こちらは今回の旅で2番目に来たかったところです。
相国寺内にある美術館で、金閣寺、銀閣寺の宝物も所蔵されている美術館です。

秋の特別公開。白隠はBunkamuraで催しがあった時から夢中になっている禅僧画家ですが、今回は伊藤若冲を観賞するのが楽しみでした。

美術館までのアプローチがとんでもなく素敵でした。

やはりこの時期、京都は良いです。

館は新しいので、閉鎖的な美術館の工夫が見られます。

窓枠からの眺めが素敵です。

こんなスペースもあります。

十牛の庭だそうです。

縦長の現代の枯山水?

金閣寺1/10の模型。
この内部に伊藤若冲筆「鹿苑寺大書院障壁画 葡萄小禽図床貼付」と「鹿苑寺大書院障壁画 月夜芭蕉図床貼付」あったわけですが、

第一展示室には、金閣寺境内に建つ金森宗和造と伝えられる「夕佳亭(せっかてい)」を復元があり、
第二展示室には近世京都画壇の奇才伊藤若冲による水墨画の傑作である重要文化財「鹿苑寺大書院障壁画」の一部を移設して展示されています。

時の経過を忘れるほどしみじみと観賞しました。
茶道具も素晴らしかったです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266416

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM