中央アルプス、木曽駒ヶ岳の南東山麓に広がる信州駒ヶ根高原。
その駒ヶ根の観光スポットである 【光前寺】
昨年の9月、ここへ初めて来て、とても美しく印象的だったので、義母を連れてきたいと思いました。

今年はご開帳ということもあってか、お寺は以前来た時よりも明るい雰囲気。
新緑が深くなり始めて、お寺が一段と美しく感じました。
見事な杉の参道には、圧倒的な力を感じました。
今流行りのパワースポットでは?と思いました。
それくらい木々が包み込むこのお寺の雰囲気、神秘的な空気が漂っているのです。


左、有名な 『光苔』。
光っています。美しい。


また、こられた喜び組です。


手水鉢ににいらした観音様。
なんと!幻想的なんでしょう。
極楽浄土を感じます。
左、延命水。義母80歳。いただきました〜。(^_^.)


不動明王が奉られた本堂です。
質素ながら、存在感があります。
龍の頭が軒下から威嚇しています。

     
三重の塔と忠犬早太郎像。
これについては、去年のブログをご覧ください。

  
国の名勝、日本庭園を今回は犬を旦那様に任せて、義母と見てまいりました。
築山泉水庭と呼ばれるもので、前面に池を掘り、その奥は自然の傾斜地を築山にみなし巨石を立てて庭景の中心としています。
菖蒲や躑躅がひっそりと咲いていました。


最後にお茶とお菓子が振舞われ、なんと、お湯飲みはお持ち帰りくださいといわれました。
お菓子は光前寺と焼印が押された麦焦がしのようなお干菓子です。
駒ヶ根の手作り和菓子の豊松堂謹製です。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1263935

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM