茶の湯のお稽古用に抹茶を購入したので、抹茶シフォンに挑戦しました。
型からはずす作業に失敗したので、ホールでのお写真は断念。
けれど、きれいな抹茶色のふわふわシフォンが仕上がりました。

材料は17cmの型に対して

【卵黄生地】
卵黄………4個分
三温糖……30g
紅花油………大さじ4(油なら何でもok)
豆乳………100cc
薄力粉……80g
抹茶………大さじ1
【メレンゲ】
卵白4個分
三温糖…40g

作り方
まず、材料を用意します。
この時、泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておくと、いい状態で、生地を仕上げることができます。
卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
ピンと角の立ったメレンゲを作るには冷えた卵白が立ちやすいのです。
卵黄、卵白に分けます。
からざを取り除きます。
卵を分けたら、すぐにキッチンエイド   を回して卵白を泡立てます。目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.豆乳を入れて擦り混ぜます。
5.4のボウルに薄力粉と抹茶をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、硬いメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に5のメレンゲ生地を1/3量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1263968

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM