お稽古初日、中置のお稽古をさせていただきました。
来月11月からは炉になります。

中置は、寒い日もある10月だけにするもので、炭の火をお客様に少し近づけようとするお点前です。
普通は、左端から風炉、水指と置きますが、
風炉を点前畳中央に置き、
水指は細く長いものを使い、いつもと反対の左側に置きます。

ブランクが長いので、勿論薄茶のお点前をさせていただきましたが、
悪いクセなどたくさんあり、軌道修正。
久しぶりに、学びの良さと厳しさを体感しました。

お軸は
「和気兆豊年(わき ほうねんの きざし)」

「和気」とは、なごやかな雰囲気・のどかな気候など、やわらかな気配がする意味。
秋になると、茶室によく掛けられる言葉だそうですが、
特に「和」とは、易学でいう陰・陽の二つの気が合い、天の運行が丁度良く巡るという意味で、五穀豊穣の兆しであるということになるようです。

茶花は、
秋海棠(シュウカイドウ)
高砂芙蓉(タカサゴフヨウ)
水引(ミズヒキ)

お菓子は、
鉢の木さんの”栗山路”
栗と大納言のういろう?
柿の葉にのせられた実りの秋を感じる三角のお菓子でした。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1265661

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM