11月になりました。
風炉から炉へと変わります。
炉開きはお茶の世界ではとても大事な節目となります。

ぜんざいを今年もいただきました。
お菓子は亥の子餅でした。

お軸は円相。天然の文字。
円相は11月に壮られるお軸だそうです。
円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。

悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされるが、その解釈は見る人に任される。

また、円窓と書いて「己の心をうつす窓」という意味で用いられることもある。(Wikipediaより)

すべてに意味があります。

茶花は、花水木のくれはです。
紅葉と書いてくれは♪

お稽古で初めて拝見いたしました水指。
とても惹かれました。

八卦という文様だそうです。
勉強不足で知りませんでしたが、お尋ねしますと易に使うそうで、茶道でも上のお点前で出てくるそうです。

天、沢、火、雷、風、水、山、地。
人生を支配する八つの要素がこれだと古代中国人は考え、しばらくしてこの八つの要素に文字をあてたそうです。

八卦(はっけ、はっか)は、古代中国から伝わる易における8つの基本図像。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のはっけ。
お相撲の「八卦よい、のこった」は、8つの方向が全て丸くおさまっていますようにという意味らしいです。

Comment
こんにちは。
見たことない水指です。
なるほど、お相撲の。。。。
  • ヒーローママ
  • 2017/11/14 13:17





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266387

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM