昨夜、輸血のためにお泊まりだった杏を迎えに行きました。
到着は8時半だったけれど、対応が難しい杏は、担当医に任せられているためか、
先生が来た9時半にようやくお話していただけました。
血液適合が厳しくなり、昨夜供血していただいたわんちゃんはユニバーサルドナーのジュリアでしたが、
輸血が遅くなったためか?衰弱が著しいのか?貧血の数値は17%でした。
輸血前、14%でしたが、輸血してこの数値、最悪です。

続けて輸血することになりましたが、その前にごはんを食べさせることになりました。
昨夜お預けの際に渡した、鶏肉をミキシングしたもの、ペロリと自分から食べたそうです。
朝はまだ何も与えられていませんし、多忙な看護師さんたちに、杏の特別食を作るお願いをできるはずもありません。

夫が急遽、ごはんを作りに戻ります。
私は、杏を引き取り、用足しをさせ、夫を待ちます。
なんとなくグッタリしています。
用足しをしたらその後は、一歩たりとも動こうとしません。

夫が懸命にごはんを作り、往復した甲斐もなく、食事を拒否しました。
仕方なく、いつもなら自分から食べる鶏肉とシリンジに入れた食事を与えます。

話しをしている時、上向きにならない状態に今日は涙がポロポロ出てきてしまいました。
貧血の原因である腫瘍の出血。
上がらぬ数値、そして輸血。
近頃、この行為は延命措置で、私達のエゴではないのか?
具合が落ちている杏をみると、そんなことを思うようになっていました。

お昼前、また輸血のためお預けです。
留置のカテーテルが詰まってうまく流れないことがわかったため、また針の入れ直しです。
いつからか?いたずらをしないことがわかって、エリザベスカラーはしなくてよいことになりましたけど、杏の前足の静脈は殆どつぶれているので、今日は後ろ足からかな?と、言われてしまいました。

一旦家へ戻ります。
たまたまごはんを豪徳寺で食べたら、ひこにゃん祭り開催中、
けれど、こういう時は楽しめないものです。

お迎えは5時過ぎと言われました。
杏、次の血液がありません。
供血をお願いしていただく手配を先生の方からしていただくことになっていましたが、夫が面識があったので、コンタクトをとってもらいました。

ドナーで以前お願いしたドーベルマンのオーガくんには、兄弟がいて、供血をお願いできると聞いていました。
お散歩中、クロスマッチのための採血に寄ってくださった時にご挨拶ができました。

クロスマッチでだめな時の手段として、杏のお迎えの時、甘夏も一緒に連れて行っていました。
日曜日の午後、例のごとく患者さんが溢れていて、日が暮れて風が出てきて寒くなり、待ち時間が辛く感じました。

結局、甘夏の採血していただいたのが、6時半、小梅と夫、先に帰ってもらいました。

7時近くようやく杏を返していただきました。
用足しをさせて、家路を急ぎます。

食欲が激減しました。
昼と同じで、好んで食べてくれていた鶏肉、見向きもしませんでした。
ごはんを作って待っていた夫、がっかりしたと思います。
私も悲しかった。
食欲は、生きる力を感じますから。

8時半、担当医から連絡がありました。
オーガくんの兄弟、タイガくん、クロスマッチOK!献血をお願いできるということでした。

タイガくんがだめなら、甘夏をまた診療所に連れて行くことになっていたので、助かりました。

よかった。

電話では、輸血後の杏のヘマトクリット値は22%ということでしたが、
帰宅後、食欲はなく、熱もあり、
嘔吐しました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1265522

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM