9月9日木曜日、読売新聞の夕刊に「いま風」というコーナーがあって、みなみらんぼうさんの”一歩二歩山歩”で、信州の山が紹介されていました。
塩尻は私がよく訪れる蓼科からそう遠くないところ。

しかも、文章の出だしには、「らんぼうさん、私でも行けるような『おにぎり半分』ぐらいの山はないの?」と聞かれて紹介している山でした。
 
【高ボッチ山】というおかしな山の名前は、以前から耳にしていましたが、犬連れで登れる山はなかろうと、山とつく所には行ってみようと考えたことはありませんでした。
記事を読んでみると、標高は1665メートルなのに、山頂まで15分。

眺めも相当いいらしい。
「乙女の高原」とか呼ばれて、6月中旬は、30万本のレンゲツツジが高原の斜面を彩るそうです。

週末、信州へ行こうと思っていたところに、この記事。
なにか呼ばれるものを感じ、お天気が良ければ行ってみようということになりました。

【高ボッチ山】の「ボッチ」というのは、アイヌ語で巨人とか巨大の意味があって、「だいだらボッチ」などと呼ばれる巨人が腰を下ろして一休みしたところとか諸説あるようですが、行ってみて一番近いのは、高いところにある「くぼ地」という意味があてはまるような、ゆるいお山でした。

新聞でのアクセスの案内には、長野自動車道岡谷ICから車で約5分とありましたが、これはウソです。
国道20号を塩尻方面に車を走らせます。
【高ボッチ山】と案内の看板が出るところまで、ここまでが約5分でしょうか?
細い道に入ります。
赤松林の細い道は、対向車がきたら身動きがとれず、側溝に落ちたら最後という危うさです。

第二駐車場に到着。
かなり登ってきたという感じですが、近くには、8月草競馬が行なわれるという場所や牧場があります。
山というより、高原です。

うわ〜!と声を上げたくなるくらいの広い空。
お天気がよかったので、車を降りると、北アルプスの大パノラマです。

反対側に登山道。
地図を頼りに進んでいきます。
一足早い秋、ススキ野が揺れています。
 

頂上到着です。
南アルプス、北アルプス穂高連峰。八ヶ岳。360度の大パノラマです。
右の写真、左側奥にうっすら富士山がわかりますか?
眼下は諏訪湖。
うつくし〜い!!

 
給水タイム。
こんなところまで来て、あたし達うれし〜い!そんな笑顔です。

美しい眺望を目の前に、足取りは軽やか。
ふれあい広場をぐるり、駐車場までもなだらかな散策コースです。
 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1264006

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 公園へ行こう 犬と散歩【国営武蔵丘陵森林公園】
    kisetsuomederu
  • 公園へ行こう 犬と散歩【国営武蔵丘陵森林公園】
    福ママ
  • 成城学園前 【蛇の目寿司】 蒸し寿司
    kisetsuomederu
  • 成城学園前 【蛇の目寿司】 蒸し寿司
  • 日本橋三越の【日本橋庭園】
    kisetsuomederu
  • 日本橋三越の【日本橋庭園】
    りす
  • 八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場&農場食堂
    kisetsuomederu
  • 八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場&農場食堂
    ヒーローママ
  • 等々力渓谷公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    蒲池静恵
  • 等々力渓谷公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    等々力渓谷

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM