上の写真のロゴマークがひときわ目立つ、ノスタルジックな感じが木のぬくもりを感じる清潔感のある店 【ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ】は、昨年9月、伊勢丹新宿店本館地下1階の「グラン アルチザン」にオープンしました。

この日、今年のバレンタインはどんな?
と、伊勢丹を覗くことにしましたが、そ〜だ、今日はバームクーヘンを買って帰ろうと思った次第。

サイズは一番小さい1000円のお品にしました。
こちらは、店頭でカットするので、必ず本日中にお召し上がりくださいと言われます。

 【ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ】は、北ドイツ・ハノーファー市にコンディトライ&カフェを構える、1895年創業の老舗なんだそうです。
店名はドイツ語で「オランダのカカオ(ココア)の店」を意味で、バンホーテンのココアを扱うお店としてオープンして、のちにカフェも始めたそうです。
日本への出店は今回が初めてだそうです。
私は伊勢丹にこのお店が登場するまで、このお名前、まったく耳にしたことがございませんでした。

提供するバウムクーヘンは、国立ドイツ菓子協会が設定したバウムクーヘンの定義(原料の比率が、小麦粉(1):バター(1):砂糖(1):卵(2)でなければならないという品質基準)に沿ったもの。
バター以外の油脂は使わず、卵も卵黄と卵白を別立てし使用するなど、ドイツそのままの味を日本で再現しているということです。
焼成温度は400℃で、バウムクーヘン専用の開放型オーブンのしんに生地を巻き付け、1分半〜2分かけて1回転させながら生地の水分が中に閉じ込められるよう1層1層抱き込ませ、職人の高い技術力により形を整えながらじっくり焼き上げていくといいます。

先日、NHKの「歴史ヒストリア」という番組で 【ユーハイム】 を創立したカール・ユーハイム氏が取り上げられていました。
バームクーヘンといったら、【ユーハイム】。
ドイツ菓子といえばこちら。
ドイツパンもあらゆるパンの中で大好きですが、こちらの「フロッケン・ザーネ・トルテ」は大学時代にカフェに行くと必ずいただいた懐かしいケーキ。
今では無くなりましたが、渋谷パンテオンの並びにあったユーハイムもよく利用したものでした。

そんなふうに育った私には、第一次世界大戦や関東大震災が関わっていたことなどまったく知りませんでしたが、この方の弟子たちが、日本にバームクーヘンを広め、これほどまでにポピュラーにしていった背景が、あったのだなと関心して見ていました。

実際、今、このバームクーヘンはお菓子の定番となり、スーパーでもコンビニでもMUJIでも気軽に買えるお菓子です。
そのお味に慣れていると比較の対象が貧弱なので、このお菓子の本当のお味、本物のお味の批評が確かなのか、正直いってわかりません。
しかしながら、このパッケージデザインや、スタイルが私好みです。

下の手提げバッグ、かわいくありませんか?
箱を開けると、グラシンペーパーに包まれたバームが現れます。ニクイ演出。

さて中身。
外側は砂糖がけがされています。
うっすらとなのでそれほどの甘さは感じません。
しゃりしゃりとしていて邪魔になりません。
バニラビーンズもしっかり入って本格的です。
ふんわりしっとり感はなくどちらかというと、しっかりとした食感です。
このお品、直径は12,5cmほど、手土産に手頃なサイズです。


デパートが伊勢丹一人勝ちではなくなった背景がある中、このお店もそうですが、バレンタインのコーナーでは、世界で本店の他には伊勢丹のみでの販売という商品がたくさんありました。
ドバイ発、らくだの乳を使ったチョコレート、どんなお味がするのでしょう。
バームクーヘンしかり…。
こういう伊勢丹らしい戦略に、応援、そして成功を祈ります。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1263879

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM