今日は出だしが遅くなり、治療に行ける時間が過ぎてしまったので、また思いつきで東京散歩をすることにしました。
体温越えの暑さを観測するかもと言われていましたが、気持ちのある時に出掛けるが吉!いつもそう思ってたくさんの発見があります。
用事を終えた時間は12時半、15時頃には現地を出る目標を立てて、柴又に向かいました。
時間はかかりましたが、経堂からは金町まで、乗り換えなしで行くことができること、はじめて知りました。

京成に乗り換えて1つ目、柴又に到着です。
前に一度来ているらしいのですが、まったく記憶がありません。

やっぱりこの街と言えば「寅さん」ですよね。
左足をさするとご利益があるということです。

見知らぬ街は不安なものですが、さすがに名の知られた場所なので、すぐに参道でした。

うなぎ屋さんが軒を連ねます。

門前町のこの風情は魅力的ですね。

「寅さん」が産湯に使った帝釈天、駅からわずかな時間で到着です。

境内、とても立派でした。

鐘楼も見事です。

今日の目的地は別のところにあったので、下調べもせずでしたが、靴を脱いで参拝しますと、彫刻ギャラリーと庭園が拝観できることがわかりました。

本殿右、この奥が庭園。
まずは、拝観料をお支払いするのがギャラリー側だったので拝見することに。

いやー、スルーしなくて良かったですー。
帝釈堂内殿の外部が東・北・西の全面が装飾彫刻で覆われていて、それを平成3年にガラスの囲いをつけて、保存、公開をしているそうですが、素晴らしかったです。

この作品は、最初に羽目板の彫刻をした加藤寅之助の作品。

法華経に説かれる代表的な説話10話を選び視覚化したものだそうですが、とても1枚の板を彫って作ったとは思えないような立体感で、驚きましたー。

このような彫刻が10、あるわけです。

うまい具合に保存されたなぁーと、へんな感心もしてしまいました。

そして今度は邃渓園を拝見します。

まずはこのような廊下、右手に部屋、

左手が庭園です。

よく手入れされ、美しいので、ど感動でした。

大客殿前に広がる池泉式庭園ということですが、

屋根付きの廊下から見ることができるスタイルです。

庭園への立ち入りは禁止されているそうですが、雨の時はまた美しいのだと想像します。

昭和4年(1929年)、大客殿の竣工に合わせ作庭を始め、少しずつ手を加えながら、昭和40年(1965年)にほぼ現在の形になったといいます。
東京都内に所在する寺院の多くは関東大震災や第二次世界大戦により被災して移転し、付属する寺院庭園においても、その際に改変されたものが多いのですが、そうした中で邃渓園は、戦前から作庭を開始し大規模改変のない庭園として、芸術的・学術的価値があり、貴重であると高い評価を受けているそうです。
2016年3月11日に「東京都指定名勝庭園」に指定されています。

作庭は向島の高名な造園師である永井楽山翁。

佇まいに惹かれて、手を浄めさせていただきました。『御神水』これが、寅さんの産湯?ということでしょうか?

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266580

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM