その個性的な風貌からか?見た目でNGをされる方々もいらっしゃいますが、私は揺さぶられます。
出身地である松本にある美術館があることを知った時は、行ってみたいと思ったことがありました。

今回はその松本の美術館からの作品も多数あるといいますし、行けたら行きたいなぁーと思って、スマホで情報は得ていました。

失敗でした。
乃木坂駅から直通出口で地上に出ると長蛇の列。ここで、モバイルからのチケット購入をしておけば良かったと後悔しました。
並んでいる最中にスマホ購入試みましたが、カード情報入力画面で、あともう少しとなったので操作は中断しましたが、
これからは、事前購入の利用を考えようと思いました。

人気なのですね。春休みの学生さんの姿も多くありました。

チケット窓口の左横の広場には南瓜のオブジェ。
種苗問屋のお嬢さんであった草間さんにとってカボチャは特別なモチーフだそうです。

誘導されて、チケットを見せると小部屋へ入って、渡されたカラフルなシールをペタペタします。
来展者の手による水玉模様は素晴らしい作品となっていました。

これが小部屋。こんな風にみんなが貼るシールで作品ができるなんて!
「スゴいこと考えたな」と仰る方もおられました。同感。

さあ、入場です。
一番目の作品は、「生命は限りもなく宇宙に燃え上がって行く時」
2014年作、画面中央は富士山でした。

連作「わが永遠の魂」圧巻でした。
一挙に約130点、日本初公開だそうです。

以前こちらの美術館でアンディ・ウォホールを観た時、大きな作品は生きる美術館だなぁーと感じていたので、今回の予想も的中しました。

御歳88、この色彩感覚、やっぱり凄い!

一枚として同じものはありません。

でも、すべての軸がぶれていないからか、融合していました。

幼い頃、頭の中に浮かぶものの発散が絵画だてと言います。
単身、ニューヨークに渡ったのも、閉鎖的なその頃の日本には草間彌生さんの芸術感は受け入れられにくかったと想像します、

"原爆の足跡"
2014年作だそうです。
この展示室だけは写真OKで、惹かれた作品です。

近年のポップなイメージの作品はトレードマークの水玉に彩られますが、
今回は、50年代からの作品が絵画、彫刻、インスタレーション、映画と展示されていています。
私が気に入ったのは、全面ガラス張りの暗闇に光る空間。
展示構成も良かったですね。

美術館外も草間彌生ワールドです。

不思議とパワーを感じます。

買わずにはいられなかったgoodsたち。
これまた長蛇の列でした。

レジ袋まで℃-ute。

草間彌生展

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266195

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM