京都人はパンが好き。消費量は全国一なんだそうです。

お洒落なパン屋さんもたくさんあって、日比谷シャンテにある下鴨神社近くの『ル・プチメックは』東京でも人気です。

そんな中、『SIZUYA(志津屋)』の立ち位置は街のパン屋さん。
看板商品の"カルネ"は京都人のソウルフードだということを教えていただいて、買って食べた覚えがあります。

至るところに店舗があるのですが、新幹線に乗る間際の駅構内で目に入りました。決めた!明日のパン!いうわけで、京都から買ってきました。

一番目は袋が気に入ったカレーパンです。

"こだわりカレーパン"

"シナモンロール"

"サツマイモのクイニーアマン"

"ベーコンたまご"

"クラッシュチーズ"

背伸びしない美味しさ。だけど、流行には敏感です。創業70年の老舗パン屋さんは、京都人に人気なわけです。


毎朝いただくパンですからときめきがなくなることがあります。
しかし、美味しい朝のパンをいただくと幸せな一日のはじまりにつながります。
値段は高いが、満足感に浸るのが、ジュエル ロブションのパン。
やっぱり、美味しいのだ!

"小倉デニッシュ"
デニッシュ生地が違います。

わらじ型を2連発。その1。

"サツマイモのクイニーアマン"
オリジナルなレイアウトは真骨頂。
だって、食べたい気持ちを誘います。

その2

"ポテトとチーズのフィユテ"
今、これにハマっています。
カリカリなロスティみたいなお味です。
他にも定番のカレーパンやクロワッサン、ヴィエノアをいただきますが、どれもやっぱり美味しいの。


代わり映えしないパン購入店ですが、代々木のプルクルさんのパンは個性的です。

"クロワッサン・アンルーレ"
ちょっと高さのあるデニッシュで季節によって具材が変わっているような気がします。
今日はさつまいも。
クロワッサン生地ですが、モチモチ感が特徴です。

"石窯カレーチーズ"

高温の石窯で僅かな時間で焼くんでしょうね。独特の香ばしさのあって、生地もピザのような食感です。

"石窯明太ポテト"
こちらも石窯で仕上げた品ですが、トッピングがいいですね。
よくパン屋さんに並ぶ具材ですが、このルックスは唯一無二で味わい深いです。

大好き"リコッタバナナ"
リコッタチーズとバナナがひそんでいるブリオッシュ。

"ラムレーズン"
パンオーレザンとお洒落にしないところもプルクルさんならではのこだわりでしょうか?
お味の方は、フランスにあるどこかのお店にも勝ります。

美味しかった!朝からいい気分です。


目的があって、日本橋高島屋に行きました。新館をぐるりと探索。
日本橋は目まぐるしく変化していますね。古くて良いところを残しつつ開発が進められているようですが、大好きな老舗和紙店が真新しいビルの中に入っていること、全く知りませんでした。
すでに3年経っているといいます。

新旧を共存させながら時代を進んで行かねば生き残りはできませんから、老舗と云われるところの多い日本橋は苦渋の選択をなさるところも多いのでしょうね。
高島屋の新館のレストラン街にはそんな老舗の出店が多かったように感じます。

いつもふらりと出掛けるのでノーチェックでしたが、新館オープンの一貫で、本館8階で『味百選』の催事が行われていました。

そこで出逢ったのが、大阪 玉出にある【木村屋2(キムラヤ ドゥー)】
私、全く知らなかったのですが、催事の時は行列必須のお店なんだそうです、
写真は一番人気の"ヴェネチアーナ"

ハーフサイズで買い求めました。
いただいてみると、パネトーネに似ていると思いました。
スペイン産のオレンジピールがたっぷり生地に入っていて甘くてふわふわです。
頭の部分にはクッキー生地にアーモンドとヘーゼルナッツが載っています。
メロンパン的な食感が楽しめます。

しかし、大阪の方はお商売がやっぱり上手です。かけ声と宣伝文句。これでは、またの出会いがないと、買ってしまいます。

実は先にこちらを買っていました。
【金谷ホテルベーカリー】の"ロイヤルブレッド"です。

きめ細かくてもっちり、甘味もある角食の王道ですね。

創業は1873年ですか!
こちらもロケに使わせていただいていた言わずと知れた日光のクラシックホテルです。
日本のパンがこれほど多様化する前から、有名だったパン屋さんのお味が、一流だったこと、嬉しく感じました。


これらを購入し、

IKEAカフェでは、確か80円でいただけるホッドドックで朝食をいたしました。
ヤミーp(^-^)q

でかすぎるマスタードはどうしようですけど、プライドオニオンとピクルスを入れたホッドドック、イケますね。
ソーセージはアメリカンドックの中身のようで懐かしい味がしました。


ちょうど開店の9時過ぎに通り過ぎることが出来そうだったで、今日いただくパンを買い求めることにしました。
雨だから空いててラッキー!いつもの土曜日だったら、お客様いっぱいでした。

ケロックさん、10周年だそうです!
おめでとうございます!!

今日は、お客様、私の他にお一人だったので、許可をいただいて、店内の美しく並んだパン、撮らせていただきました。

人気の茅野シューは、今日、マロンシューでした。左横はチョココロネ、そして上はカリカリクッキー生地のメロンパンです。

いゃあ〜、美味しい!久しぶりに「やっぱりな」な感じでした。
これは"シナモンロール"

季節限定"栗のデニッシュ"
姿だけじゃないんです。お味も完璧!

"信州産あらびきソーセージのまきまきパン"
よくあるパンですけど、パンがふわふわで、絶品です。

"地元産ズッキーニのけろっくムッシュ"
ズッキーニとベシャメルソースのハーモニー(*^ー^)♪

"カレーパン"
自家製鶏なんこつ入りカレーなんですと(^人^)
写真がイマイチでごめんなさい。
本当は、姿もバツグンなんです。

ブーランジェリーけろっく


このところiTSNewがなかったので、久しぶりの登場です。

大好きクロワッサンの【ロブション】
やっぱり何をいただいても美味しいのです。
これはけしの実がたくさん上掛けされた"小倉デニッシュ"

これに今凝っています。

デニッシュの上にハッシュドポテトがのったみたいなパン。
"ポテトとチーズのフィユテ"

ロブションの"カレーパン"は、

具材の切り口をみてもわかる手のかかりようです。

こういう、ハード系も実に美味しいのです。
"カンパーニュ フリュイ"

で、やっぱり忘れてはいけない、

クロワッサン!


八天堂と言えばふんわりパンにとろーりクリームを挟んだ究極のくりーむパンで知られています。「もう食べられなーい」という夕食後でも、いつも残さず平らげちゃいます。
パンという名はついていても、ほぼほぼデザートです。

昨夜も大好きなカスタード&生クリーム、抹茶クリーム、小豆くりーむなど、いただきました。久しぶりでしたが、やっぱり美味しかったです。

さて、その八天堂から食パンが出ました!
その名も【ふんわり食パン】
食パンブームにあやかって、パンのノウハウを生かし、パンのみの販売も、ってことなんでしょうか?

デニッシュタイプですね。
耳が良く焼けていてさっくりしています。
トーストしてしまいましたが、ふんわりを楽しむのなら、そのままいただくのが良いのかもしれません。

永田町Echikaで購入可能です。


季節を愛でる 八天堂のくりーむパン
季節を愛でる 八天堂のジャムパン


世田谷線の駅前の"サブウェイ"後に出来た"フレッシュネスバーガー"
パンを売っているので覗いてみました。
残念。トキメキませんでした。
そこで、そう言えば、と、思い出して久しぶりに行ってみました。【ミカヅキ堂】

このプチパン4個入り。季節で内容が変わるのかしら?今日は、黒糖、胡桃、レーズンと、何かでした。お得感も味もとっても良いと思いです。
4個入りで240円也。

今日は前回とは異なるものがたくさん並んでいました。
三日月型に惹かれましたよ。

『フロマージュバナナ』
黒っぽい生地に素材がすごくあっているように感じました。

大好きな"ボストック"
こちらのネーミングは『ミカヅキボストック』です。

でもこれは私の描くボストックと違いました。お菓子ではなく、パンよりに作っているからかもしれません。

『アスパラと生ハムのバゲット』

さすが、ビストロ経営のパン屋さんです。
美味しい組み合わせが上手いな!と思いました。

季節を愛でる ミカヅキ堂

ボストック:アーモンドシロップとオレンジのフラワーウォーターをしみ込ませたブリオッシュにアーモンドクリーム、スライスアーモンドをのせて焼き上げたもの。


話には聞いていましたが、チャンスに恵まれず、口にしたことがなかったのですが、アンテナが反応したようで、パンの神様が与えてくださりました。。
最高級パン専門店【ルセット】

三軒茶屋に住んでいた頃、三宿にあって、池尻のものづくり学校に工房を移されたということは耳にしていましたが、存在、すっかり忘れていました。

ものづくり学校に行って「あっ、そうだった」と、思いましたが、いまだに存在するということに驚きました。

確か最初は、かなり破格なお値段の【@シナモン】という商品から始まったような記憶なのですが、厳選された素材を使って作ったそれは高い評価で人気でした。

今も、確実にお客様がいらして稼働し ているのですから、指示があるのでしょう。

少し小さめな1斤、500円でした。
6枚切りの厚さで3枚ほどの量、一枚150円ということになりますが、
どこにもない食パンでした。
油脂を使わず天然酵母が特徴ですが、素材の甘味があって、超密度。
これは、唯一無二だね。と、珍しく夫も言いました。

こんがりトーストしていただいてしまいましたが、まずはそのまま食べてくださいということだったので、いただいてみました。
素材の甘さをリアルに感じました。
これは、価値あります。
ネットで注文するかどうかは、なにですけどね。

商品一覧はこちら。
今日いただいたのは、"@食パン"です。

工房で購入できるのはほんの僅かです。

ルセット
鎌倉には究極のフレンチトーストをいただけるお店があるらしいです。
カフェ ルセット


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM