階下のみかんの具合が良くありませんでした。
電話を獣医さんにすると、予約診療はいっぱいとのこと。午前中に来れませんか?と言われたので、用事を済ませてバギーを押入れから出して、みかんを乗せて向かいます。

みかんはバギーに乗ると、獣医さんに着くまでずっとお外を見ていました。
調子はイマイチですが、なんだか楽しそう♪
カルシウム血症という病気を持っているのと、高齢であること、触診では何もなかったので、血液検査とレントゲンを撮って結果待ちとなりました。

病は気から、戻る道を違う方向にして、遠回り。やっぱりみかんったら、お外をずーと見ていました。
ならば、豪徳寺、パンを買うのにお付き合いいただきまして、久し振りの【墨繪】さんです。

写真は、バレンタインデースペシャル。
“チョコレートカレーパン“です。

カカオバター100%のフランス産バトンショコラとイタリア産オレンジ皮リキュールシロップ漬け、くるみをキーマカレーに混ぜ、フォカッチャ生地に包んで焼いたもの。プルーンのトッピング。

カレーにチョコレート、まったく不気味な味でなありませんでした。
欧米料理には、チョコレートを使ったお料理がありますし、
チョコレートを隠し味にカレーやビーフシチューを作るレシピもありますし…。
メキシコ料理に鶏の煮込みってーのがあったような気がします。
ここ数年、オレンジピールにチョコレート、よく生産されていますね。
個人的にアレ、好きです。

“案納芋のクロワサン“

案納芋とつぶ餡をクロワサン生地で包んだスイーツのようなパン。

“パニラクリームパン“

フルーツジュースで一晩漬け込んだクランベリーを練り込んだパン生地に北海道牛乳を使用したバニラクリームを包んで焼いたもの。

フルーティーな香りのする、他ではこんなのないぞ!のクリームパンでした。

“カルツォーネ“

オリーブオイル入りのフォカッチャ生地にバジルペースト、ドライトマト、じゃがいも、ベーコン、チーズを包んで焼いたもの。
金、土、日限定メニュー。

ぜいたくな具材。レストラン経営のパン屋さんならではな感じのパンでした。

“ラタトゥイユを詰めたオニオンパン“

新宿レストラン墨繪で料理で提供しているラタトゥイユを人気のオニオンパンに詰めたもの。

これもメインはラタトゥイユなパンでした。

“アボカドトマトロール“

ペーストにしたアボカドにクリームチーズとドライトマトを混ぜたものをバターロールにサンドしたもの。

このところ、一本堂食パンばかり食べていたので、久し振りの菓子パンやら惣菜パン、楽しくいただきました。

墨繪さんのパンは本当に独創的です。

墨繪 豪徳寺店
03-6413-9993
東京都世田谷区豪徳寺1-22-6 村田ビル 1F

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM