いつものお稽古日、京都に出かけていたのでお休みしました。
家のことでお茶への気力がちょっぴりダウンしていたのですが、お茶会に参加して、やっぱりお茶って楽しいなぁ〜。
そんな気持ちになってやる気がアップしました。
そうはいっても、したっぱの私ですからすぐにスキルアップするわけではありません。

今日は、初釜でのお点前、台子の濃茶にチャレンジです。
まだ、よくわからないのが火箸の扱いです。
そして濃茶は、お茶を点てるまで、釜の蓋を閉めておきますから、とにかく台子正面から居前に回る回数が多くて大変なお点前です。

また今日は、先生に無理言ってお稽古をお願いしたので、マンツーマンで、ど緊張です。
緊張のあまり濃茶を練るのに力が入りすぎました。

お軸は『無事』
年の瀬に相応しいお言葉に先生の思いが感じられました。

茶花は、柏葉紫陽花の照葉と椿。
紫陽花の葉、お部屋で美しい赤に仕上げたそうです。

以下備忘録。

【炉/台子濃茶点前】

1.天板には棗を荘り、地板には水指、柄杓と火箸を入れた杓立、その前に蓋置を入れた建水、茶入を台子の中央手前に置きます。
2.茶碗を膝前に置き、茶道口を開けて持って入り、膝前に茶碗を置いて茶道口を閉めます。
3.茶碗を持って台子の正面に座り、茶碗をまず二手で持ち替えて仮置きします。
4.茶入を畳の中央右に寄せ、
5.茶碗を三手で置き合せて、
6.建水を両手でおろし、左手で左膝脇に置き
7.両手をついて、右手で火箸を杓立てから抜いて真後ろに下ろします。
真後ろから建水のあったところを左に避けて、身体に横になるように持ってきます。
火箸の先が上がらないようにしながら右手を火箸の飾りまで引いて、縦にします。左手を縦にして、火箸の真ん中より少し引きます。下げたところを右手で持ち、左手で上から握りこんで台子の左隅に挟みます。
置いた後、左手の親指を伸ばして火箸を飾りの部分が出ているぐらいにして押し込みます。
8.建水の中の蓋置を右手で取って左掌にのせて居前に回り定座に置いて総礼します。
9.建水をすすめ、居ずまいを正します。
10.左、右と二手で茶碗、茶入を膝前に取り込みます。
11.茶入の仕覆を脱がせ、左から右にかえし、左手で台子の左手前角に置きます。
12.腰の帛紗を取り、四方捌きし、茶入を清め、台子の中央左に置きます。
13.帛紗を捌き直して茶杓を拭き、茶入の蓋にのせます。
14.右手で茶筅を取り、茶入の右に置き合わせます。
15.茶碗は手前に寄せ、茶巾を水指の蓋の上にのせます。
16. 帛紗で釜の蓋を取り、 帛紗を右膝頭に仮置きします。
17.柄杓を取りに台子正面に回ります。
柄杓は真横に下ろし、真っ直ぐに引き茶筅の右から左手に持ちかえます。
18.居前に戻り、湯を汲み茶碗に入れ、
19.柄杓を左手に持って、台子正面に回り、柄杓を杓立てに戻します。
20.居前に戻り、 帛紗で釜の蓋を閉めます。
21. 帛紗を元の位置に仮置きし、茶筅通しをします。
22.茶筅を戻し
23.湯を建水に捨てて茶巾で茶碗を拭き、茶巾を水指の上に戻します。
24.茶杓を右手で取り、茶入を左で持って、蓋を茶碗の右に置き、茶を三杓入れて、茶杓を茶碗にあずけ、回し出しをし、茶入の口を指先で拭き、その指先を懐紙で清めます。
25.茶入の蓋を閉め、元の位置に置き、茶杓を扱って持ち、茶碗の茶をさばき、茶杓を茶碗の縁で軽く打ち、茶杓を茶入の上に戻します。
26. 帛紗で釜の蓋を取り
27. 帛紗を左掌にのせて、台子正面に回り、帛紗を右手で左膝脇に仮置きし、
28.柄杓を抜き、居前に戻り、
29.湯を汲んで茶碗に入れ、茶を練り、いま一度湯を入れ練り返して茶筅を戻し、茶碗を定座に出します。
30.正客の一口でお服加減を聞きます。
31.柄杓を取りかまえ、左手に持たせ、台子に回りの杓立に戻します。
32.居前に戻り、釜の蓋を閉め
33.蓋置を右手で取り、左掌にのせ、台子正面に回り、建水の位置に仮置きします。
34.客付きに回り、正客と、お茶銘、お詰め菓子などの挨拶をかわします。
35.末客のすい切りで台子正面に回り、蓋置を右手で取り、左掌にのせ居前に戻り、蓋置を元の位置に置きます。
36. 帛紗を取って釜の蓋を開け、
37.台子正面に回って帛紗を左膝脇に置いて、柄杓を取り、居前に戻り釜にあずけて、
38.水指の茶巾を取って、釜の蓋に置き替え、
39.水指の蓋を右、左、右の三手で開けます。
40.釜に水を一杓さし、 帛紗を腰につけて茶碗が返るのを待ちます。
41.茶碗が返ると茶碗を右手で取り、膝前に置いて、主客総礼します。
42.茶碗に湯を入れ、建水に捨て、膝前に置き、仕舞いの挨拶をします。
43.茶碗に水を入れ、茶筅通しし、水を捨て、茶巾を入れ、茶碗を膝前に置いて、茶筅を入れ
44.茶杓を取り、建水を引いて
45.帛紗を取り、帛紗を捌いて茶杓を拭き、茶碗にのせ、
46.帛紗を払い、腰につけ、
47.茶入を畳の中央右寄りに置き、茶碗を右、左の二手で茶入と置きあわせ、
48.釜に水をさし、湯返しして、
49.柄杓を左手に持ち、台子正面に回り、杓立にさし、
50.居前に戻り釜の蓋を閉めて、水指の蓋を右、左、右の三手で閉め、道具拝見の挨拶を受けます。
51.蓋置を右手でとり、左掌にのせ、台子正面に回って杓立の前に荘ります。
52.火箸を扱って杓立に戻します。
53.茶碗を右一手で仮置きし
54.茶入を取って、左掌にのせ、客付きに回り、茶入を清めて定座に出します。
55.帛紗を腰につけ、台子正面に戻り、茶杓を右手で取り、左手に持たせて、居前に回り、茶杓を出し、
56.そのまま居前から左手で天板上の仕覆を取り、扱って左掌にのせ、客付きに回り、茶杓の右に出します。
57.台子正面に戻り、建水を持ち水屋にさがります。
58.つづいて茶碗を引き、
59.水次を持ち出し、水指正面に座り、水指の蓋を右、左の二手で開け、水を注ぎ、
60.水次を持ってさがり、
61.建水を持ち出し台子前中央に座り、建水を膝前に置いて、蓋置を右手で取り左手で扱って、右手で建水の中に入れ、建水を両手で杓立前に荘ります。
62.水屋にさがって茶道口を閉めます。
63.拝見物が戻ると、茶道口を開けて入り、道具正面で挨拶して、仕覆、茶杓、茶入の順に持ち、茶道口にさがり、建付けに道具を置いて、主客総礼して終わります。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266442

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM