kisetsu-o-mederu 季節を愛でる

<< 春の京都【鴨川】川端通り沿い | main | 春の上生菓子 千歳船橋【東宮】 >>
春の京都【芳年展】@伊勢丹


今回は、予定していた美術館にひとつも行くことができませんでした。
社寺もそうですが、美術館も閉館時間が早いですからね。
京都には春秋のみ開館のところもあるので、ちょっぴり不完全燃焼気味。
そこで思い出したのが、美術館「えき」 KYOTOです。

買い物もしたいと思っていたので、バスに乗り、京都駅にゴウです。

案内所で伺ったところ、【芳年展】が開催中とのこと。

6月には先日私が行った暁斎が【えき美術館】で開催されるらしいので、今回の芳年はそのプレかな?とも思いましたし、好きなタイプの浮世絵なので行くことにしました。
デパートが開いている8時までというのもいいですね。
昔、新宿伊勢丹にも美術館があって、結構面白い展示がありました。

動乱の幕末期から新時代を迎えた明治期にかけて活躍し、「狂気の絵師」や「異才絵師」、などと呼ばれた 【月岡芳年】

新聞や絵本の挿絵も描いていたそうです。

当時は食べれなかった時代もあったらしく、精神的にダメージを受けた時期もあったために「狂気の絵師」と言われたのかもしれません。

 

以前、Bunkamuraで国国展がありましたが、その片方の歌川国芳の弟子だそうです。

ですから、そのアバギャルドさは引き継いでいて、構図にワザありで130年前の絵師と思うと驚きます。

「血まみれ」シリーズや「妖怪」ものは、興味をひかれれました。

 

旅に出会いありですね。

迫力の絵師の作品、堪能しました。

 

詳しくはこちらのブログを参考にしてください

京都伊勢丹、この風景が好きです。

まるでエアターミナル。

ここから普通にJRに乗れますが、ちょっといい気分になります。

ご存じ京都タワーは真正面。

今回は、初めて最上階にも上がってみました。

こんな景色が広がっていたのですね。

大階段、あがってみるべし。

特に夜景が綺麗です。

 

伊勢丹【えき】KYOTO

| kisetsuomederu | | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266229
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>