ちょいと前、久しぶりにお菓子の本を買いました。
それがこれ、




キャロットケーキにハマっているからですかね。
もちろん生クリームのスイーツも大好きですが、BAKEのカテゴリーになる焼き菓子が昔から好き。
それも、カロリーを気にしちゃう重たい感じのものが好みです。

ベーカーの吉野さんの目指すbakeは、ニューヨークスタイルなようですが、ル・コルドンブルー仕込みなんですって、オシャレ。

レシピにおおざっぱさはなく、計量はもっとも大切と言っておられます。

お店には、カフェも併設していて、クラシカルでセンスがよく、落ち着いた雰囲気は訪れたらお客様を魅了する魔法がかけられています。
つねにいい薫りが漂い、美味しそうな焼き菓子が陳列されている景色も魅力的です。

今日は初めて伺いましたからとっても迷いましたけれど、
マストアイテム"キャロットケーキ"の他、珍しくマフィンを買い求めました。

惚れ込んで作っておりますローズベーカリーのキャロットケーキと違う点は、
ココナッツが入り、パウンド型でしっかり焼き上げているところ。

あまりオイリーな感じではなくかといってパサパサしているわけではありません。
フロスティングのクリームチーズも程よい甘さで、とっても美味しかったです。

"ブルーチーズとフィグのマフィン"

これはグルメ好みなマフィンで衝撃でした。

ワインのおつまみのブルーチーズとイチヂクの2つを組み合わせた味わいはかなり濃厚で、1つ頂くだけでかなりの満足感が得られました。

"オレンジマフィン"
姿が綺麗ですね。

こちら、パッケージも素敵です。
先日立ち寄りましたエーグルドゥースが一番!と、思ってましたけど、
エイミーズベイクさんもランキングに入れたいお店です。

中にもオレンジが入っていて、生地にはアーモンドクリームが使われている様です。

半生のオレンジが使われていつ、ジューシーな食感もあり、お手間がかかっております。

マフィンの種類も豊富で、ひとつひとつ個性的に仕立てているように感じました。

"フルーツケーキ"
ブント型という、フリルのついたリング型で焼いた王道パウンドケーキ。

出発点はイギリスでしょうが、ケーキに入れるドライフルーツの洋酒漬けミンスミートって、牛脂が使われているんですよね。
ちょっと抵抗感あると感じますが、
この間、この牛脂を100円アイスに混ぜるとバーゲンダッツクラスになると聞いて、
その旨味、再認識しております。

とても丁寧に作っておられます。

フルーツケーキは干し葡萄だけという残念なケーキが多い中、クランベリーやイチヂクの姿もありました。

"クラムケーキ"
クラムケーキのクラムはパン粉、パンくずという意味で、切り落としたスポンジをケーキに再生するエコなケーキですが、こちらはクズなんてシロモノでないチーズケーキです。

チーズケーキと焼き菓子の両方を味わいたい方にオススメします。

西荻窪、古裂探しに歩いたことがありますが、今、アンティークは下火。
お店のある北口は、メインストリートではありませんが【もくもく】という老舗のソーセージ屋さんがあったり、ヴィンテージものを扱うリサイクルショップがあったりします。

お洒落な方々が集まる西荻窪。
カフェにいらっしゃるお客様もキッチンに立つベーカーも素敵でした。

お教室もあるようです。
エイミーズベイクショップ




Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1265939

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM