今年も屋久島の無農薬たんかんをいただきました。

もちろんそのままでも美味しいのですが、無農薬ですから、皮もいただきたい。
というわけで今年もマーマレード作りました。
小さい頃は、あまり美味しいのいただかなかったんでしょうかね〜、それかやっぱりあの苦味が苦手意識にさせたのでしょうかぁ?
かんきつ類がとても好きというわけではありませんが、今では、マーマレードが一番好きかもです。
しかし、まだ、この作り方でいつも作ります!
といった確固たるレシピはなく、毎年新たな挑戦をしています。
昨年は、イラストレーター、デザイナー、お料理研究家である小暮ひでこさんのレシピで作ってみたくなりそれを実行してみたのですが、イメージするものとは少しずれていました。
今回は正統派で、100パーセント果汁を使い、皮も3度湯でこぼしてから仕立てていく方法を選びました。

\ってへたをくりぬきます。でこぼこやきずを取り除きます。
⊇住に切れ目を入れ4枚にはがします。

H蕕鮃錣澆泙后
ぜ造枠省に切ってグレープフルーツのナイフで中身を取り出します。
ゼ錣魯撻チン液を作るため小鍋にとっておき、かぶる位の水を加えて煮て漉しておきます。
 
3回水を換えて苦味が和らぐまで煮ます。ザルに取り、水気を絞って重さを量ります。
Р娘造僚杜未眤って皮の重量と足し、砂糖の分量を割り出します。この日、たんかんは20個でした。お砂糖は皮と実の重量の65%を用意します。この日は1,3キロでした。
┛貪戮忙転紊欧觧間がなかったのでホーローの鍋に皮と実と砂糖をいれて馴染ませました。
┐瞭蕕鮟蕕瓩篭火、ふいてきたら中火にしてアクを取りながら煮ていき、煮詰まってきたらイ離撻チン液を入れて仕上げます。
※煮詰めている間に保存する瓶を用意します。
蓋は鍋に入れて、熱湯で5分煮沸します。
瓶は、半分くらい水を入れ、ぐらぐらするまで電子レンジに入れ消毒します。
あつあつの出来上がりを瓶に詰め、蓋をし、お湯を沸かした鍋に入れしばらく煮ます。
取り出してもう一度蓋を閉め、瓶を逆さにして冷まして出来上がりです。 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1264319

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM