6月は衣替え。
着物の世界では、結構こういうこと、きっちりしています。
色々決まりごとがあるようなんですが、まだまだ勉強中です。
ですが、やっぱり、それはそれで、守ってやりたいと気持ちだけ、思っています。

今日は早起きをして、時間に余裕があったので、6月のお稽古に着て行く着物の用意をしようと思いました。
着物は5月までの袷(あわせ)から単(ひとえ)になりますし、半襟、帯揚が絽になります。

この準備ができていないと、着付けもスムーズにできませんし、着物を着て行く日は何かと忙しないので準備をしておくと気持ちが楽です。

とはいっても、根っからのずぼらさんなので、夏休みの宿題をやらない子供状態で先送りにし、慌てることがしばしば…。

今回は初夏の単の装いなので長襦袢は、陽柳のものにしました。
後は当日、雨にならないことを祈ります。
入梅間近…。少し心配です。

Comment
すてきなお着物ですね!
絽の小物は持っていないので半襟と帯揚げを1つずつ購入したところです。
HPの着物のページでも勉強させていただいています。
楊柳という生地の種類もあるのですね!調べてみます〜^^
  • chopihapi
  • 2009/05/31 19:38





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1172201

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM