上級者の先輩達が参加されている会で、先月、立礼のお点前が披露されたことを聞き、お稽古でもさせていただけますか?と、お願いしていました。
それが、今日、夏休み前に叶いました。

お軸は、夏雲多奇峰(かうんきほうあおし)

夏雲は高くそびえたち、まるで奇峰が立ち並んでいる様子だと、いうことですが、夏の雄大な入道雲を想像しました。

また、筆の勢いがあって清々しく、滝のような画のようだと感じました。

茶花は最初、木槿と山ごぼうに

貝(ほたて)の香合だったと思います。

床に壮られたのは生徒さんが持ってこられた夾竹桃(キョウチクトウ)が壮られていました。
暑い時に咲く強い花のイメージですが、葉の形が竹に似ていて、花は桃に似ていることから名前が付けられたそうですね。

立礼、濃茶点前

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266587

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM