昨日輸血を見送ったからでしょうか?
元気がありません。
このところ、朝の散歩に行く前、甘夏、小梅だけの2回目のお散歩に出かける時、
無関心な感じがします。
寂しいです。
朝の散歩、やはりしんどいのでしょうか?
少し下ろして歩かせますが、消極的です。
エコーの画像、希望の光のはずだったのに…。

でも、日課になっているボクだけ特別!のなみき幼稚園行きは、その時間になると、そばから離れません。

注射や輸血、点滴と、いい思いの場所ではないけれど、杏にしてみれば、お出かけが楽しいのかもしれません。

昨日、抗がん剤のことに触れましたが、杏の耳のできもの。
L-アスバラギナーゼと組み合わせて使ったロムスチンの副作用のヘルペスのようです。
感染しないようにバリカンで刈られてしまいましたが、
先生の指導通りにしていましたら、水疱だったものが瘡蓋化してきました。

動物の抗がん剤は完治を目指さず、投与量も少な目と言うけれど、抗がん剤の影響での副作用はやっぱりあるのです。
嘔吐、発熱もその影響でしょう。

写真は、お肉をすりつぶしたものを好んで食べるの巻。
食欲はあって、固形物が食べたいんです。
食べたいものをもらえない、食べられない。
凄いストレスでしょう。

スペシャルフードは、夫の役目。
好き嫌いをしても、食欲があるのは嬉しいです。

今日は、ハルくんから供血いただいた血液を輸血させていただきました。
輸血前、ヘマトクリットは17%。
また下がってしまいました。
腫瘍からの出血、止まらないようです。
体温、輸血後、40℃でした。
動物は体温が高めですが、この高熱、辛くないわけありません。

でも、杏には有り難い励ましを送ってくれる方々がたくさんいます。
心配して、頻繁にメールをくださるお菓子の家のマムさんがいなかったら、兄弟犬の献血も実現しなかったかもしれません。
福ちゃんのママさんのように、診療所に直接連絡して、献血の要請をしてくださった方もいらっしゃいました。

アンリラママさんからは、
マムとドンサニママさんとの飲み会で、
続々と献血希望がいる様子と、メールをいただきました。
小さい子の飼い主も、少しでも役に立てるなら…とおっしゃり、自分のことのように一体になってくださっているといいます。

杏にとってのQOL(生活の質)
こうして励まされて助けていただいていること、充実した日々のように感じています。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1265519

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM