ミッドタウン、今年で5周年になるんですね。
その中にあるビルボード東京にやっと願いが叶って行ってきました。
出演は【メイシオ・パーカー】さん、
JBバンドのサックスプレイヤーだったそうです。
ジャンルで云うとファンク。
14日のバレンタインデーに70歳になられるそうですが、コンポラを身にまとい、時にはステップを踏むそのいでたちは、とっても軽やかでCOOLでした。
JBは、リアルタイムで聴いていたわけではないのですが、武道館のライブを聴きに行ったことがあります。
あん時、前座はなんと!CHARAさんだったように記憶しております。
今回の企画をしてくれた夫はそれ系の音楽が大好きなので、ワタシはなんとなく聴かされていて、若い頃からこれ系に馴染んでおります。
これ系は、やはり唯一無二のジャンルなんでしょうか?
ビルボード東京に来られていたお客さまは、それ系をお好きな、年齢的に高めの方々が、多かったように思います。
皆さま、それぞれの感性で、からだを揺らしておられました。

その日は、週末ということもあって、開場は5時、開演は6時でした。
オンタイムに始まり、飽きさせることのないステージは、アンコールなしで、7時過ぎには終わりました。
最後は、お客さまを立たせて盛り上げる。
こういったサイズのクラブでの一体感がありました。
さすがは、ベテランです。
お酒を飲んで食事をしながらライブを聴く二時間は、濃密でしたし、充実感が、ありました。
予約が遅く、残席僅かだったので、端のDuo席でしたが、存分に雰囲気を楽しめましたし、
お食事は、サービスエリアの限定メニューのグルメプランを予約していたのですが、とてもお得感がありました。

前菜の渡ガニのビスク。濃厚な魚介のエキスのスープとムース。
パンと良く合いました。
飲み物と一緒にオーダーした品。
農家のサラダとか言ったでしょうか?
ふんだんに使った何種類もの野菜が、ルックス良くお皿に盛られていました。

グルメプラン限定で注文できるというパン。
量も質も花丸でした。

メインの仔牛のパイ包み焼き。
熟年夫婦のワタシたちに赤面してしまうようなハートのニンジンとイチゴが添えられていましたが、手抜きのないお仕事がうかがえました。
ミュージックフィーに1,500円プラスするだけのグルメプランは、大満足でした。
ステージの余韻残る中、外に出ることなく、ミッドタウン内をブラブラできるのも、いいですね。
気に入りました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1264550

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM