写真のボタン電池。
パソコンの本体から取り出したものです。

ワタシとパソコンの関係はほとんどお遊びです。
この通りブログやホームページ、メールをいじりネットショッビングをいたしますが、一日一回メールチェックするだけの日もあります。
そのパソコンが先週、電源を入れた直後、
「Alert! System battery voltage is low.Strike the F1 key to continue,F2 to run the setup utility」
というメッセージが画面に現れるようになってしまいました。
メッセージにある通りショートカットキーを押すといつもの画面になるのですが、どこのバッテリーがlowなんだかがわかりません。

いよいよ寿命かと、イヤな気分になりました。
ニューマシーンにした時の面倒を考えると一時的であってそのうち出なくなれば、いいなと思いましたが、四日間続きました。
ITを生業としている友人にメッセージを断片的に伝え質問をすると、「いざと言うときのためにバックアップはしておいたほうがいい」と言われ、ますます不安なキモチになりました。

ワタシのパソコンはデルimpression 8600。
2006年製です。(古い!)

今パソコンをあたらしく選び迎える時間はありません。
ダメ元覚悟でメッセージをGoogle検索してみよう!と、思いつきました。
すると、あったのです。
品番は異なりましたし、古い記事ですが、同じような回答が二つありました!
忙しい朝の検索だったのサックりと見るにとどまりました。
その朝、通勤の最中に立ち寄ったローソンになんとなく頭に残っていた数字のボタン電池が目に飛び込みました。
ワタシ的にはDAISOでも十分だったのですが、夫曰く「ちゃんとしたところのを買うのがイイ」という言葉がよぎり、迷わず購入しました。

その夜、もう一度記事にアクセスし読み直し確認し電池交換を試みました。
いとも簡単に電池が取り換えられるような記事でしたが、まずは観音開きに開けられるという本体は凹みを押してもどうにも開きません。
極力外さずに済むかなと思ったコード類もやはり抜かねばならず、あたりを片付けることも必須でした。
ようやく開いた本体にボタン電池を見つけることはできましたが、記事を見て自分で処理してしまう人防止と思わざるえない、その位置を阻む板がありました。仕方なく本体を横に倒すことにしました。手は届きましたが、今度はボタン電池が外せません。これまたピンセットの力を借りることに…。勿論主電源はOFFに!こんなことで感電なんてことになってはいけません。

本体、放熱の理由もあるのでしょうが、がらんとしていてました。
そして至るところ、ホコリだらけでした。触らないほうが賢明だったのでしょうが、目についてしまったことで放置してしまうことができず綿棒を使ってお掃除してしまいました。

後で記事を読み直して、ドキリとしましてが素人はこの電池交換、やらないほうがいいとありました。
お掃除までしてしまった…。

電池を取り換えた後はコード類をつなぎ、
パソコンを起動。
メッセージは消えました。

日付と時刻を設定し直しました。

その後、問題なく動いています。

いつかはやってくる本体の取り換え時ですが、
時間の余裕のある時に考えましょうと思いました。

■参考記事■
http://www.garbagenews.net/archives/882382.html
http://ameblo.jp/lexus/entry-10053372642.html

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1264282

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM