「肋骨5本、骨折って、まじかー!」
そんなことって、ありなんですね。

5日目深夜、トイレに行きたくなりました。でも起き上がることができません。限界まで我慢して、1時間後に勇気を出してベッドから立ち上がります。
腹筋を使うことができないので、まず仰向けに寝ているカラダを横にしてズキッ!足をベッドから出してズキッ!上体を起こしてズキッ!それから5分位は動けない状態でした。

早朝、もちろん夫が散歩から帰ってくるまで起き上がれずにいました。
背中がよじれるように痛み、朝食後、また横になりました。

安静にしていることが治すことの一番の近道、そう思って目をつむりますが、
救急病院で「整形外科にかかってくださいね」と言われて紹介状を書いてもらっていたことが気になり始めました。
薬も昨日からきれていました。

脛椎ヘルニアで慢性的な痛みがあるので、動かすと痛いという痛みはちょっと違っていて、痛ければその時に処方していただいたボルタレンやなんかがあるので、それを使えばいいかなと思っていました。

ヘルニアの神経疼痛は、常にチクチクと痛いのです。肋骨骨折は、カラダを動かすと痛い。
どちらが楽か?脛椎ヘルニア&腰椎脊柱管狭窄症持ちの私が思うに、神経疼痛と怪我は、まったく違うものであります。

肋骨骨折、生活するすべての動きに支障をきたします。
肺を覆っている肋骨だから呼吸するにも負担がかかります。
日課としている犬の散歩が出来ない。ピラティスが出来ない。
神経疼痛の場合は、多少の痛みがあってもカラダは自由に動かせるので、生活するのはなんとかなります。
ゆえに無理して休まない。これが悪循環で、発症から1年半、治らずにいるのかもしれません。
横になっているしかない時、これは神様からの啓示かとも思いました。
しかし、これは辛すぎる。

そんなことを考えながら、病院、やっぱり行っておこうかな?と、思うようになりました。
歩行もままならない状態、待合室で待てば、立ち上がるのに壁を頼りにしなければならない始末。でも、空いていたのが何よりの救いでした。

高齢者が多く通院するこちらの整形外科はリハビリ施設が充実していて人気なのです。医師は一人なのに多分、受付の方3名を含めると10人くらいのスタッフがいらっしゃいます。

紹介状は怪我の原因と診察の結果、処方薬が記されているだけで、写真がなかったので、またレントゲンを撮ることになりました。
こういうことに慣れていないのでわからないのですけれど、オンラインでやり取りとかできないんですね。「写真ください」と、言った方がいいんでしょうか?
病院慣れしていないので、よくわかりません。

ブログにコメント寄せてくださった、犬友さんから、救急診療は自分で行くと、「この人は大丈夫って」横柄な態度になるって言われました。
こちらの犬友さんもせんぱいねえさんも「もう一度違う病院は行きなさい」と、アドバイスくださいました。そういうもんなんですね。

3方向撮って、完璧なる骨折が3本、軽いひびの骨折が2本で、計5本の骨折だってことが判明しました。救急では6番目が1本って、言われたんですがね。
誤診って、ことですか?義姉はゆるせなーい、と、言ってくれました。

まっ、何本折れてたかは、後になってわかる場合もあるっていいますし、これは、ダメもだめ、最悪なパターンで、治癒にはさらに時間がかかり、痛みはそれに伴うということはわかりました。

いろんなサイト見ると、安静が一番ってありますけど、こちらの先生は適度に動いていた方がいいとか仰いましたね。
でも、どーなんでしょ、先生すべてがその病気や怪我の経験者ではなく、痛みや回復力には個人差があるので、よくわかりませんね。

バストベルトの正確な巻き方をレクチャーしてくださったレントゲン技師の先生が一番、信頼できた感じでしたね。
最初、どこが痛いの?って感じで優しさZEROな対応でしたけど、押して痛い箇所を確実にとらえて写真にしてくださったようです。
肋骨の骨折はレントゲンではわかりにくいらしいですね。私も説明を受けて、そうであろうと思われますみたいな感じが読み取れました。

結局、湿布も含め鎮痛消炎剤ロキソニン60mgと胃薬頂いてきました。
薬局で、ジェネリックは希望しないって言ったのに、ロブ錠が出てきました。
薬剤師さんは、塚原整形外科さんではそれでいいことになってますって言われましたけど、拒否しました。
薬は製薬会社でなんとなく合う合わない、効く効かないがあるって感じているのです。
特に高齢者が患者さんに多いところは、胃の負担で食欲不振になることもあるのでそうしているのかもしれませんが、私の今の症状にロブ錠はNGでした。

この日は鎮痛消炎剤の効果もあり、夫も骨折5本のメールに、散歩は行くなと対応してくれたので、痛みは治まっていました。

食事の支度も出来、食欲もあり、クッションを背もたれにかませて座り、テレビでサッカー観戦も出来ました。

翌日6日目。主人が犬の散歩から戻る前にわんこのご飯と朝食の支度を済ませておこう!
そういう意欲が湧きました。それにベッドから起き上がる時のズキッ!が緩和されているように感じました。
でも、朝食後は座っていられず横になりました。
この日は「散歩の時間には戻れない」そうお達しがありましたから、それまで横になって目をつむっていました。
動くと痛いので、何かをしようという気力が芽生えません。
助かるのは、眠りに落ちること。カラダが求めているらしいですね。

ラブラドールの甘夏から散歩に出かけます。日頃は3頭引きのため甘夏はいつも左サイドで歩くのですが、引かれた時の衝撃が怖いので右に持ちますがうまく右側を歩いてくれません。
処理用の水のペットボトルを入れたお散歩バッグも左の斜めがけができず、何もかもが面倒くさいことになっていることにも気付きます。
途中いい臭いを発見して、ぐいっと私と変わらない体重でリードを引くことが何回かありましたが、無事戻ることが出来ました。

さて、次が問題でした。
階段上で待っている小梅を下に下ろします。続いて茶豆。あ"っ!ぐえ!背中、よじりました。
でも、ここで止めることは出来ません。きっと世のお母さん達も同じだと思います。子供のお世話、放棄すること出来ないですよね。

違和感感じ脂汗かきながら、2頭の散歩です。うんち拾いが恐怖なんです。利き手が右なので、この時リードは左なわけです。おまけにしゃがむのも立つのも困難な状態で拾っています。ぐいっと引かれる先は地獄の痛みでしょう。

私の骨折は、犬友にはもう伝わっていると聞いていましたが、気の毒そうに声をかけるプリンパパに会いました。
脂汗をかいていたので、笑顔での対応は出来ませんでした。

昨朝、心配した兄から電話があり、「入院とか出来ないの」と、言われました。
そう言えば最近は、重症や手術以外、骨折で入院って聞かないですね。
骨折は自然治癒しかないってことなんでしょうが、世の中のお母さんが患ったら、家は大変ですね。
兄はたぶん私の性格も知っているので、「家にいると、色々やっちゃうでしょ」って、遠回しに心配をしてくれていたようです。

戻ってから、わんこのお世話、夕飯の支度はなんとか耐えて終えました。肋骨には圧迫感、背中にはよじれたような痛み。
しばらくまた横になります。ほどなくチャイムの音。昨日は無視しましたが、もしかして主人が鍵を忘れたとかかと、インターフォンに出ると宅配便でした。
格好は、ほぼ寝間着。おまけに肋骨にはバストベルトと、人には見せられない有り様なので、パーカーを羽織ります。
これがまたつらい。腕が袖を通りません。
今はトイレもそうですが、衣類の着脱がとても大変です。特に靴下。

宅配便はお見舞いのお品でした。
迷惑をおかけしてる先からです。
しかもこういう時に有難いスープストック東京の冷凍スープです♪
しかし、痛みが酷く、箱をそのまま放置、ベッドへ直行です。

夫、帰宅でようやく気合いを入れます。準備したのにもったいないからね。
でも、今夜は頑張ったけど、テレビ見ていられませんでした。
具合が悪い時、あちらからの元気な画像、お断りな感じになりますね。

7日目午前1時、背中が痛すぎて起きます。
ロキソニンテープを貼り、麦茶を飲み、ベッドに戻ります。
お散歩に出かける夫に今朝は「とても具合が悪い」と告げます。この1週間、朝のお散歩はお任せしっぱなしです。
実際、背中の痛みは循環器系に異常?と不安になるような激痛と、肋骨あたりに空気の袋があるような違和感がありました。

夫が渡してくれた空腹のまま飲んだロキソニンが効いたのか?痛みは少し軽減、しかし、入れないで欲しいと寝室の扉を閉めたのに、「朝食出来たから起きなさい」と、扉を開けっ放しにしたので、わんこ達が私の胸にダイブしてきました。
わんこ達は「ただいまー!お散歩行って来たよー」ってご機嫌なわけですから仕方ないんですけど、一瞬私は、即死な感じですよ。

その瞬間、怒りの矛先は夫なわけです。
それって、痛みに寄り添ってなくない?と。
でも出勤前、掃除機かけてくれてました。
色々迷惑おかけします。感謝!
でも、どうにもならん私も怠けているみたいでツラいのよ。

は〜、早く劇的に治った!みたいな朝が来て!!

Comment
辛そうですね・・・

私、ロキソニン長年愛用者なんですが、
胃に不快感などがなければ、空腹で服用した方が
効き目が早いと思います(あくまでも私的感想です)
薬剤師さんは決して肯定しませんが・・・。
以前差し上げた書籍も、騙された思って試してみてください
少しは痛みが軽減されるかもしれません。
痛みと苦しみから少しでも早く開放されますよう
心よりお祈りいたしております。
  • 甘味家のDANNA
  • 2017/06/10 12:19
甘味屋のご主人様
お見舞いありがとうございます。

ほとんど寝たきりの感じです。
食っちゃ寝てしているので、まんまるになりそうです。

痛みの箇所も日々移動して、昨日は腕があがりませんでした。

ロキソニンとロブ、成分は同じでも製法が違うらしいですね。
空腹時に服用も、きっと一理あるように思います。
  • kisetsuomederu
  • 2017/06/10 13:00
何かお手伝いできることはありませんか?
お散歩そのものが任せにくいならば、うん拾い要員とか??
こちら、見せていただいておりますので、何かありましたらご遠慮無くおっしゃって下さいね。
  • てつmom
  • 2017/06/12 08:26
てつmomさん
おはようございます。

momさんにまで心配いただいて、あー、感激です。
病気や怪我の時は家族や友人の存在を改めて有難いと感じます。
結局、人間、一人では生きられないのですよね。

仕事には復帰できる状況ではありませんが、なんとなくカラダが動かせ、気力も回復してきたように感じていますし、今夕からはお散歩もするつもりでおります。

何かあった時、わんこがいると厳しいですね。
今度お目にかかった時にお互いに何かあった時に助け合えるようアドレス交換いたしませんか?朝の散歩の時にお渡しできるように私は用意しておきますね。

お気持ち、本当にありがとうございました。m(_ _)m
  • kisetsuomederu
  • 2017/06/12 09:11
救急では、一本折れてるだけだったんですね。。。
誤診?手抜き?朝方の救急はインターンが多いと言われていますから、もしかしたら。。。
ほんと、辛そう。。。わかります。。
でも、パパさん優しいですね。
うちなんて掃除してくれませんから!
ちょっと羨ましい。。。
身体が痛い時のダイソンは脅威ですよね。
お大事にしてくださいね
  • ヒーローママ
  • 2017/06/12 19:26
肋骨骨折5本だったなんて!
1本でも激痛なのに、あまりにも可哀想で涙が出てしまいます。
出来る事なら1本でも私が引き受けたい気持ちです。

主婦は本当に貧乏性なのか?一日中寝てることなんて皆無に近いですから、本当に具合が悪い時でも、なんだか怠けてる風に自分で感じてしまう・・。
私もそう感じるときあります。
でも今回は、ちっともそんな風に感じることはないですよ〜!
旦那さまもきっとわかってくださっていますから、どうか安静にしてくださいね。

一日ずつ回復に向かっていることは間違いないですから。
  • 福ママ
  • 2017/06/14 22:29
ヒーローママ、福ママ

励ましのお言葉、ありがとうございます。
日々、回復しているのだと思いますが、
レントゲンを再度撮ったところ、骨はまだポキンの状態でした、なう。

それと、お散歩を少しずつと思って再開しましたら、歩くという行為が一番カラダに負担がかかるのか、背中の痛みがぶり返し、今朝はお散歩の同行できませんでした。(涙)
  • kisetsuomederu
  • 2017/06/16 06:18
おはようございます。

肋骨の骨折は、わき腹近くの骨が一番折れやすいところです。そして、骨折の判断はXレイで行われますが、レントゲン技師が下手だったり、機械が古いと、きれいに撮影できなくて、わからない場合があります。医師が、その写真を見て判断するとき、今度は医師の技量が未熟だと折れた個所が分からない場合もあります。
Xレイできれいに映っているかどうかが一番の問題点になりますが、患者さんが太っていたりするとい、脂肪の関係できれいに撮影できない場合があります。

骨折の治療は、固定して自己治癒力で治すのが基本です。初めはギブスで、動かないようにし、治ってきたら、包帯やテーピング固定になります。包帯もきちんとした技術があれば、固定をすることができます。
包帯や、テーピングでないものを使う方法もあります。「さらし」をぐるぐる巻きます。巻き方は、肋骨下部は背中から、おなかの方向へ、肋骨上部はその反対に、胸を張るように巻きます。どの部位でも巻く方向がありますので注意が必要です。
私が持っている包帯の巻き方の技術は、普通の看護師よりうまいといわれます。ま、応急手当の指導員ですから・・・


肋骨には肋間神経痛があり、治ってきたとき、この神経痛が出ることがあります。うずくような感じです。

みぞおちあたりから、首にかけての骨は、軟骨でできています。硬い骨ではないので、胸部圧迫による救急救命ができるのです。


私の頸椎狭窄症の痛みは、全くなくなりました。首のコルセットが効いたみたいです。ただ、左右の手のしびれがあり、特に右手のしびれはひどい感じです。コルセットを外すこともできるのですが、外していると、首の筋が伸びてハリがひどい状態になります。ちょっとつらい。
また、時々ふらふらするので、杖をついています。
通勤時、電車、バスの優先席ではほとんどの人が席を譲ってくださり助かっていますが、外国人と若い男女はまず座ったまま。スマホをしていますね。それも混んできていても足を組んで周りの人が困っていても平気な顔。
外国人は外人(害人)と思ってしまいます。

バスで、混雑しているとき、すでに座っている人たちが、ご老人ばかりでどうしようもないこともありました。【笑】

現在1週間に1度、三軒茶屋の岡田整形外科に通って治療をしています。もうすぐ復活できそうです。

今年の夏休みは別府に行って温泉治療の予定です。
おしもとさま

おはようございます。
具合の方がだいぶ落ち着かれているようで良かったです。

しかし、害人には笑いました。

夫は少し前に肉ばなれをやらかし、杖のお世話になりましたが、若い方だけでなくほとんどの方が寝たふりをすると怒っていました。
杖なくても、私のように見た目はなんともなくとも、肋骨骨折やヘルニアであることもありますかから、譲って欲しい意思は示さないとダメかもしれませんし、皆さんお疲れなのか、心の病ですね。
妊婦さんのバッジは、あれ、いいと思います。

しかし、私のブログへの訪問は痛みのご縁で、コメントいただいたこと、喜び組なのでございますが、
書道の先生という肩書だけでなく、応急措置の指導員というワザもお持ちで、数々のコメント、有り難く拝見しました。

まだ、骨はポキンのままですが、月曜日に仕事復帰を予定しています。
兄は年なんだから安静にしていた方がいいんじゃないと、心配していますが、ポキンの骨がどんな形で再生していくのかが、不安材料です、なう。
  • kisetsuomederu
  • 2017/06/16 10:28
折れた骨は、自己治癒力で仮骨(かこつ)というのが折れた部分にできて治ります。この仮骨の影響で折れたところが1度きちんと治ると、他の骨のところより丈夫になります。
仮骨は、年を取ると何でもない普通の骨にでき、Xレイで撮った写真に現れます。歯の歯石と同じ感じです(ちょっと違いますが)写真でその人の年齢がわかったります。
また、この仮骨は約1週間で形成されるので、1週間は安静にして、そののち、筋肉が落ちるのを防ぐため、身体を動かすのが今の医療主流です。
骨が折れると、その周りの組織、細胞、血管、筋、筋肉にも障害があり、そのため内出血を起こします。内出血は、徐々に、身体に吸収されてなくなります。地球の引力に引っ張られて、下向きの方向や寝るときの布団の方向に血液が移動していきます。

家庭で早く治す方法は、まず固定。
そして温める。
血行が良くなることで治癒力がアップします。が、痛みがひどくなる場合があります。

痛みが強い場合は、冷やす!
固まらない保冷材を使うといいですよ
そして風呂に入った時などに、冷やしたり温めたり交互に10回ほど行う方法もあります。


ロキソニンが効かないなあと思ったら、ボルタレンの方が効きます。錠剤と座薬のボルタレンがあり、即効性は座薬です。
医者の処方箋が必要です。

仕事復帰はいいですが、なるべく動かさないように。


内部疾患の人のために「ヘルプマーク」というのが東京都から無料で配っています。都営電車などの改札窓口で1人1つもらえます。バックにつけるようになっていますが、私はひもをつけて、首からぶら下げています。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html







   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266281

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • サントリー美術館 茶室【玄鳥庵】点茶
    エンドウ
  • 松陰神社前 松崎煎餅
    kisetsuomederu
  • 松陰神社前 松崎煎餅
    てつmom
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    kisetsuomederu
  • 信州 犬と散歩2017秋 下諏訪【万治の石仏】
    福パパ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    こづ
  • 肋骨骨折その後&腕の石灰化&バネ指
    kisetsuomederu

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM