画僧、雪村。
「ゆきむら」ではなく「せっそん」です。
たくさんの画家に影響を与えた方だそうです。
白隠展で、夢中になった経験から魅力を感じました。

室町時代後期・戦国時代の水墨画家ですが、京都には縁がなかったようです。
関東の水墨画のなかでも極めて独自性が高い画風を確立したそうで、後の尾形光琳は雪村を好んで模写を幾つも試みていて、雪村が使っていたといわれる石印をどこからか入手したとかで、模写した作品と共に展示されていました。

芸大美術館も久しぶりです。
眺めフェチは、眺めのいい部屋から景色を楽しみます。

雪村 みどころ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266264

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM