衣替え、長襦袢も薄物になります。
そこで、長襦袢、自分で洗ってみました。

一昨年の世田谷のボロ市で1000円でGETした代物。
だめ元でいいやと思いました。

私の着物は、母からのお下がり、頂き物、市で求めたもの、オークションで落としたものがほとんどなので、寸法がまちまちです。
中には時代物の着物もありますから、袖丈がこれまたバラバラ。

また、半襟付けは面倒な作業です。なので、長襦袢はたくさんあるほどいいと思っていました。今もそうです。半襟の枚数、長襦袢があったらいいなぁ〜と。
そこで、長襦袢狙いでボロ市に出向き、裄だけはしっかり測って、自分にあうものを何枚が購入しました。
中には、刺繍半襟が付いているのに3000円で購入したものもあります。それもですが、意匠が大正ロマンぽいものもあって、かなりお得感を感じているものもあります。

購入したら、だいたい長襦袢の場合は、近所の呉服屋さんに丸洗いを頼むのですが、長襦袢って結構、お袖とかお裾が汚れるので、クリーニング代、ばかにならないんですよね。
たとえば、ユニクロのお品を買って、クリーニングに出すってちょっと考えますよね。それと同じです。まぁ、エコってこともありにして…。

で、お洗濯。どうだったかといいますと、問題ありませんでした。
逆にお袖の部分洗いとかできてさっぱりしたような気がしています。
ただ、若干、寸法が変わったかもしれません。

大体、着物は袖丈、裄を測っておいて、それに合わせて襦袢を選ぶのですが、背中心に襦袢の寸法を書いたリボンを安全ピンで留めています。それを見て測り直したら、少し違う気がしました。
でも、このくらいの縮み。私は気にしません。普段の着物ですから…。

正装用の襦袢はお奨めしません。
やはり、専門のところへ出すのが無難かと思います。

お着物関係のシルクは洗えない。そう思ってましたけど、普段用のしかもお値段激安品だったら、ぜんぜんアリですね。
もちろん、洗剤はお洒落着用中性洗剤、洗濯機はドライを選択してくださいね…。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1173784

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM