今日の床には扇面が荘られていました。

なにかあるなと思いまして、先生にお訊ねしますと、新年のお集まりで贈られたお品だそうです。

お家元の書で、
『相見呵呵笑』
(しょうけんして かかとわらう)
と金で描かれた犬の上方に書かれていました。

「呵呵大笑」という言葉があり、これは大口を開けて屈託なく豪快に笑う様子を指すそうです。

お軸の意味は、
お互いに顔を見合わせるや互いに相手の心と通じ合い呵々と大笑いすること。

前回は、「笑う門には福来たる」でしたが、同じようなニュアンスでしょうか?

シャープな竹の花入に水仙。
扇面と、絶妙なバランスですね。

今日私はなかなか習得できないでいる長緒のお点前をお稽古させていただきました。

写真は裏千家13代家元圓能斎好みの日の丸棗です。
小ぶりの球形に近い形をした棗です。

なんとも新年らしいお棗。
これに茶杓がきちんと乗るのですから素晴らしい!

小ぶりのものは、運ぶ時は手に受けて運び、平棗の持ち替えのように、他の手で上下に持ち、受けて持っていた手で半月に持ち替えて置きます。

二引きで清めます。

扱いとしては、球形に近く小ぶりですので、棗のように半月にして取りますが、平棗のように扱い、手に受けて清めます。
横から持たないのは、蓋と本体の分かれ目が中央である日の丸棗であるからだということです。

2017年1月 炉 長緒

2017年3月 炉 長緒(お点前)

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266454

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM