前回ご用意いただいていたのに、しなかった吉野棚を用いて、今日は濃茶点前をさせていただきました。

そしてもうひとつ、今日は予告通り透木釜(すきぎがま)が掛けられていました。

茶の湯釜の形状のひとつで、平たくて羽がついている形の釜ですが、
五徳を用いないで風炉または炉に釜を掛ける時、通風をよくするために、拍子木形の木片を置きます。
この木のことを透木(すきぎ)といい、釜の羽をこの木の上に乗せて釜を支えるところから、透木にあててかける釜のことを透木釜と言うそうです。

先生の釜は、海老が環付に意匠されていました。
釜が低いので、柄杓はお点前の際、釜に掛けて行います。

吉野棚は、江戸時代初期にいた和歌や華道、茶道、香道などに秀でた才色兼備の女性だったと言われている吉野太夫が愛用した高台寺に移築された茶室・遺芳庵の大円窓から考案された裏千家円能斎の好みの棚だそうです。

桐の春慶塗で、四本柱は吉野丸太の面皮になっていて、勝手付の方に障子をはめ、客付の方に円窓をくった小棚です。
勝手付の柱に柄杓釘が打ってあり、お点前ではここに茶入れの仕覆、仕舞い付けでは柄杓が掛けられます。

炉・風炉ともに用いますが、風炉の時には障子のところを芦簾に替え使用するそうで、とても風情のある棚です。

お茶では棚を使うお点前がありますが、その棚の名称に卓(じょく)とつくものと、棚(たな)と呼ぶものと2種類あります。

卓はそもそもは中国から伝わり、床の間に飾り物をする際に使用されていたものを、茶道の棚として使用したものだそうです。
丸卓(まるじょく)、桑小卓(くわこじょく)など、いずれも柱だけで左右前後に面のない作りです。

棚は畳の上で荘りをする際に仕立てたもので、行雲棚(ぎょううんだな)、更好棚(こうこうだな)、五行棚(ごぎょうだな)、三友棚(さんゆうだな)、杉棚(すぎだな)、徒然棚(つれづれだな)、吉野棚(よしのだな)などあります。

棚を使う場合、通常のお点前と違う点は、"湯返し"と"水指に水をつぐ"ということですが、湯返しは、あとで棚に柄杓を飾る為に合を乾きやすくする役割を果たしています。
また、水をつぐのは水指が据え置きで減った水を足す為です。
水指の水の量は「運び七分に置き九分」と言われています。

水のつぎ方は、
2本柱ならそのまま、3本柱なら手前まで、4本柱なら畳の上。
で、水指に水をつぎます。

茶花は、蘭とウメモドキ。

御軸は前回と同じ『雲静日月正』
前回のお稽古

お菓子は飯田橋萬年堂のお赤飯に見立てた『御目出糖』をいただきました。

御目出糖
以前銀座店のをいただいていました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1265842

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM