M姉さんはね、私の和菓子好きの応援団長!ありがとーねえさん!
今日も美味しいお菓子を教えていただきました。

7月だったかな?に出雲大社にご旅行されて、気に入ったお菓子なんだそうです。

ご近所の東急百貨店に催事出店していて、買って持たせてくださいました。

倉吉にちなんだ天女伝説に出てくる山は、切ない物語の二人の子供たちが鼓を打ち、笛を吹いたので、『打吹(うつぶき)山』と呼ばれ、地元では広く語り継がれているそうです。

パッケージデザインの天女は、重要なアイコンで、毎年天女が選ばれるイベントも行われているようです。

地元の糯米粉に蜜を入れ、練って、蒸して、また練って、更に蒸すこと八時間。こうして出来あがった餅を、手亡の白餡、小豆餡、抹茶餡の三種で包んだ三色串団子。

つくば万博で使われてからは、海外での茶会席での出番も多く、
1988年(昭和63年)には第21回全国菓子大博覧会で裏千家家元賞を受賞したそうです。

地元では【公園だんご】で認知されているWikipediaでもご案内のある
美味しいお団子です。

打吹公園だんご

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266347

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM