今朝は小雨が降っていて、予報通りお昼までは曇り空。
こんな日、心が元気でない時は、気持ちが少しへこんだままです。

今日も病院へ向かいます。
風が強くて少し肌寒い感じもしましたから、車で行きました。
連休中開けてくださる獣医院はこちらだけでしょうか?
8時半、一番に名前の記入ができましたけれど、9時になると、他が開いていなくて駆け込む患者さんがいらっしゃるようで、あっという間にいっぱいになりました。

貧血の数値、ヘマトクリット20%
体温39.7℃
体重41kg
前回見送りましたが、今日は20ぎりぎりということで、20回目の輸血となりました。

輸血時のショックを抑えるための注射、吐き止めを注射していただいて、杏は午後までお預けです。

体温高め、気になります。
体重、昨日と同じですが、自力で食べるのはお肉をミキサーにかけたものだけなので、夫特製フード、シリンジにあげる回数増やしています。
なのに増えない体重。気になります。

午後2時、お迎えへ。
杏は、輸血が終わって、止血剤も注射していただきお返しいただきましたが、
今日は、抗がん剤投与から1週間目、今回の薬剤は、3週間後、次回の投与と聞いていますが、効果がみられるのは、1週間が目安ということだったので、エコー検査を予定していました。

けれど、急患が二組あって、結局1時間待ち、重病の杏に1時間待ちは少し可愛そうでした。

でも、エコーの結果が明るい兆しがありました。
前回エコーをあてた時、小腸の腫瘍、6cmと巨大でしたが、くびれがあり、少し小さくなったように感じました。

この先どうしていくか?そんなお話をしなくてはいけないと予想していましたが、
またまだ希望があるように感じました。

そうなると、輸血の手配です。
それより前に先生にお願いをしました。
輸血用の保存パックをご用意していただくこと。
大きい病院ですと、あるらしいのですが、こちらなみき動物診療所は、街の獣医院です。
輸血がこれほど必要なわんちゃんは、今までに例がなく、供血していただいた血液は、すぐに輸血する流れです。

血小板の増加を期待するための大目の輸血、ドナー犬の飼い主さんのご都合、血液の確保などをクリアするためには、このお願いを聞いていただくこと、ベター策です。

今回、また近いうちに輸血が必要になります。
連休中ですが、先日、次回のお願いにさせていただいたハルくんマロンくんのママさんにご連絡をさせていただきました。

ママさん、滞在先の千葉からすぐに返信してくださいました。
私は、甘夏小梅を散歩しながら返信。

明日、来ていただけることになりました。
本当に申し訳なく、有り難いです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1265517

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM