最近、邦画がいいですね。
かつてこんな映画があったんでしょうか?
今の時代は、こういう心の動きや日常の普通を描いた作品、多いですね。
原作はコミックだそうです。これもまた最近の傾向ですね。たぶん、特別なことよりも身近に感じるテーマの方が人の心を動かすのかもしれません。

「傷つくものに幸あり」そんな言葉が劇中に登場しますが、とても印象的でした。
人はそれぞれに悲しい瞬間ってありますよね。
それは、なくしたものとかではないなんだか淋しいきもち。
仲間といるのに一人を感じる瞬間だったり、
思いが通じなかったり、
自分が人よりダメだなって感じたり、、

この映画の三人、恋愛や結婚、仕事などに揺れる30代の女性ですけど、心の声、よく聞いているんですね。
淋しい瞬間もたくさん遭遇しています。
けれど、口にしない、人のせいにしない、傷つけないんです。
でも、自分は傷ついて悲しいって感じてるんです。
揺れるきもちは30代だけでなくあって、いくつになってもつきないものです。

自分の人生は自分でしか決められない。
仕事に生きても、主婦になっても、子供を産んで育てても、
それぞれのシーンで、この道を選んでなかったらと思う瞬間はあるとしても…。
そういう日常に寄り添って映像化してましたね〜。
地味だけど心に響いた作品でした。

終盤にさわこさんが結婚を決めかねた悲しい理由を告白してから
すーちゃんとまいちゃんが、さわこさんのお宅に初めて立ち寄ります。
同居しているお婆さんにごあいさつをしたいというすーちゃんに
さわこさんは「寝たきりで誰かもわからないから」と断わりますが、
「それでも、させていただきたいなぁ〜」と言い、ごあいさつをします。
このシーンが印象的ですね〜。
こんな素敵なことができる30代。えらくありませんか?
私、この年代にできていただろうか?と、反省しました。
でも、こんな優しい三人なのに素敵な出会いがあるわけでなく…。
世の中、要領の良しあしで人生決まるみたいなところもあるわけで…。
理不尽ですね。

柴咲コウさん、真木よう子さん、寺島しのぶさんの女優陣も、それぞれの役、いい感じで演じていらっしゃいました。
三人とも個性が強いような感じがしますけれど、役柄に違和感は感じませんでした。
安藤ロイドの彼女だったり、そして父になるの母だったり、キャタピラーでの妻だったりするわけなのに
やっぱり出演の多い女優さんは何でもこなされます。すごいなぁ〜。

脇の役者さんもヨカッタです。
結婚という形を選ばずシングルマザーであるすーちゃんの上司役に木野花さん。
すーちゃんをいいなと思っていながらその時の彼女にリードされ結婚を決めてしまう優柔不断な男に井浦新さん。
カフェで働くバイト役で”ヒミズ”の染谷将太君もよかったですね。
バイトの面接に来たリストラされた勘違い男、さわこさんにデリカシーのかけらもない発言をする幼馴染の蕎麦屋さんも印象的でした。

監督の御法川修さん、【人生いろどり】を撮っている方なのですね。
確かこの作品、葉っぱや道端の草を料理のつまものとして販売して成功させた実話を映画化したものでしたよね。
近々、観たいと思います。

傷つく数が多いからと、幸せはふってきませんが、人の心に寄り添うことができるようになれるかもしれません。
「傷つくものに幸あれ!」そうであるといいなぁ〜。

http://sumasa-movie.com/

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM