夫が今、一番好きなもの、それは《アヒージョ》です。
食べたい時、バゲットを自ら買ってきます。

このところ、そんな調子で数々のアヒージョに合うバゲットをお試ししています。
食べ比べしたいね。と、言っていますが、願いは叶っていません。

経堂のオンカ。若林のナイーフ。中目黒のトラスパレンテがイチオシですが、
そー言えばと、思い出して買ってきてくれたのが、三軒茶屋のルサンクサンスのバゲットカンパーニュでした。
写真、昨夜撮ってあまりよろしくなかったので、ホームページを参考にしてください。
フランスパンは三種類あります。
ルサンクサンス 商品etc.

世田谷はパン屋さんがたくさんあって個性的でクオリティーが高いです。
よく訪れる八ヶ岳のパン屋さんが美味しいのはひとえに水と空気の美味しさだと思いますが、東京のパン屋さんはそれ以外の工夫で美味しいパンを作られているように思います。

ル・サンク・サンスさんのバゲットは、りんごの皮の自然酵母を使って作られているらしいのですが、外はカリっとして中はふんわり。生地は茶色く酸味もありますが、アヒージョにもよく合います。

写真は、ファーブルトン。
こういうのが夫好きなんですね。
何度か口にしていると思いますが、自身の琴線に触れなければば、興味の対象外です。

いつもは半分こしていただきますが、一個を一人じめしたかったらしく、二つこうてきました。
むちっとした食感は好みなのでしょう。

カヌレと材料は同じなのですが、こちらはボルドーの伝統菓子で、ファーブルトンは酪農が盛んなブルターニュの伝統菓子です。
カヌレは、蜜蝋を入れたの型に生地を流して焼いたものなので外がカリっとしていますが、ファーブルトンは柔らかいままの食感です。

フランスの伝統菓子

こちらはル・サンク・サンスさん人気のクロワッサン。
最近クロワッサンを温めたら、2〜3分置いてから食べるのが良いと聞きました。
確かに、サクサク感が絶妙になります。
さらに美味しくいただきました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266198

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM