今年も及台子のお点前で初釜です。
皆具は黄交趾宝尽。

花は白梅 曙
花入は青竹

お軸は『鶴舞千年松』

「鶴は千年の松に宿る」という句をいい換えたもの。
鶴は「鶴寿千歳」長寿の象徴。
「松寿千歳色」というように、季節を越えて緑の葉を茂らせる松の老樹はやはり長寿のしるし。
真冬に到来した白鶴が、雪の中でも青々と茂る老松に宿るという、めでたい風情はとりわけ正月にふさわしい祝語であるそうです。

壮りものの香合、振り振りもお正月、魔よけとして室内に飾ったりするものだそうです。

お菓子は花びら餅 鉢の木謹製
お教室の生徒さんが、花びら餅の牛蒡が苦手とおっしゃっていましたが、押し鮎にみたて、白味噌あんを薄紅の餅皮で包んだ花びら餅。
初釜でいただくお約束のお菓子です。

末廣 うすべに
甘春堂 戌

お茶は薄茶が青松の寿
濃茶は延命の昔でした。

残念ながら今回、初釜のお当番が2名しかおらず濃茶席の水屋のお手伝いをさせて頂いたので、濃茶お席を拝見することが出来ませんでした。

社中での茶会ですのでお稽古の延長。
和気あいあいとし、楽しい時間でした。

薄茶のお点前をされたMさんの云われた見所の火箸の扱い、見事にこなされておられました。

後から大先輩のNさまに点てていただいた濃茶をお正月限定、島臺のお茶碗で頂戴しました。
私も先輩のようにゆったりとしたお点前で、お服加減のいい濃茶を練れるよう、今年もお稽古一年頑張りたいと思います。

『稽古とは一より習い十を知り
十より帰るもとのその一』

初釜2017年

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266448

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM