kisetsu-o-mederu 季節を愛でる

<< お稽古のお菓子【末富】クリスマスリース・山茶花(さざんか) | main | 串カツ【田中】 >>
茶道のお稽古 【茶室】 軸と茶花・12月


 今日のお軸は、『不識』。
しらず。と読むのだそうです。
「知識」の対極にある言葉で、調べてみると、達磨のことを指すとあります。
物事に縛られるということが全く無かった「達磨大師」。
徹底した無心の境地が「不識(しらず)」ということのようです。




備前の花入には、杉板の敷板。
雲龍柳にスプレーバラが素敵です。
雲龍柳は、中国原産のヤナギ科の植物で、くねくね曲がった龍のような枝が特徴です。
撓めがきくのでどんな形にでもなり、その形状は小細工をしなくてもイイ具合になってしまうとても便利な素材だと先生がおっしゃっていました。

| kisetsuomederu | 茶道 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1264286
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>