食い意地が悪いので、鼻が利くみたいなところがあるんですが、自由が丘は本当にたまに行くところなのでこちら「パリスセヴェイユ」さんはノーチェックでした。
「モンサンクレール」と人気を二分するパティスリーで自由が丘の有名店だそうです。

買い求めた日は、自由が丘からまた移動し、美術鑑賞しに向かうところだったのでケーキは買い求めなかったのですが、惜しいことしました。

店内のサロンドテはスイーツ女子で満席。
ケーキを購入される方も続々と入店される人気店ぶりでしたし、ケーキのビジュアル、相当ハイレベルでした。

『トマト エ オリーブ』

入口正面は、ケーキのショーケースで、パンのエリアは右手にちょっぴりある程度で、種類はたくさんではありません。

このプチパンは、お料理と一緒にというより、ワインのおつまみな印象でした。

『リュスティック フロマージュ』

この手のパンが美味しいのは、パンにも本気ということだと思います。
チーズの羽根も生地のモチモチ感も晴らしい!

『クイニーアマン』

絶品です。
こちらは左手にあるサロンドテの隔てのある焼き菓子のコーナーにありまして、駆け込みで買い求めました。

さすがはパティスリー。
こちらのクオリティー、このクイニーアマンの美味しさで推測できました。
やはり、パン屋さんの焼き菓子とは違います。

次回は必ずケーキに挑戦します。

こちらを参考にしてください

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266377

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM