浅草食後のデザートものがたり。
今日は、ご存知、甘味処【梅園】さんです。
三軒茶屋に住んでいた時、西友に売場があって、豆かんを好きでよく食べていました。
先日、夫がどこかの催事で買ってきてくれて、抹茶味の寒天のあんみつを食べました。

仲見世通りを左にすぐのところに梅園さんはあります。
喫茶を利用するのは初めてです。

ショーケースで何をいただくかを決めて、食券を買い求めます。
すごいレトロなシステムです。
食券もマシーンではありません。

店内は、梅を意匠した灯りがあり、すこーし薄暗い印象です。

主人が注文した「雑煮」

じつにシンプルな内容です。
お出汁は干し椎茸も加わったいいお味でした。

「あわぜんざい」

梅園さんのあわぜんざいの餅は、あわではなく餅きびを使っているそうです。

餅きびを半搗きし煉りあげ、蒸した餅と、じっくり炊いたこしあんを椀で合わせただけの『贅沢』な菓子で、この一膳が梅園の歴史そのものだそうなので、いただいてみました。

実はあんこ好きですが、こし餡は得意ではありません。
しかし、あったかい餅きびがいい具合にからんで、とても美味しかったです。
箸休めの紫蘇の実の塩辛さが、絶妙でした。

浅草【梅園】

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266478

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM