うんと前、茶室を本気で探したことがありました。
何を思ったか?抹茶をいただける場所は都内にどんなところにあってどんな様子なのか?
その時から紹介されていたのが今日の目的地【山本亭】でした。

近頃、日本への外国からのお客様が増加しているためか?外国人に人気の場所やものを取り上げた番組が多いですが、何日か前にここ山本亭のお庭がランキングされていました。

270坪の典型的な書院庭園は、米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living〜ランキング調査(2016年)で、第3位に評価され、全国900カ所以上の旧所名跡、旅館、旧別荘が対象となっているこの調査において、順位が公表された2003年以降、山本亭は常に7位以内にランクインしているそうです。

お茶室がお借りできるので、受付であれこれお聞きして、亭内にいざ入室。
和室では、提供している甘味を召し上がっている方がたくさんいらっしゃいました。
残念、お茶室は撮影が入っていて見学はできませんでした。

地元の名士山本氏より葛飾区が買い取り運営しているということなので、とても庶民的な亭内だという印象ですが、

洋室、

玄関などは、和洋折衷の建築が特徴の建造物であることがうかがえます。

外国人を魅了するという庭園。季節折々表情を変えるのでしょうね。
お屋敷を出て、書院作りの和室からではない裏側のお庭を拝見することができます。

蓮池などあり、よく手入れもされています。

こちらが、長屋門。両側に袖部屋があり、ステンドグラスが施されるなど、やはり和洋折衷が見られました。

最後に外からちょっぴりお茶室を拝見!

待合。

にじり口。

山本亭

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266581

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM