日曜日、ネットで調べて、ドッグランのある小金井公園に行って来ました。
井の頭通りと五日市街道の交わったすぐ先、我が家からは40分ほどの道のりでした。
ドッグランに近いのは、第二駐車場だと云うご案内があったので、そちら側から入園いたしましたが、なんとこちらの公園、77ヘクタールもあるとかで、都立公園最大級の規模!とにかく広いんです。

だいぶ前のことですが、花小金井駅からバスに乗って、こちらに桜を見に来ました。
都内屈指の桜の名所でもあります。
第一駐車場はその桜の園側にあり、合計で1214台が駐車できるそうです。

園内へ向かう際、最初に迎えてくれたのは、写真のカエルさん。

お花見の前、3月に色々設備が整うらしく、入場を禁止するための棒を繋ぐ役割をしていました。

到着は、11時半頃だったでしょうか。
すでに泥だらけで遊ぶわんちゃん達が、たくさんいました。
ウチのコ達も、嬉しくて駆け回ります。
でも、初めてのところで不安なのか?
姿を捜して飛びかかるという行動を繰り返し、おかげで私も泥だらけ。

こちらの公園、かなりおおらかな感じがしました。
フリーマーケットが行われていましたが、車ごと、園内に入場してましたし、自転車が行き交っていました。

実に家族連れが多く、近くのマックの袋を提げた人達を多く見かけました。
売店近くもとっても賑わっていて、そこでお昼をする人たちがたくさんいました。
そこで売られていた、スノーボード、多くの家族が持っていました。
理由がありました。
その先にソリゲレンデという、人工芝の専用のエリアがあったのでした。

通りすがりの子供とパパの話が聞こえたのですが、ココをおねだりする子供たちがたくさんいるようでした。

ツツジ園を抜けると大木が群生した、サンクチュアリ。
冬ということもあるのでしょうか?幻想的でした。
まっすぐいくと桜の大木。脇は広大なファミリーパーク。


冬だというのに、ピクニックの親子、とっても多かったです。

桜が有名ですが、園内の『江戸東京たてもの園』の前は梅林。
ロウバイをはじめ、早咲きの梅が芳しかったです。
写真の梅は、『八重冬至』と『古城の春』


この『江戸東京たてもの園』も面白いんですよね。

園内、ゆっくり一周して40分ほどでしょうか?

最近子どもたちの運動不足が取り沙汰されましたが、ここでは、子どもが、自然に遊ぶ姿にたくさん出会いました。
こうした遊びを知る子供たちは、自然に運動能力が身に付くのでしょう。

さて、ドッグランはどうだったかといいますと、広くて、足のためにもいいと思ったのですが…ね〜、地面が土。
しかも,湿ってドロドロというのに、飼い主、トホホでした。
最近また元に戻った代々木公園のように、パークが轢いてあると、嬉しいです。

それと、夏の日差しがどうなのか?
今ある木々が光を遮ってくれるのか?が不安材料でした…。
ですが、この公園、高い建物が目に入ることのなく、青空の広いこと!
お散歩に素晴らしい公園でした。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1047107

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM