしてオレンジジュースに浸し、アーモンドクリームを塗って、スライスアーモンドを散らして焼いた商品でした。

こちらはオレンジジュースではなさそうです。パンはバゲット。

モンジュさんは、ドンクさん経営のParisにあるパン屋だそうですが、ビオ(オーガニック)と名札がついているものの使用小麦粉は最もグレードが高いフランスのビオ認定基準「ABマーク」のほか、日本の農水省が定めるJAS(日本農林規格)オーガニックの認定もクリアしているそうです。

店の看板商品はバゲット。今回、知らずに飛び込んだので、購入せずで残念でした。

モンジュ通りにオープンしたル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュは、パリのパン屋格付けガイドで最高得点、パリのパン屋ガイドでも3つ星を獲得と大変高い評価を受け、平日は1,600人、週末は2,000人が訪れ、1日1,300本ものバゲットが売れる超人気店に成長。
2012年にはFigaro紙の「タルト・オ・ポム」コンテストで20を超えるブーランジュリー、パティスリーの中からモンジュのタルトレット・オ・ポムがNo1に選ばれました。
(HPより)

次回は、アップルパイ?もチェックですね。バゲットモンジュと一緒に忘れずに購入したいと思います。

モンジュ


人生は楽しい!ならば食べるものだって美味しいものをいただきたいですよね。

したいことができない時は、日常の当たり前がいかに生きている上に大事なものでたしかなことかと思うものです。

美味しいものを食べられることも幸せのひとつ。
それを作る人達も、スゴいな、と感じる今日この頃。

代々木プルクルさんのパンは少し個性的。でも、美味しいことには間違いはありません。
度々登場しますが、この度に新しい商品が増えています。それまたスゴい!

写真は■フルーツデニッシュ

今日はベリーベリーな感じですね。カスタードもしっかり忍んでいます。

■ナッツのタルト

キャラメリゼしたアーモンド、くるみ、ピスタチオのナッツの下は、ピスタチオのクリームかもしれません。

■リコッタバナナ

以前にもいただいているようなんですが、印象が薄いのはみかけが普通だからでしょうか?
クリームパンかいな?と思ったら中身にはリコッタチーズとバナナが忍んでいるのですよ。

初登場!■揚げパン

これが、モチモチしてたまらない美味しさなわけですよ。

昨日の夕飯は、以前アップしたデュカをまぶした豚ロース肉のローストとシーフードのアヒージョでした。アヒージョに添えたパンは【プルクル】さんの"レトロバゲット"でしたが、モチっとしていて、美味しいのです。
バゲットもお薦めです。

前回のプルクル

プルクル


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    kisetsuomederu
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    甘味家のDANNA

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM