話には聞いていましたが、チャンスに恵まれず、口にしたことがなかったのですが、アンテナが反応したようで、パンの神様が与えてくださりました。。
最高級パン専門店【ルセット】

三軒茶屋に住んでいた頃、三宿にあって、池尻のものづくり学校に工房を移されたということは耳にしていましたが、存在、すっかり忘れていました。

ものづくり学校に行って「あっ、そうだった」と、思いましたが、いまだに存在するということに驚きました。

確か最初は、かなり破格なお値段の【@シナモン】という商品から始まったような記憶なのですが、厳選された素材を使って作ったそれは高い評価で人気でした。

今も、確実にお客様がいらして稼働し ているのですから、指示があるのでしょう。

少し小さめな1斤、500円でした。
6枚切りの厚さで3枚ほどの量、一枚150円ということになりますが、
どこにもない食パンでした。
油脂を使わず天然酵母が特徴ですが、素材の甘味があって、超密度。
これは、唯一無二だね。と、珍しく夫も言いました。

こんがりトーストしていただいてしまいましたが、まずはそのまま食べてくださいということだったので、いただいてみました。
素材の甘さをリアルに感じました。
これは、価値あります。
ネットで注文するかどうかは、なにですけどね。

商品一覧はこちら。
今日いただいたのは、"@食パン"です。

工房で購入できるのはほんの僅かです。

ルセット
鎌倉には究極のフレンチトーストをいただけるお店があるらしいです。
カフェ ルセット


空也とコラボの空いろプリンにハマっています。買ってきてくれるのは夫。
空いろの記事

昨日はパンも購入してきてくれました。
表参道、駅ナカのKINOKUNIYAによるのが楽しみにもなってるようです。

その表参道店には、こんなビニール入りのパンが並んでいるのですね。
我が街経堂のスーパーOXには、KINOKUNIYAのパンが数点並んでいましすが、菓子パンの類いはありません。

これは青山KINOKUNIYAに近い品揃えなのでしょうか?
久しく行っておりませんが、KINOKUNIYAは、世界のパンを知ることができるスーパーマーケットでした。
ピタパンやプレッツェルを知ったのは紀伊國屋ではなかったかと思います。

ビニールに入ってしまいますと、コンビニパンのような印象を受け脳が反応しちゃいますけど、やっぱりKINOKUNIYA。
カレーパンなどは、具材が違います。
それと、揚げねじりドーナツは、永遠の味です。

私はこんなビニールの裏にもときめきます。
カレーパンのビニールの裏です。
ポークカレーパンゆえ、豚さん。
いい、黄ですね。

そして、ツイストドーナツのビニールの裏。
KINOKUNIYAのロゴマークは、これまた永遠なわけですね。


今度は嫌がる夫を説得して行ってきました、コストコ。今回は車なので、都内最大とかの幕張店に行きました。

2階は日用品などで、1階は食料品売り場と別れているのも特徴でしたが、ファーストフードのコーナーが、会員以外でも利用できるので長蛇の列でした。

さて、今回はみんなが買ってるディナーロールを買いました。
絶対この量、無理だろ、って思いながら…。でもお値段も、ダメ元でも許せる嘘みたいなお安さでした。

それと、人気の理由を知りたかったんです。
帰ってからの冷凍作業、色々買ったんでちょっと大変でした(^-^;

びっくりでしたね、美味しくて。
しっとり、むっちり、見た通りキメも細やかなわけですよ。
ちょっと甘みも感じて食べやすい。

でもですね。
この袋、すごくないですか?
こんな状態での販売ですから、しっかりした生地でないと、ぺしゃんこになっちゃうわけですよね。でも、変形はありませんでした。

数えたら36個入っていました。
形不揃いなのは、人間の手が作ってるからなんでしょうか?

お値段、これで税込458円です。
一個あたり13.8円です。
しかも美味しいんですから、コレは絶対買いますね。

パンは3種類買いました。
これは夫のリクエスト。バーガーバンズです。

イナベーカリーとあったので、ちょっと調べてみましたら、McDonald'sのバンズを作っている会社でした。

これもとってもイケてました。

念願のプルコギを買ったので、昨日炒めたものを少し残して、レタスと目玉焼きを挟んだんですけど、バカうまでした。

こちらは6個入りで、278円也。
1個46.3円です。
レシートを見たらビッグバーガーバンズでした。
こりゃ紛れもなくでした。
定評通り、コストコのパンは素晴らしいコスパでした。

コストコのパン ランキング


コストコに先日行った話はいたしましたが、今朝はそのコストコのクロワッサンの話です。
いただきますのは今日は2回目。
冷凍したものをいつもの倍の時間をかけてトースターで焼いていただきます。

コスパの高さに驚いて、これは記事にせねばと思い写真を撮っていると、夫も「コレ、美味しいよね」と言いました。

コストコの記事

発酵バター使用で、"ラグジュアリーミニクロワッサン"という名称で販売されています。

15個で798円。ひとつあたり53.2円という考えられないお得感があります。

で、お味が良いのですからお薦めです。
さっくりというより、しっとりバターがしみている味わいです。
これはリピートしたい品です。


セントラルキッチンで作られているであろう成城石井のパンですが、我が家の朝パンの定番です。


この3種が入って、約400円
時計回りにアップルパイ。チョコデニッシュ。クランベリーツイスト。
全てミニサイズですが、朝食には適当なサイズです。

詳しくはこちら


バルミューダのトースターを買ってから、クロワッサンを食べる頻度が上がっています。
特に、夫もロブションのクロワッサンは格別と思っているらしく良く買ってきてくれます。

クロワッサンは記事にしましたから、今日はその他です。

"4種のチーズのフォカッチャ"
なかなか濃厚な味わいで、確実にブルーチーズは入っています。クルミが入っているのがアクセントになっていてお酒のおつまみにもいけそうです。

"ポテトとチーズのフィユテ"

ロスティがパンにのっかっているようなパンです。
ポテト好きには琴線にふれるようです。

"ロブションのクリームパン"

人気のクリームパンはいただくとその訳がわかります。
クオリティの高いカスタードクリーム入りで、甘過ぎずサクサクとした生地も美味しいです。

"ベーコンエピ"

ロブションはバゲットも美味しいことで定評がありますが、やはりハード系はお得意なのです。

"カレーパン"

野菜たっぷりのキーマカレー、やっぱり手が込んでいるんですよね。

ロブションのクロワッサン


今日はとっても久しぶりにジョアンのパンです。
新宿に三越があった頃は、ミニクロワッサンを目当てによく利用していたと記憶しています。
三越のインストアベーカリーとしてなかなかの人気です。
昨日、日本橋に出たので寄ってみました。どれをいただいても、なかなか美味しいのでした。

まずは、我が家のマストアイテム"カレーパン"。
ジョアンでも人気とあって、数種類ありました。
こちら、なんということでしょう♪半熟卵が潜んでおります。

"キーマカレー"

ふかふかナンは可愛らしい三角です。
中身の具材キーマカレーはとってもいいお味でした。

ジョアンさん一番人気、"りんごと紅茶のクランブル"。ハーフでいただきました。
紅茶の茶葉がたっぷりでいい香りがします。

"メロンパン"

こんもりふわふわではないのですね。
より、クッキー感があるのは、上にまぶされたザラメのせいだと思います。

"チーズとバジル"

噛みごたえのある生地で、成形にも工夫があるようです。
おつまみにもいけそうです。

日本橋三越ジョアン


久しぶりにパンです!

先週か先々週の京王デパートの折り込みチラシにニューオープンのお店として出ていたので、夫にリクエストしていたんですが、覚えていてくれて買って来てくれました。

ノーチェックですが、代々木八幡にある【365日】の新コンセプトショップらしいです。

他はレシートに名前が明記されていないのでわからないのですが、
これは"ふうせん"という名だそうです。

食パンに続く推しの品、バターなど塗らなくてもその名の通りふわっとした食感で、外側が揚げたような味わいがありました。

"くるみ"

水分量の多さを感じる旨味があります。こちらも、食感がもちもちです。

"ゴルゴンゾーラ"

少し個性的ですが、塩味が効いて好きな味でした。

"きんぴら"

これは今だかつていただいたことのないパンでしたー。
ウマイ!もちもちの食感に和テイストはパンというカテゴリーにハマらない新感覚。
くせになりそうです。

"カレーパン"

我が家の夫は我が町経堂のキムラヤのカレーパンがベストなんですね。
だからちょっと評価は辛口でしたけど、私は美味しくいただきました。

"あんぱん"

餡も生地も美味しかったですが、求肥かお餅を入れるという裏技を発見しました。

ジュウニブン


久しぶりの登場です。
松陰神社前へこの間行った時は定休日でありつけませんでしたが、昨日は区役所へ用があったので、世田谷線に乗る前に寄ってみました。
3時くらいになってましたから、もちろん予約で人気の食パンはありません。
食パンは週間文春で、NO.1の座を獲得してまして、駅前ですが、マイナーな場所にありながら相変わらず人気です。
パンもほとんどありません。

久しぶりに行きましたら工房が、実験室みたいになっていました。
吉祥寺のダンディゾンみたいです。
相変わらず、店員さんの感じは良くありません。

"野菜のフォカッチャ"
これ、500円です。破格なお値段ですね。
パンというよりはフランス料理をいただいてる印象です。お値段が高いということでなく、お料理な立ち位置。
野菜畑のようなレイアウトはパプリカ、ブロッコリー、カボチャ、ジャガイモですが、まん中にクミンの効いたスパイシーなキーマカレーが潜んでいます。

"クロワッサン・オート・
こちらは、パイ生地にこぼれんばかりのキノコが載せられた品。
やっぱり料理ですね。

"コメパーニュ"
酸味の強いバゲット。
かなり焼きが強いです。
米粉のカンパーニュだそうです。

"ルヴァン"
同じハード系でもバゲットはイースト、カンパーニュはレーズン種、ルヴァンはルヴァン種を利用しているらしいです。

手提げ袋、とても高級感漂うものになりましたね。


ロブションは恵比寿にベーカリーが出来てからとにかくバゲットには定評があります。
必ず行くと購入するアイテムですが、クロワッサンも美味しい!

さっくりというよりしっとりが舌にいい具合にまとわりついてきます。

ゴントランのクロワッサンもこんな形で袋に入れてくださったけど、日本人のお心遣いには敬服いたします。
包むも独特の文化を持っています。
海外ではこんなことはないんだろうと思います。

こちらはロブションのパンドミ。
角食パンですね。

バルミューダの同じトースターを買った知り合いに、ロブションの角食は滅茶苦茶美味しいと触れ込みましたら、とても気に入ってくれました。
好みもありますが、やっぱり美味しいと思います、ロブションの角食パン。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM