着物の整理、皆さんはどうしていらっしゃるのでしょうか?
私はほとんどを、たとう紙に入れてタンスに収納しています。
帯は、金糸、銀糸、プラチナ箔といった袋帯以外はそのままです。

そのたとう紙、本当は入れない方が通気のために良いと言われていますが、積み重なった着物を引き出すのが簡単にできるので使っています。
横着者のすることですね。(^_^.)

以前たとう紙を購入した、問屋街にあるシモジマというところに、メールで取り扱いがあるか聞いてみました。ネットショップはあるんですが、たとう紙は、扱っていないということでした。

で、新宿に出た時に都営新宿線に乗り、買いに走りました。
馬喰横山、目的がなければ縁遠い場所です。
でも、たとう紙を扱うシモジマさんのお店は、出口から1分もかかりません。それだけが救い…。

一番お安いのを買いました。これで充分なんです。
なぜって、私、それに写真を張り、裄、袖丈、袖幅、身丈の寸法を書き、おまけに着用した時の帯や小物、着る時の注意点まで、書き込んでしまうからなんです。

こうしておくと、用意する時に便利なんです。
私の着物は、お下がりや市、ヤフオクで求めたものも多くあるので、寸法がまちまちです。
なので準備は、その着物の寸法に近い長襦袢を揃えるところから始まります。

時代物などは、お袖が短かったり長かったりなんてことがあります。
また、裄が合わずに長襦袢が着物から出てしまうのは、居心地が悪いものです。
以前と同じコーディネイトを避けることもできます。
同じ着物でも小物で印象がずいぶん変わってきますから、こんな組み合わせもあるなという発見もあります。

さて、そのたとう紙、上の写真のL83cm.が、10枚で税込861円です。
そして、下の写真のM64cm.が、やはり10枚で税込819円。お安いでしょ。
破格のお値段だと思います。ネットでは、このお値段のところはありません。



安くていいのの、もう一つの理由ですが、紙が薄いほどいいのです。
お高いものは本体が厚い上に、中にも厚紙や薄紙が入っています。
これが通気を妨げ、着物のためによくないのです。
だからこれで充分なのです。

シモジマさん、パッケージ屋さんですから、たとう紙、これだけではありません。
ご紹介したタイプは帯用のSサイズもありますし、他の種類も豊富です。
私はLサイズは、着物。Mサイズは羽織を入れています。

草履は、やはり写真を撮っておいたり、ネットで購入したものは、お値段や寸法の参考にもなるので、そのまま出力して、箱にこんな風につけています。




東京近郊の方は、馬喰横山、行ってみてください。



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1177837

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM