kisetsu-o-mederu 季節を愛でる

<< 今朝のパン 豪徳寺【墨繪】 | main | 茶豆くん、生後88日目 >>
頸椎椎間板ヘルニアでした(>_<)

おとといまで、三鷹の整体に行くようになって頸椎症の症状、いづこへ、という状態でした。
ところが、4日の朝、背中の針で刺すような痛み、腕の付け根のはり、腕から指までの痺れが復活、激しくなってしまいました。
あまりに酷いので三鷹の先生のところに駆け込みました。
かなり悪い状態と、針&置き針まで揉みほぐしなどの整体の他にしてくださいました。

その次の日の夜、今までにない激しく我慢できない痛みが…。
2日間ロキソニンを飲み続けましたが、まったく治まりません。
寝付けず、のたうち回りました
自分自身は我慢強いと思っていましたが、主人に救急病院を調べてもらいました。
しかし、もう、限界でした。
生まれてはじめて救急車を呼んでもらいました。
タクシーがわりに使うことで問題になりましたから、この程度でという思いはありましたが、この痛みから開放されるには、そういう事態だと考えました。

(不謹慎なことに主人が写真を撮っていました)
救急車では、痛みをこらえながら隊員からの質問に答えましたが、日にちを一日間違えて一瞬、脳に異常?という瞬間もありました。
一緒に乗り込んだ主人が、対応は普段通りであることを主張してくれ、隊員さんも行先は整形外科と判断しました。

救急車内では、受け入れ先を探すのに時間もかかりすぐに出発することもなく、また走行中の振動がかなり負担で、居心地は最悪でした。

(こちらも写真撮)
そして、到着した救急病院での処置はレントゲンと鎮痛剤のみでした。
「こんな状態までよくほおっておいたね〜」というわりには、こんな座薬(ボルタレン)だけ?という対応でしたが、その鎮痛剤で週末を乗り切ることが出来ました。

しかし、激しい痛みで起き上がることが出来ず、信じられないほどよく眠りました。
週明け、やはり神経疼痛は癒えずでした。
辛い痛みをどうにかするにはどうしたら良いか?
痛みでは死ねないものだとか、死んだ時のことまで考えました。

なんとかベッドから起き上がって、病院へ行くしかないなと思いました。
とてもしんどい朝でしたが、精算もあったので、救急車が連れていってくれた病院に行きました。

7時に家を出、7時40分頃には到着しましたが、受付は8時半からのはずですのに、配られた整理券は28番でした。
他に内科などもあるので、私が受診する整形外科の順番は、受付時もう少し早い順番になったかと思いますが、とにかく待ちました。

救急車が運んでくれたので、まったくどんな病院かはわかりませんでしたが、
整形外科の患者さんが多く通うことには間違いないようで、ネットによると、大病院ではないのに最新の器材が揃う病院との評価でした。
スタッフの数も相当いて、感じがいい印象を受けましたが、とにかく待ち時間にはまいりました。
具合の悪い時、この時間の辛いこと…。

担当医は先日、深夜に対応してくれた方とは異なりましたが、撮影済みの頸椎のレントゲンを見て、神経の状態を調べましょうと、すぐさまMRIを撮るように言われました。

撮影後、再度、診察室に戻り診断。
結果、【頸椎椎間板ヘルニア】と告げられました。
痛みの症状を緩和するための処方をしていただき、仕事に向かうつもりで、この後のリハビリはお断りしましたが、
結局仕事はお休みさせていただきまして、自宅で安静にすることにしました。

5日分の鎮痛剤を処方され経過を観察、次は金曜日に通院することになりました。

この病気はどんなものなのか?
今後、どうしていったらいいのか?
少し調べてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
頚椎椎間板ヘルニアとは?
頚椎症との違いは?

首には7つの骨があり、骨と骨との間にあるクッションの役割をしているのが椎間板(ついかんばん)です。
その椎間板がなんらかの理由で飛び出ることを椎間板ヘルニアといいます。
腰椎(ようつい)椎間板ヘルニアは腰痛の原因として有名ですが、首や肩の痛みの原因としてそれと同じくらい多いのが頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアです。

頸椎椎間板ヘルニアの状態
頚椎ヘルニアと同じような症状のでる頚椎症(頚椎症)という病気もあるのですが、これは加齢による骨の変化によって症状(肩の痛みや両手のしびれなど)が出る病気で、椎間板ヘルニアとは別です。

60歳以上の方で単純X線(レントゲン)を撮ると、4人に1人くらいは症状がなくてもレントゲン写真上では骨が変化しています。
その中でどれくらいの方に症状が出てくるかはわかっていませんが、骨の変化の上では加齢と共になっていくのが頚椎症です。

首は広い動きができるよう、7つの細かい骨が組み合わさってできています。そして、骨と骨との間にはお互いを繋ぎ、傷つかないようにする緩衝材のようなものがあり、椎間板と呼ばれています。
椎間板ヘルニアとは、この緩衝材が日常的な習慣や姿勢など、思いがけない原因で外に飛び出すことによって起きます。

飛び出した椎間板が背骨を通っている神経を圧迫して痛みを感じます。神経を通っているところに痛みが出るので首だけに痛みがあるとは限りません。
頚椎椎間板ヘルニアは、実は首や肩の痛みや頭痛の原因としてとても多いのです。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれは脊髄や神経根が圧迫を受けて引き起こされます。
この症状を「神経障害性疼痛」と言います。

神経障害性疼痛の特徴は

しびれ
電気が走るような痛み
撫でられただけでも痛い
焼けるようなジリジリとした痛み
突き刺されるような激痛
などです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年1月に激しい痛みで起き上がれず、行った先の町医者から頸椎症と診断されました。その際も頚椎症の治療はの保存療法しかなく、整体などに通うことも効果的と云われ、
以前座骨神経痛を患った時に、西洋医学の処置に疑問があった経験から、その後整体での根治を目指していました。

私のように酷い状態であったのに、病名が診断されたことに時間がかかったのは、町医者からのアドヴァイスが乏しかったことや自分の病気に対する認識の甘さでした。

でも、病気って、近くでなってる人がいて話を深く聞ける状況でようやく知ることができるものですよね。
けれど、今回は人に聞くことや相談することも必要なのだと、大いに感じました。

結局頸椎ヘルニアは、保存療法という方法しかないようなので、どうやら今は、痛みを緩和する薬物を頼りにして、経過を見ながら対処していくしかなさそうです。

頚椎椎間板ヘルニアの場合はどんな病院で診てもらえばいいのでしょうかとの質問に
「一般的に肩や首の痛みは整形外科といったイメージですが、頚椎椎間板ヘルニアの場合は神経に支障を来たす障害という事で、海外では脳神経外科での治療が一般的になっています。日本でも昨今は顕微鏡を使う、腰椎や頸椎の外科手術による治療ができる医師が増加していることで、脳神経外科での治療対応という形も多くなっています」
との答えがありました。
そういった専門的治療の得意な病院をあたるのもひとつかもしれません。

今処方していただいている薬は、ボルタレン、リリカ、セレコックス、ミオナールですが、
ロキソニン、ボルタレン、リリカなどに代表される痛み止めの薬は、頚椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕や手の神経痛を発生させる疾患に処方される事の多い薬だそうです。

リリカは麻薬性鎮痛剤で、なんだか怖いイメージですし、副作用や常用によっての効果の減退もあるので注意して使っていきたい薬ですが、痛みが治まらない場合は摂取量を増やすようになるといいます。

ボルタレンは、筋肉が炎症をおこした等の場合の炎症鎮痛剤で、
一方リリカは神経が炎症をおこしたような場合の鎮痛剤。

痛みを止める対象が全く異なるので、薬の処方も様々、痛みは患者本人しかわからないことなので、とんな様子かをわかりやすい言葉で主治医に伝えるかもこれからの課題です。

頚椎ヘルニアの薬物療法は保存療法であって、根本的な治療ではありません。
痛みやしびれを緩和する薬はヘルニアになった椎間板を元に戻す効果はないので、どう付き合って行くか課題はたくさんあります。

望みは、笑顔で毎日が過ごせること、それだけなんですが…。
いたい(>_<)
| kisetsuomederu | ヘルス | 13:28 | comments(10) | trackbacks(0) | -
はじめまして、頸椎狭窄症でこちらにたどりつき来ました。2017年3月17日に、突然の痛みが出て、翌日からの3日間の連休は痛みで一睡もできず。会社近くの整形外科でブロック注射自宅近くで電気などうけました。4つの大学病院、救急病院に電話しましたが、レントゲンを撮って痛み止めを出すしかできないという。
現在は会社近くのペインクリニックに毎日通って星状神経節ブロック注射、トリガーブロック注射、レーザー治療をしていますが、一向に良くならず。よ食ったと思っても、翌日また痛みがぶり返してきて、眠れなくなっています。
手術もあるらしいのですが・・・

季節を愛でるさんは、現在どのようの治療でしょうか?
| おしもと | 2017/05/02 8:33 AM |
おしもとさま

 コメントをありがとうございました。

同じ痛みを抱えるどうし、他人には病名を言ってもその辛さを理解してもらえることの出来づらい病気ですよね。

私も色々調べましたが、痛みとは外傷的なもの、記憶にあるもの、神経的なものらしく、これのどこのなになのかもわかりません。

この記事をあげてしばらくは、こちらの病院にお世話になりましたが、気休めのリハビリや、まったく効果のない経口薬を服用していました。

痛みが癒えないまま、ある日人から板橋にあるエス治療院の存在を教えていただき、通うようになりました。
そのマジックのような施術を、藁にもすがる思いで2ヶ月通院、今年1月には完治したかに思われました。

しかし、2月に痛みが再発。
他に方法はないかと、たどり着いたのが、今通院中の三軒茶屋にあるペインクリニックです。
ペインクリニックの存在さえ知らず、以前坐骨神経痛の時に受けた神経ブロック注射に違和感を覚え、最終的手段と思っておりましたが、結果的に今は、手の痺れは残るものの、4回ほどの注射で、脛椎による腕、背中の痛みは消えました。
現在は、腰部の治療を進行中です。

ブロック注射は、針治療のように医師によっての技術力が作用しているように思います。
今、通院していらっしゃる病院を変わってみるのも、なにか変化があるかもしれませんね。
三軒茶屋の先生は、神経ブロック注射の権威の愛弟子とかで、注射そのものも痛みはまったく感じません。

お役に立ちますかどうかわかりませんが、痛みから解放されますこと、願っております。
| kisetsuomederu | 2017/05/02 10:22 AM |
早速のご返事ありがとう不ございます。
自宅は世田谷区野沢ですので、三軒茶屋には近いです。
務めは京橋なので、銀座1丁目にある「青木ペインクリニック」へ通院中です。ネットに表示があります。この医師は、1回の治療で星状神経節ブロック注射とトリガーブロック注射を3回打つ人です。また、先週は、左右の星状神経節ブロック注射を打ちました。その医師が言うには、生死の狭間にいた。それほど重症。
はじめは、左側の肩甲骨から左ひじに痛みが走り、のたうちまわっていましたが、ようやく痛みが取れてきたのですが、先週から僧帽筋の上部残りがひどくなり、痛みが出てきました。そして今週は、左肩に痛み、左手にしびれが出てきました。薬は、ロキソニンとボルタレン座薬、そしてリリカです。
ロキソニンが全く効きません。ボルタレンは効くのですが、座薬なもんんで…。リリカは、ものすごく聞きますがあまり飲むなと言われています。またリリカの影響でふらつきが出ていました。
ネットでいろいろ調べると、痛みがだんだん消えるというのもありました。
ブロック注射を1カ月に数本打つので、社会保険の月額枠を超えてしまい、自腹になっています。
自宅までの交通手段をタクシーだったり、病院の近くのホテルに3週間止まったりして安静にしていましたが・・・


手術を考え、北品川病院、国際福祉病院、九段下病院など検索しました。心筋梗塞でのかかりつけの病院は慶應大学病院なので、ここもかんがえました。入院が1週間から3週間
そして、失敗すれんば下半身不随、また死もあるそうで・・・

季節を愛でるさんは手術はしていないのですね。
| おしもと | 2017/05/02 4:29 PM |
おしもとさま

 本当に今お辛い状態なのですね。
明日から連休で病院もお休みになりますが、私の通院している三軒茶屋ペインクリニックは、本日開院していると思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/4130002253

こちらのサイトを参考にして、信頼できる医師だと考えました。

私は手術はしておりませんし、考えませんでしたが、知り合いに手術を受けまったく痛みがなくなった方がいらっしゃいます。
その道では権威の揃う藤沢の病院で手術を受けたと言っていましたが、患者数が多く、手術までの時間も長くかかるそうです。
| kisetsuomederu | 2017/05/02 5:07 PM |
5月5日の午前1時ころ痛みに耐えきれなくなり、救急車を呼んで心筋梗塞の診療をしてもらった、慶応大学病院へ。点滴と座薬をしてもらって朝6時に帰宅
座薬を5つもらいました。
連休明けまで痛みはひどく、手術を思い立ちました。
品川区にある稲葉脊髄関節病院にしようと考えています
| おしもと | 2017/05/08 8:16 AM |
おしもとさま

 大変な状態になられ、今とてもお辛い状態なのだと思います。
救急治療は、痛みを押さえるお決まりの薬しか処方されず、怒りさえ芽生えているのではないでしょうか?

東京は名医の集まる場所ですから、色々お調べになられて、稲葉脊髄関節病院たにたどり着かれたのですね。
今は、カラダを治されることが一番の時なのだと思います。
「あの激しい痛みはなんだったのか?」
そのように思う日が一日も早くやって来ることを願っております。

お大事になさってくださいませ。
| kisetsuomederu | 2017/05/08 9:32 AM |
その後、
硬膜外ブロック注射をしましたが、全く効きませんでした。
C2、上神経節ブロック注射はまだしていないのですが。。。
医者も手術の言葉が出てきていますので、手術の方向に行きそうです。
稲浪脊髄関節病院は天王洲近くにあり、早いと4日で退院だそうですし、すぐ入院ができそうです。
ただ、糖尿病を持っているので、その分長くなりそうです。


ちなみに、私のかみさんは茶道の名取で、私は書道家なんです。
| おしもと | 2017/05/11 1:53 PM |
おしもとさまは書道家でしたか。

10数年前に坐骨神経痛を患った時に渋谷の整体を紹介してくれた友人は有田焼の作家ですが、なんとなくダブりました。

職業病ということになりますでしょうか。

X-JAPAN YOSHIKIさまも手術を決断されたそうですが、やはりお辛い時間を過ごされての苦渋の選択なのでしょうね。

日本伝統文化を愛するおしもとさんに幸あれ!
| kisetsuomederu | 2017/05/11 2:49 PM |
こんにちは
今日、慶応大学の整形外科、岡田英次朗医師の診察を受けてきました
頸椎狭窄症は3カ月ほどで自然治癒することがほとんどなので、あと1カ月、手術など待ちましょうということになりました
以前、のたうちまわっていた痛みは、今週、肩とひじのいてみで10くらいの度合いになっており、ボルタレンの座薬が効いているのか?治ってきているのか????の状態にいます

岡田医師の父親も慶応大卒の医師で三権茶屋で岡田整形外科として開業しており、火曜日に息子が出勤しているので、来てみてくださいと言われました。
場所は、三軒茶屋のペインクリニックの先にあるようです

これで、とりあえず、大学へ行って書道の勉強ができます
| おしもと | 2017/05/18 1:28 PM |
おしもとさま
 
 その後どうしておられるか気になっておりました。
少し痛みがやわらいでいるようですね。
その調子で、いつの間にか痛みを忘れている。と、いう状態になられることを祈っております。

やはり、できるならばカラダにメスは入れない方がいいではないですか♪

三茶でニアミスするかもですね。
どうかお大事に。
| kisetsuomederu | 2017/05/18 2:49 PM |









http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266062
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>