こちらのことは、岡谷にご実家がある方に聞いていたのですが、想像を越えた大きい施設でびっくりしました。
http://www.kantenpp.co.jp/garden/index.html
どうせ伊那にきたのだからとおねだりをし高遠城址公園から向かいます。
寒天の里として有名な南信州ですが、それにふさわしい土地であるかのような広くて青く澄んだ空気と景色がこの地に広がっていました。

 時はお昼頃、駐車場にはすでにたくさんの車、そして園内もたくさんの人でした。
犬がOKがどうかは半信半疑でしたが、駐車場でご案内をしている方に車からお聞きすると、「大丈夫ですよ」との快答。
うちの子たちも車を止めるともう興奮がおさえられません。
 サンフローラと言われる裏の駐車場から遊べる芝生、山野草園。
とても手入れが行き届いていて、木々が放つマイナスイオンをたっぷり感じます。
 歩道橋を渡り、かんてんぱぱホールのある側へ渡りべりーガーデンへ。
アルプス乙女の花。
http://homepage3.nifty.com/malus~pumila/appls/alpsoto1/alpsoto1.htm

 花盛りのべりーガーデン。
べりーばかりかと思いましたが、ハーブなども植えられ、それぞれが何かわかる札が付いていました。

 ライラック。
四方八方から日差しを感じ、気持ち良さそうに咲いていました。

 奥に見えるのは植物の細密画の作家野村陽子さんの絵画館。
 「丁寧に観察して描くことが絵画の基本。 当たり前のことをきちんと行うことは経営にも人格形成にも大切なこと」 という会長の思いが込められているそうです。
http://www.kantenpp.co.jp/garden/kantenpapamuseum/index.html

こちらは、カラダにやさしい寒天の商品を扱うだけでなく犬にも憩いの場でした。
何より感心したのは、各所に置かれたベンチに「お拭きください」と置かれた雑巾や急な雨の移動用にと設置された傘などがあったこと。
ショップでの対応や心配りも行き届いていて印象満点の素晴らしい場所でした。
今年で10年といいます。地域活性化の営み、これからも期待いたしま〜す。

東京にカフェがあったんですね〜。知りませんでした。
http://www.kantenpp.co.jp/papa_shop/html/shop_tokyo.html
オンラインショップも活用できそうです。
http://www.kantenpp.co.jp/shop/shop_topics_list.php

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1264362

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM